USPS rejects Biden’s plea to buy more electric mail trucks

‘The process needs to keep moving forward’

The United States Postal Service authorized the replacement of its mail truck fleet with nearly all gasoline-powered vehicles, rejecting a plea from President Joe Biden to include more electric vehicles in its purchase.

The move, which was announced Wednesday, signals the independent agency’s decision to move forward with a controversial plan to purchase 165,000 next-generation mail trucks, only 10 percent of which will be battery-electric vehicles (BEV). The USPS determined there was no legal reason to delay its plans.

In a statement, Postmaster Louis DeJoy said the agency would consider adding more EVs to its fleet sometime in the future. “[W]e will continue to pursue the acquisition of additional BEV as additional funding — from either internal or congressional sources — becomes available,” DeJoy said. “But the process needs to keep moving forward.”

Following a years-long bidding process, the USPS unveiled its next-generation mail truck in February 2021. The vehicles will be manufactured by defense contractor Oshkosh for $500 million by 2023. They will replace the current mail trucks that have been in service for more than two decades, which were built by defense contractor Grumman.

トヨタ自動車が挑む水素の社会実装。エンジン開発で始まった達成への道筋

トヨタ自動車が、水素エンジンの開発を起点に、水素の社会実装に乗り出した。水素を「作る、運ぶ、使う」の各段階で、手段の多様化や課題の洗い出しを進めるべく、水素エンジン車が参戦するレースを軸に他社との連携を加速。1―2カ月おきに行われる大会を一つの目安とし、サイクルの高速化も狙う。そのネットワークは徐々に広がりつつあり、今後の“仲間づくり”の進度が社会実装の早期実現のカギを握る。(名古屋・政年佐貴恵)

大分の地熱で製造
7月半ば、大分県九重町の山中で、とある実証施設が稼働を始めた。白い水蒸気を吐き出しながら動くこの装置は、大林組が手がける日本初の地熱発電を使った水素製造プラントだ。地下約700メートルから発生する150度Cの蒸気を利用してタービンを回し発電。その電気で水を電気分解して水素を作る。

Why can’t we imagine the twenty-second century?

WIRED JAPAN VOL. 43 “THE WORLD IN 2022 is a special issue in which visionaries, entrepreneurs, and big thinkers from around the world look ahead to the year 2022. In this issue, a wide variety of contributors, including Bill Gates, Audrey Tan, Mariana Mazzucato, Kai-Fu Lee, and Ellen MacArthur, decipher the latest trends for 2022 through keywords. Here is a message from Michiaki Matsushima, the Editor-in-Chief of WIRED JAPAN, regarding the publication of this latest issue.

We are pleased to present the latest edition of “THE WORLD IN—”, a popular WIRED project of that brings you next year’s hottest keywords as well as signs of important paradigm shifts across a total of ten genres. Following the release of this issue of the magazine, a special exhibition entitled 2121 Futures In-Sight will be held at 21_21 DESIGN SIGHT in Tokyo Midtown for six months beginning on December 21, 2021. The theme of the exhibition is related to the human activity of thinking about how life will be a hundred years from now, or in other words, thinking about “thinking about the future,” and I am serving as the director of this exhibition. “Thinking about the future” is, of course, WIRED’s very own theme tune, and we are fortunate in having secured the participation of many creators, artists, and big thinkers at the forefront of the present era, who we refer to (arbitrarily) as the “WIRED family”.

乗車客のスマホからBluetooth信号を取得し混雑状況を可視化

東急電鉄、阪急電鉄、東京工業大学の3者は1月11日、列車内の混雑状況を可視化する実証実験を1月より実施すると発表した。同実証実験は、東京工業大学が開発した特許出願中の「列車内の混雑度解析技術」の精度を検証するもので、列車内の混雑情報を可視化して乗車前の利用客にリアルタイムで提供する。混雑度が低い車両への乗車を促し、混雑を避けたいというニーズに応えることを目指す。

列車の乗車客が持つスマートフォンのBluetooth信号を、駅に設置した「混雑解析装置」で取得し、クラウド上のAI(人口知能)にて混雑状況を解析する。また、AIの解析精度を高めるため、駅のホーム上から顔を識別できない「高速度カメラ」で撮影・測定した混雑状況なども組み合わせて、AIのチューニングを行う。

落とし物トラッカーをクレジットカードに。「三井住友カードTile」登場

三井住友カードとSB C&Sは、探し物トラッカー「Tile(タイル)」機能を搭載したVisaカード「三井住友カード Tile」を共同開発した。

クレジットカードに落とし物トラッカーを搭載したことで、スマートフォン上からカードを落とした場所を確認できるようになる。カード上にボタンとスピーカーを内蔵しており、スマートフォンから鳴らして、カードやカードを入れた財布を見つけられる。また、カード上のボタンを押せば、スマートフォンを鳴らし、見つけることもできる。国際ブランドはVisaで、ICチップを搭載し、「Visaのタッチ決済」にも対応。Tileの機能を取り込みながら、通常のカードの厚みを実現している点が大きな特徴となる。カードの薄さ(0.76mm)に収めることのできる超薄型バッテリーを採用し、1,000回以上の屈曲テストをクリア。新開発のEMVチップは充電端子も兼ねており、付属の専用充電器でフル充電した場合、最長半年間の利用が可能となる。カードの重さは6g。