Amazon drops Echo Show 15, Astro robot plus Glow, View, Blink and Ring

The e-commerce giant’s invite-only press event brought us Astro, a robot Alexa, a Disney partnership and tons more smart devices.

It’s been a busy couple of months in tech. Today, Amazon held its big product event for the year, during which we usually get upgrades to popular devices. This year Amazon brought us a Nest competitor, Amazon’s Smart Thermostat, the Echo Show 15 and it introduced Disney to Alexa with Hey Disney. The Amazon Glow for kids combines video calling with activities and the Halo View brings Amazon to your wrist. There are more Blink products, and the Ring Alarm Pro lets a service monitor your home while you’re away — or the flying Always Home Cam drone can watch it for you. And Astro the robot brings wheels to Alexa, for $1,000.

How we’re inventing to shape a sustainable future

Advancing our commitment to make sustainable devices.
Fourteen years ago, Amazon reimagined reading with the invention of Kindle. Kindle enabled customers to browse and download millions of books in seconds, which not only gave customers a convenient and delightful way to read—it also positively impacted the planet. In the last two years alone, Kindle readers in the U.S. saved an estimated 2.6 million metric tons of CO2e by choosing eBooks as an alternative to print. According to the US EPA conversions, this is approximately equivalent to the greenhouse gas emissions from over 550,000 passenger cars driven for a year. We’re proud of this, but we’re just getting started.

Last year, Amazon became the first consumer electronics manufacturer to commit to addressing the electricity used by our devices through renewable energy development, starting with our Echo devices. Today, we are thrilled to announce we are making investments in additional wind and solar farm capacity that, by 2025, will produce the clean energy equivalent to the use of all Fire TV and Ring devices worldwide. Combined with our Echo projects, we expect these will produce over 5 million megawatt-hours of clean energy per year—that’s enough to power more than 400,000 homes every year.

IBM Physicist Demonstrates Why a Roomba Can’t Clean His House

When a robot vacuum sees black stripes on a rug as ‘cliffs’ your floors will remain dusty.

iRobot may have impressed us recently with its latest robot vacuum capable of detecting and avoiding dog poop around the home. However, there’s a much more common object found on floors that presents a big challenge for the tiny robots.

Dmitry Krotov is a physicist working on neural networks and machine learning at IBM. It makes sense that someone with that day job would choose to rely on an intelligent vacuum to clean his house while he’s at work, but the problem is, his Roomba won’t carry out the task.

統計からみた我が国の高齢者

高齢者の人口〜総人口が減少する中で、高齢者人口は3640 万人と過去最多。総人口に占める割合は29.1%と過去最高

我が国の総人口(2021年9月15日現在推計)は、前年に比べ51万人減少している一方、65歳以上の高齢者(以下「高齢者」といいます。)人口は、3640万人と、前年(3618万人)に比べ22万人増加し、過去最多となりました。総人口に占める割合は29.1%と、前年(28.8%)に比べ0.3ポイント上昇し、過去最高となりました。
男女別にみると、男性は1583万人(男性人口の26.0%)、女性は2057万人(女性人口の32.0%)と、女性が男性より474万人多くなっています。
人口性比(女性100人に対する男性の数)をみると、15歳未満では105.0、15~64歳では102.6と男性が多いのに対し、65歳以上では76.9と女性が多くなっています。
年齢階級別にみると、いわゆる「団塊の世代」(1947年~1949年生まれ)を含む70歳以上人口は2852万人(総人口の22.8%)で、前年に比べ、61万人増(0.6ポイント上昇)となりました。また、75歳以上人口は1880万人(同15.0%)で、前年に比べ、9万人増(0.1ポイント上昇)、80歳以上人口は1206万人(同9.6%)で、46万人増(0.4ポイント上昇)となりました。

WWWの次の世界

20世紀は、メディアを発見する時代だった。

1911年生まれのマクルーハンは、20世紀中盤にメディア論を唱え、それまで人類が無自覚的に使ってきたあらゆる「道具」をメディアとして再定義することで全地球規模の「村」、グローバルヴィレッジを構想した。この思想に刺激を受けてグラフィカルユーザーインターフェース(GUI)が発明され、インターネットという全地球規模の「村」が出現した。

マクルーハンの思想に強く影響を受けたアラン・ケイは、自らの夢想した新しい機械を「パーソナル・ダイナミック・メディア」と呼んだ。
この思想は後に、「パーソナルコンピュータ」として知られるようになる。

今日、我々が毎年のようにiPhoneの新製品に一喜一憂するのは、こうしたメディア論の裏付けがあるからに他ならない。
マクルーハンの時代には当然、パーソナルコンピュータなどというものは存在しなかった。

しかし、マクルーハンは、ラジオからテレビへとメディアの中心が変化する時代の中心にいた。
あるメディアが衰退し、別のメディアが台頭してくる現象を分析するためのツールとして、マクルーハンはテトラッドと呼ばれる図を用いた。