Burger King redesigns suggest COVID-19 jump-started a better future

Today’s transitional reality is tomorrows actual reality, according to Burger King’s in-house design department and architects. Today’s announcement from the fast food brand was that they’re unveiling new restaurant designs for an “Enhanced Guest Experience in COVID World.” Their innovations include mobile orders, curbside pick-up, and touchless features aplenty.

The designs shown this afternoon were created for Burger King with Restaurant Brands International in-house design group – so that’s for Burger King by Burger King. In the designs, Burger King claims a physical footprint that’s 60% smaller than traditional restaurant building and sites. This is a future that’s more sustainable than what’s been made in the past …

建設業界のデジタルシフト 建設×テクノロジーを実現するCon-Tech とは

テクノロジーの進化は、ものづくりや非IT分野においてもさまざま形でデジタルシフトを起こしている。このシリーズでは、ITによって変化を起こしているさまざま分野を掘り起こしていく。

ここ2〜3年ほどで、日本各地で街並みが大きく変化してきている。街並みが変化しているということは、さまざまな建設工事が進んでいることを示している。実際、建設業界は国内市場で自動車産業の次に大きな規模を持っており、平成29年度の建設投資は、54兆9,600億円になる見通しだ。この巨大市場に、変化が訪れている。Con-Tech(Construction -Tech)と呼ばれる建設系スタートアップが次々と登場し、作業の効率化や合理化、課題解決が進んでいる。今回は8つの事例を紹介する …

Earthquake detection and early alerts, now on your Android phone @google

Earthquakes happen daily around the world, with hundreds of millions of people living in earthquake prone regions. An early warning can help people prepare for shaking, but the public infrastructure to detect and alert everyone about an earthquake is costly to build and deploy. We saw an opportunity to use Android to provide people with timely, helpful earthquake information when they search, as well as a few seconds warning to get themselves and their loved ones to safety if needed.

Sending earthquake alerts to Android devices in California
First, we collaborated with the United States Geological Survey (USGS) and California Governor’s Office of Emergency Services (Cal OES) to send earthquake alerts, powered by ShakeAlert®, directly to Android devices in California.

Developed by the nation’s leading seismologists, the ShakeAlert system uses signals from more than 700 seismometers installed across the state by USGS, Cal OES, University of California Berkeley, and the California Institute of Technology. A few seconds of warning can make a difference in giving you time to drop, cover, and hold on before the shaking arrives.

「税金に頼らない保存を目指そう」世界遺産・軍艦島からの報告:後編

2020年3月、世界文化遺産・軍艦島(正式名:端島)にある日本最古の鉄筋コンクリート(RC)造アパート「30号棟」の一部が突然崩落した。その後も崩落箇所は拡大し、20年6月には新たに別の箇所が崩落する事態に発展した。我々は軍艦島をどのように守っていけばいいのか。本稿では前編に続いて、崩壊が進む軍艦島を相手に筆者が取り組んできた「軍艦島3Dプロジェクト」の概要と、軍艦島を未来へ引き継ぐための保存の在り方について述べる。

軍艦島を保存するには老朽化の程度やその進行速度を把握する必要がある。しかし、島内の構造物は老朽化がひどく調査に危険が伴ううえ、多くの構造物が存在するため膨大な時間が必要となる。そこで、筆者が着目したのが3次元レーザースキャナーやドローンの空撮映像を活用した計測・測量技術だ。遠隔・非接触で短時間・広範囲を調査し、高精度・高密度の3次元デジタルデータとして記録することができる …

「崩壊へのカウントダウンが始まった」世界遺産・軍艦島からの報告:前編

 軍艦島で崩壊へのカウントダウンが始まった――。2020年3月、世界文化遺産・軍艦島(正式名:端島)にある日本最古の鉄筋コンクリート(RC)造アパート「30号棟」の一部が突然崩落した。その後も崩落箇所は拡大し、20年6月には新たに別の箇所が崩落した。

軍艦島は、たびたび襲来する台風と加速する老朽化に、どのように立ち向かっていけばいいのか。我々は軍艦島をどのように守っていけばいいだろうか。本稿では前後編に分けて、崩壊が進む軍艦島の現状を報告するとともに、筆者が取り組んできた「軍艦島3Dプロジェクト」ならびに軍艦島を未来へ引き継ぐための保存の在り方について述べる。

軍艦島は、長崎港から南西に約17.5kmの外洋に位置する。島は南北に細長い形で、大きさは南北約480m、東西約160mである。かつてこの島は海底炭鉱により栄え、最盛期の1960年代には人口が約5300人となり、人口密度は世界一となった。その後、74年の閉山に伴い無人島になって現在に至る …