山梨のコロナ対策支える「シンゲン」 医療DXの先行事例

新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」による感染拡大で、山梨県の隣接5都県全てが蔓延(まんえん)防止等重点措置の適用となった。だが28日現在、山梨県は重点措置適用は申請せず、飲食店の時短営業や酒類提供禁止などの措置はとっていない。店舗での感染対策と同時に、医療提供体制を強化しているためで、その鍵を握るのが感染者の症状把握ITシステムだ。コロナ対策の医療版デジタルトランスフォーメーション(DX)の先行事例で、医療崩壊を防ぎつつ、経済活動を継続する「山梨モデル」を支える縁の下の力持ちだ。

地元の英雄にちなむ
「東京や他県では自宅療養といってはいるが、必ずしも医療の手が入っておらず、実際には医療放棄だ。山梨は自宅でも病院と同じように、医師と常に連絡が取れる状態にしてあり、決定的な差がある」

山梨大の島田真路学長は、同大が開発し県内で運用しているコロナ感染患者の情報を一元管理するシステムの効果を強調する。名称は「シンゲン(SHINGEN=Smart Health INformation Gathering & Evaluation Network)」。山梨の英雄、武田信玄公にちなんだ。

父の治療には、間に合わなかったが – Rakuten Medial

In 2012, my father was diagnosed with pancreatic cancer. I was ready to do anything for him to be cured. With that sole purpose, I read many scientific papers from all over the world, and I met and talked with numerous experts in the field. How could I cure my father’s cancer? I searched every single possibility available.

That is when I found out about photoimmunotherapy that was only at an early stage of research. Although I had many doubts about this completely new approach, desperate for a miracle, I immediately went to meet the researcher.

Everyone was still doubtful at that stage. But the more I heard about this research, the more it made sense …

神戸医療産業都市は デジタルヘルス分野の事業化を支援します

なぜ今デジタルヘルスなのか

近年、ライフサイエンス分野においては、病気の予防や早期発見、更にはQOL向上に対してのニーズが高まっており、ICT技術を用いたツールであるデジタルヘルスが、その解決手段として注目を集めています。

しかし、デジタルヘルス領域の事業では法規制や収益化など、製品化に至るまでに多くの課題が存在します。神戸医療産業都市では、多数の創薬・再生医療・医療機器等のライフサイエンス企業が拠点を形成。事業化支援によって、これまで多くのイノベーションを創出してきました。

神戸医療産業都市は、様々な支援メニューによってデジタルヘルス領域の事業成長に課題を抱える企業をサポートします。

様々な用途で脳活動を簡便にリアルタイム計測

・ 2chウェアラブル携帯型脳活動計測装置
・ 脳活動に関連する血流量変化を近赤外光を用いてモニタリング
・ 手軽に計測することを重視した軽量・つけ心地にこだわったデザイン
・ スマートフォンやタブレットでのリアルタイム・ワイヤレス計測
・ リアルタイムに脳血流変化、脈拍、頭部加速度を同時計測

NIRSセンサーによりリアルタイムに脳活動に関連する血流変化をモニタリング(2チャンネル)。
装着してから数秒で脳血流変化、心拍、加速度(6軸)を同時にモニタリングします。
計測データの転送をBluetoothとすることで完全なワイヤレス化を実現。
計測データはCSVファイル形式にて保存することができます。