様々な用途で脳活動を簡便にリアルタイム計測

・ 2chウェアラブル携帯型脳活動計測装置
・ 脳活動に関連する血流量変化を近赤外光を用いてモニタリング
・ 手軽に計測することを重視した軽量・つけ心地にこだわったデザイン
・ スマートフォンやタブレットでのリアルタイム・ワイヤレス計測
・ リアルタイムに脳血流変化、脈拍、頭部加速度を同時計測

NIRSセンサーによりリアルタイムに脳活動に関連する血流変化をモニタリング(2チャンネル)。
装着してから数秒で脳血流変化、心拍、加速度(6軸)を同時にモニタリングします。
計測データの転送をBluetoothとすることで完全なワイヤレス化を実現。
計測データはCSVファイル形式にて保存することができます。

Instagram and TikTok pull ads from startup Cerebral linking ADHD to obesity

Mental health startup endorsed by Simone Biles has ads pulled over misleading claims.

Meta and TikTok pulled advertisements from a major mental health care startup this week after receiving inquiries from NBC News. The social media platforms found the ads promoted negative body images and contained misleading health claims.

One of the ads run by Cerebral, which was recently valued at $4.8 billion and has hired Olympic gold medalist Simone Biles as its chief impact officer, featured a woman surrounded by junk food such as cake, doughnuts and chips. The accompanying text read, “Those who live by impulse, eat by impulse.” The ad said obesity is “five times more prevalent” among adults with ADHD, and stated that getting treatment for the mental health disorder could help patients “stop overeating.”

国内初、デジタルキーを活用し荷物を車のトランクへ配達

~利便性の高い非接触での荷物の配送および受け取りの実現を目指す~

KDDI株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 高橋 誠、以下 KDDI)、ヤマト運輸株式会社 (本社: 東京都中央区、代表取締役社長: 長尾 裕、以下 ヤマト運輸)、プライム ライフ テクノロジーズ株式会社 (本社: 東京都港区、代表取締役社長: 北野 亮、以下 プライム ライフ テクノロジーズ) は、国内で初めてスマホをクルマの鍵にするデジタルキー (該当項目へジャンプします注2) を活用したトランクへの配達実証実験 (以下 本実証) を2022年2月1日から2022年4月30日 (予定) で実施します。なお、トヨタ自動車からデジタルキーの提供を受けており、参加者はトヨタ自動車の車両を所有されている方を対象としています。

本実証では、参加者の自家用車にデジタルキーで解錠可能な専用デバイスを設置します。参加者にECサイトから商品をご購入いただき、ヤマト運輸の配送商品「EAZY」にて配達場所を「車内への置き配」に指定いただくことで、配達員が車両のトランクなどをデジタルキーで解錠し、商品をお届けします。
EC市場の成長やコロナ禍による新しい生活様式の定着により、多様化するお客さまの荷物の受け取り方法に対するニーズに対応し、利便性の向上を目指します。

「若くして認知症に」40代後半で一気に脳が老ける人の頭の中で起きていること

人間の脳は、生まれてきたときも未完成、成人しても未完成。つまり一生涯を通して未完成のまま。その事実は、脳のMRI画像を見るとよく理解できます。

生まれたばかりの赤ちゃんの脳の中には、「枝ぶり」が全然育っていません(画像左)。だからツルツルで真っ白です。それが、2歳くらいの幼児になってくると黒い筋(枝ぶり)が出てきます(同中)。少しずつネットワークができていくわけです。そして、成人の脳には、太い「枝ぶり」がしっかりとできています(同右)。

ただし、成人になればみな同じようにしっかりとした「枝ぶり」が育つわけではありません。何の経験もせず、何の刺激も与えられない状況では、脳の「枝ぶり」が伸びることはありません。

脳は筋肉と同じで、使うことで鍛えられ、発達していきます。日々の生活で使われ鍛えられている脳は、40歳を超えても成長できる反面、使わないでいれば若くても退化してしまう可能性がある、ということなのです。

40代後半から急増する「脳の老化物質」
脳の機能低下をもたらすのは、インターネットやSNSだけではありません。40代後半になると、私たちの体の中にも変化が起こります。

20代、30代であれば、内臓も元気で消化吸収・代謝機能が高く、多少の暴飲暴食をしても、体に何かトラブルが出てくることはほとんどありません。ところが40代後半になってくると、ちょっとしたタイミングで、体の不調、老化のサインが出てきます。