DoCoMo and BMW launch Japan’s first 5G and eSIM compatible connected car service

NTT Docomo and BMW announced that they will start offering Japan’s first connected car service compatible with 5G and eSIM from March 1, 2022 for the BMW iX and BMW i4 sold by BMW.

No need to connect via Bluetooth
Since 2018, the two companies have jointly developed a system that enables mobile communication by installing a 5G module and eSIM in a BMW vehicle. The BMW iX and BMW i4 are now compatible with DoCoMo’s one-number service as a connected car, and users can now use the phone number and rate plan they are using on their smartphones for voice calls and data communications on BMW vehicles.

This enables voice calls and internet communication in the car without connecting the smartphone and the BMW vehicle via Bluetooth. DoCoMo’s One Number Service is an optional service that allows you to share one phone number between your smartphone and accessory terminal, and use voice calls and data communications on the accessory terminal for 550 yen (tax included) per month.

5G high-speed data communication is available
BMW iX and BMW i4 vehicles have been equipped with eSIM for various services of the digital service “BMW Connected Drive” provided by BMW, but this eSIM is now equipped with another eSIM. A 5G module has been added.

犬を飼うと介護リスク半減、一方で猫は… 日本の高齢者1万人調査

日本の高齢者1万人以上を対象にした調査で、犬を飼っている人は飼ったことがない人に比べ、介護が必要になったり、亡くなったりするリスクが半減することがわかった。飼い犬との散歩や飼い主たちとの交流が、お年寄りの健康維持に役立つことが裏付けられた形だ。国立環境研究所や東京都健康長寿医療センターの研究チームが23日、科学誌プロスワンに発表した。

国環研の谷口優主任研究員らは、住民基本台帳から無作為に選んだ東京都内の65~84歳の男女1万人以上に対し、郵送アンケートで犬猫の飼育の有無などを聞いた。さらに、介護保険などのデータを照らし合わせて、新型コロナウイルスの感染拡大前にあたる2016年6月から20年1月まで約3年半の健康状態を追跡した。

調査開始時点で介護が必要な状態ではなかった1万1233人のデータを統計学的に分析。過去に一度も犬を飼ったことがない高齢者が自立喪失(介護が必要な状態や死亡)の状態になるリスクを1とすると、犬を飼っている高齢者のリスクは、0・54倍と大幅に低くなることを突き止めた。

過去に犬を飼っていた高齢者についてもリスクが減る傾向があり、一度も飼っていない人に比べて2割ほど低かった。

山梨のコロナ対策支える「シンゲン」 医療DXの先行事例

新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」による感染拡大で、山梨県の隣接5都県全てが蔓延(まんえん)防止等重点措置の適用となった。だが28日現在、山梨県は重点措置適用は申請せず、飲食店の時短営業や酒類提供禁止などの措置はとっていない。店舗での感染対策と同時に、医療提供体制を強化しているためで、その鍵を握るのが感染者の症状把握ITシステムだ。コロナ対策の医療版デジタルトランスフォーメーション(DX)の先行事例で、医療崩壊を防ぎつつ、経済活動を継続する「山梨モデル」を支える縁の下の力持ちだ。

地元の英雄にちなむ
「東京や他県では自宅療養といってはいるが、必ずしも医療の手が入っておらず、実際には医療放棄だ。山梨は自宅でも病院と同じように、医師と常に連絡が取れる状態にしてあり、決定的な差がある」

山梨大の島田真路学長は、同大が開発し県内で運用しているコロナ感染患者の情報を一元管理するシステムの効果を強調する。名称は「シンゲン(SHINGEN=Smart Health INformation Gathering & Evaluation Network)」。山梨の英雄、武田信玄公にちなんだ。

父の治療には、間に合わなかったが – Rakuten Medial

In 2012, my father was diagnosed with pancreatic cancer. I was ready to do anything for him to be cured. With that sole purpose, I read many scientific papers from all over the world, and I met and talked with numerous experts in the field. How could I cure my father’s cancer? I searched every single possibility available.

That is when I found out about photoimmunotherapy that was only at an early stage of research. Although I had many doubts about this completely new approach, desperate for a miracle, I immediately went to meet the researcher.

Everyone was still doubtful at that stage. But the more I heard about this research, the more it made sense …

神戸医療産業都市は デジタルヘルス分野の事業化を支援します

なぜ今デジタルヘルスなのか

近年、ライフサイエンス分野においては、病気の予防や早期発見、更にはQOL向上に対してのニーズが高まっており、ICT技術を用いたツールであるデジタルヘルスが、その解決手段として注目を集めています。

しかし、デジタルヘルス領域の事業では法規制や収益化など、製品化に至るまでに多くの課題が存在します。神戸医療産業都市では、多数の創薬・再生医療・医療機器等のライフサイエンス企業が拠点を形成。事業化支援によって、これまで多くのイノベーションを創出してきました。

神戸医療産業都市は、様々な支援メニューによってデジタルヘルス領域の事業成長に課題を抱える企業をサポートします。