LIFERNET

Emotional, Burning, Unlimited Tuned Laboratory

Tesla’s “Full Self-Driving” sees pedestrian, chooses not to slow down

Tesla released a new version of its controversial “Full Self-Driving Beta” software last month. Among the updates in version 11.4 are new algorithms determining the car’s behavior around pedestrians …

最新版AI GPT-4、日本の医師国家試験で「合格」… 安楽死などでは不適切解答

 米オープンAI社が開発した最新版の人工知能(AI)に日本の医師国家試験を解かせたところ、合格ラインを超えたと、日米の国際研究チームが明らかにした。ただ、人間の受験者の平均点は下回り、患者を安楽死に誘導する選択肢を選ぶなど不適切な解答もみられたという …

One killed, 22 injured after magnitude 6.5 earthquake jolts Ishikawa

One killed, 22 injured after magnitude 6.5 earthquake jolts Ishikawa

A magnitude 6.5 earthquake, which measured a strong 6 on the shindo (intensity) scale, jolted Ishikawa Prefecture on Friday afternoon, killing one and leaving at least 22 others injured.

There was no tsunami, but the Meteorological Agency said it confirmed sea level changes of around 10 centimeters in the prefecture …

Mouse Study Suggests an Unexpected Link Between Nose-Picking And Alzheimer’s

In cases where picking at your nose damages internal tissues, critical species of bacteria gain an easier path to the brain, which responds to the bacteria’s presence in ways that resemble signs of Alzheimer’s disease …

日本、50年後に8700万人 4割高齢者、56年に1億下回る

厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所は26日、50年後の日本の将来推計人口を公表した。総人口は2056年に1億人を下回り、70年に8700万人になる。20年時点の1億2615万人(実績)から3割減る …

Turns out people don’t like it when they suspect a machine’s talking to them

Also this just in, people not that into insincere messages

You might find using AI technology helpful when chatting to others, but this latest research shows people will think less of someone using such tools …

CATLのナトリウムイオン電池、世界で初めて量産EVに搭載へ

中国CATL(寧徳時代新能源科技)は2023年4月16日23時15分(現地時間)、同社のナトリウムイオン2次電池(NIB)が、中国の自動車メーカーChery Automobile(奇瑞汽車)の電気自動車(EV)に採用されたとツイッターで公表した …

「人口減少」「少子高齢化」が急加速…日本人人口1億2203万人で過去最大の減少幅に…コロナ禍で弱まった「東京一極集中」の流れも再び加速

「少子高齢化」「人口減少」が加速しています。去年10月時点の日本の人口は1億2200万人あまりで、前の年と比べて75万人減少しました。12年連続の減少で、減少幅は最も大きくなりました …

新聞社の衰退はネットやスマホの普及が原因ではない グンゼという会社から考える本質

新聞の存在感が、すごい勢いで世の中から失われている。5,400万部を記録した1997年の総発行部数は2022年に3,000万部にまで落ち込み、44%もの減少になったほどだ。
当然、主要各社の売上も大幅に落ち込んでおり、今なお底が見えない …