China Has Launched the World’s First All-Electric Cargo Ship

Posted Posted in Development, NEWS


The first ever all-electric cargo ship is in operation in China’s Pearl River. While it’s a step in the right direction to eliminate fossil fuels, the ship is being used to carry coal — the very material that encouraged the shift to clean energy.

FIRST OF ITS KIND: ELECTRIC CARGO SHIP
China is now the proud owner of the world’s first all-electric cargo ship and has already put the vehicle to use. As reported by China Daily, the 2,000-metric-ton ship was launched in the city of Guangzhou last month and runs in the inland section of the Pearl River.

Constructed by Guangzhou Shipyard International Company Ltd, it can travel 80 kilometers (approximately 50 miles) after being charged for 2 hours. As noted by Clean Technica, 2 hours is roughly the amount of time it would take to unload the ship’s cargo while docked.

ReactOS 0.4.7 released!

Posted Posted in Development, NEWS


The ReactOS Project is pleased to announce the release of version 0.4.7 as we continue to work on releasing every three months.

We’re especially pleased to present this release as the very first one that’s been developed in our new Git/GitHub repository. Moving from Subversion to GitHub has proven to be an invaluable way to reach new testers, users and improve the overall awareness of the ReactOS project.

To highlight the impact we’ve had since we moved to GitHub two months ago, ReactOS now leads the Win32Api and OsDev categories in Github, overtaking many amazing and well established projects.

伊方原発の運転差し止め 広島高裁が仮処分

Posted Posted in NEWS


四国電力伊方原子力発電所3号機(愛媛県伊方町)の運転差し止めを広島市の住民らが求めた仮処分申請の即時抗告審で、広島高裁(野々上友之裁判長)は13日、2018年9月30日まで運転を差し止める決定をした。熊本県の阿蘇山が過去最大規模の噴火をした場合は安全が確保されないとして「新規制基準に適合するとした原子力規制委員会の判断は不合理だ」と結論付けた。

11年3月の東京電力福島第1原発事故後、原発の運転を差し止める高裁の司法判断は初めて。

伊方原発3号機は定期検査のため停止中。18年1月の再稼働を予定していたが、仮処分決定は直ちに効力が生じるため、決定が覆らない限り運転は再開できない。四国電は異議申し立てや決定の効力を止める執行停止の手続きを取る方針。

水素燃料で原発1基分の発電目指す 政府が基本戦略案

Posted Posted in NEWS, Real


環境に優しいとされる、水素エネルギーを本格的に活用する「水素社会」の実現に向けて、政府は、2030年ごろに水素を燃料とする発電を商用化し原子力発電所1基分に相当する100万キロワット規模の発電を目指すとした基本戦略の案をまとめました。

政府は、世界に先駆けて「水素社会」を実現するため、ことし4月に関係閣僚による会議を開くなど、基本戦略の策定に向けた検討を進めてきました。

その結果、このほどまとまった基本戦略の案によりますと、水素エネルギーの普及には調達と供給のコストを下げることが不可欠だとして、水素を取り出す石炭などの海外資源の確保や、水素の効率的な輸送を可能にする技術など、国際的な調達網の構築を進めていくとしています。

IBM Announces Collaboration with Leading Fortune 500 Companies, Academic Institutions and National Research Labs to Accelerate Quantum Computing

Posted Posted in AI, Development, KADEN, Medical Care, NEWS

IBM Q Network to explore practical applications of quantum computing for business and science with JPMorgan Chase, Daimler AG, Samsung, JSR Corporation, Barclays, Hitachi Metals, Honda, Nagase, Keio University, Oak Ridge National Lab, Oxford University and University of Melbourne.

These 12 initial organizations join the newly formed IBM Q Network, a collaboration of leading Fortune 500 companies, academic institutions and national research labs working directly with IBM to advance quantum computing. The IBM Q Network will also foster a growing quantum computing ecosystem based on IBM’s open source quantum software and developer tools.

The IBM Q Network provides organizations with quantum expertise and resources, and cloud-based access to the most advanced and scalable universal quantum computing systems available, starting with a 20 qubit IBM Q system. IBM also recently built and measured the first working 50 qubit prototype processor. IBM anticipates that access to this prototype will be offered to IBM Q Network participants in the next generation IBM Q system.

“IBM sees the next few years as the dawn of the commercial quantum era – a formative period when quantum computing technology and its early use cases develop rapidly. The IBM Q Network will serve as a vehicle to make quantum computing more accessible to businesses and organizations through access to the most advanced IBM Q systems and quantum ecosystem,” said Dario Gil, vice president of AI and IBM Q, IBM Research. “Working closely with our clients, together we can begin to explore the ways big and small quantum computing can address previously unsolvable problems applicable to industries such as financial services, automotive or chemistry. There will be a shared focus on discovering areas of quantum advantage that may lead to commercial, intellectual and societal benefit in the future.”

IBM主催の研究コンソーシアムが生み出す未来のテクノロジー

Posted Posted in AI, Development, KADEN, Medical Care, NEWS


IBMが2016年から主催する基礎研究コンソーシアム「IBM Research Frontiers Institute(以下、RFI)」は、ビジネス創出までを視野に入れた基礎研究コンソーシアムだ。同コンソーシアムにはJSR、本田技術研究所、日立金属、キヤノン、長瀬産業、Samsung Electronics社の6社がFounding Memberとして参加。異なる企業・業種間で、オープンにニューロモーフィック・デバイス、量子コンピューターなど4つの領域、合計13の研究テーマで共同研究が進んでいる。

共同研究プロジェクトの期間は3年間。2016年のスタートから1年半が経過し、現在折り返し点にある。世界4カ所で行われているRFIの取り組みについて、東京チームを率いる東京基礎研究所のサイエンス&テクノロジー部長で新川崎事業所長の山道新太郎氏に話を伺った。

従来のコンピューティングの限界を超える
「RFIは民間企業が始めたコンソーシアムなので、10年後15年後に新しいビジネスを始めるときのパートナーを今からつくる、そういった思いで始めました」山道氏はこう語る。

(more…)

NASAが超重大・緊急発表!! 「ケプラー宇宙望遠鏡」が宇宙人のメッセージ受信、AIが解読成功の歴史的快挙か!?

Posted Posted in NEWS


アメリカ航空宇宙局(NASA)が12月9日(現地時間)、突如として全世界に向けて衝撃的アナウンスを行った。なんと東部標準時14日の午後1時(日本時間15日午前3時)より緊急会見を開き、ケプラープロジェクトが成し遂げた歴史的発見について急遽報告するという。会見の模様はオンラインでリアルタイム配信される予定だ。

世界中のメディアが注目、地球外生命体を発見か!?

「ケプラー」といえば、2009年に打ち上げられたNASA最新の宇宙望遠鏡にほかならない。その名は、惑星の運動に関する法則を発見した天文学者ヨハネス・ケプラーに由来し、地球の衛星軌道上ではなく、太陽周回軌道上に投入された。究極のミッションは、人類の移住先候補となる太陽系外惑星を見つけること。現在は「K2」と呼ばれるミッション第2段階にあり、すでに2500以上の太陽系外惑星を発見――。そんなケプラーによる歴史的発見とあれば、「ついに地球外生命体を発見したのか」「“第2の地球”が特定されたか」と海外メディアがざわつく現状も頷ける。

データ分析組織を率いるのは異色マーケッター

Posted Posted in NEWS


 NTTドコモがAIや統計解析を利用したデータ分析で成果を上げている。仕掛け人は生粋のマーケッターである女性担当部長だ。

ビッグデータは時に「宝の山」と呼ばれる。その意味で、国内最大級の宝の山を保有している企業の1つは、NTTドコモだろう。

通信会社のドコモが持つ顧客情報や、携帯電話やスマートフォンなどの利用履歴はもちろんのこと、最近では「dマーケット」に代表される各種コンテンツのサービス利用履歴やポイントサービス「dポイント」など、日々蓄積されていくデータはまさに巨大だ。しかもドコモの場合、サービス利用者から毎月料金を徴収する仕組みが整っているため、データの精度が極めて高い。いい加減な顧客情報や利用履歴は存在しない。

他社から見れば、うらやまし過ぎるドコモのビッグデータ。このデータをドコモ自身はどのように活用しているのだろうか。

どんなに宝の山が大きくても、ビッグデータを分析し、そこから新たな知見を得て、次のアクションにつなげられなければ、それこそ「宝の持ち腐れ」になる。この特集では、普段ほとんど語られることがない、ドコモのデータ分析現場に潜入を試みた。

基準は7.0超「高尿酸血症」とは?

Posted Posted in Medical Care, NEWS


尿酸値「7.0mg/dL」を超えたら黄信号

私たちの体内の尿酸量(尿酸プール)は、産生量と排泄量のバランスにより一定に保たれています。バランスが崩れると尿酸量は増加していき、ある一定量を超えると、血液中で「もうこれ以上、溶けきれない」という状態になり、溶けきれなかった尿酸が結晶となって関節をはじめとする体のあちこちに沈着し始めます。つまり、高尿酸血症の基準である尿酸値「7.0mg/dL」は、「これより濃くなると尿酸が溶けきれなくなる」という限界の数値なのです。
実際には、血液中の尿酸の溶解には体内のさまざまな物質がかかわっているので、7.0mg/dLを超えたらすぐに結晶として体内に沈着するわけではありませんが、いつ結晶が出来てもおかしくない状況です。

尿酸値が7.0mg/dLを超えると「高尿酸血症」と診断されます。高尿酸血症は、尿酸値が高いために身体に影響を及ぼすリスクがある状態です。生活習慣の改善が必要となり、薬による治療が行われることもあります。高尿酸血症が長い間続くと、尿酸の結晶が徐々に沈着していき、痛風発作(関節炎)や尿路結石、腎障害などが引き起こされます。また、最近では、高尿酸血症がさまざまな生活習慣病の要因となっていることが指摘されています。

Elon Musk told party attendees that Tesla is making A.I. hardware that could be ‘the best in the world’

Posted Posted in NEWS


At a private party on Thursday, Elon Musk spoke boldly about Tesla’s upcoming custom artificial intelligence hardware.

Tesla CEO Elon Musk talked up the company’s work to develop custom hardware for artificial intelligence on Thursday during a talk at a company party for academic and industry researchers.

For the event in Long Beach, Calif., Musk brought with him Tesla’s vice president of hardware, Jim Keller. Musk talked about the company’s AI hardware in the course of providing information about what Keller, a former AMD chip architect, is working on.

“Jim is developing specialized AI hardware that we think will be the best in the world,” Musk said, according to one person who was at the event, which was not streamed live.