ソラコムがSIM認証基盤(HLR)を独自実装、eSIM提供を開始。Web APIを通じて、SIMのライフサイクルをより柔軟に管理可能に。


はじめに
2年前の9月30日、ソラコムはIoT通信プラットフォームSORACOMを発表いたしました。それから2年が経ちましたが、お陰様で8,000以上のお客様にお使い頂けるプラットフォームに成長してきました。そして、これまでお客様から沢山のフィードバックを頂き、そのフィードバックを基にできるだけスピーディに開発することで、これまで10種類以上のサービスと40以上の新機能を発表してまいりました。本日も、SORACOMプラットフォームの節目となる、新しい発表を皆様にお届けできることを非常に嬉しく思っております …

This startup wants to clear cities of cigarette butts using crows (yes, the bird)



Sometimes you run into an idea that seems so ridiculous, you simply have to know more about it – even if it’s just to scoff at idiocy. In most cases, thankfully, that’s where it ends. But in some rare cases, crazy ideas follow a different curve. Allow me to sketch it out:

 

 

I’m quite obviously no designer, but the y-axis of this graph represents brilliance, the x-axis ridiculousness. Now, on the far left, you’ll notice the curve approaching a horizontal asymptote at 0 – an idea always has a sliver of ridiculousness, just stemming from the fact that we can think of ideas at all.

「iPhone X」採用の顔認証「Face ID」にセキュリティ専門家が真顔になる理由


AppleによるiPhoneシリーズ最上位機種「iPhone X」に採用した顔認証システム「Face ID」は、スマートフォン向けセキュリティを変革するインパクトを持つ。その仕組みと社会への影響について、専門家に聞いた。


シラー氏は、ユーザー以外の人間がTouch ID経由でiPhoneのロックを解除できる確率が5万分の1だった点と比較して、Face IDがユーザー以外の人間の顔をユーザーとして認識してしまう“誤認”率が100万分の1に縮小した点を指摘し、「Face IDは、Touch IDに比べて20倍のセキュリティ改善を達成した」と語った。Face IDの誤認率は、ユーザーと同じDNAを持つ人物を対象にした場合、若干高くなるという。ただし、シラー氏は、「Face IDは、ユーザー本人に成り済まそうとする人物を見分けられるはず」と強調した。

Kaspersky Lab denies involvement in Russian hack of NSA contractor


Eugene Kaspersky, the founder of the Moscow-based cybersecurity firm, called allegations of role in government hack ‘like the script of a C movie’.

Moscow-based cybersecurity firm Kaspersky Lab has hit back at a report in the Wall Street Journal which accused it of being involved in a Russian government hack of an NSA contractor in 2015.

The paper reported on Thursday that the NSA contractor, a Vietnamese national who was working to create replacements for the hacking tools leaked by Edward Snowden, was hacked on his personal computer after he took his work home.

There, the report says, the contractor’s use of Kaspersky’s antivirus software “alerted Russian hackers to the presence of files that may have been taken from the NSA”. Once the machine was in their sights, the Russian hackers infiltrated it and obtained a significant amount of data, according to the paper.

国内産業の競争力向上を目指す「日本ディープラーニング協会(JDLA)」が設立


 2017年10月4日、幕張メッセで開催中の「CEATEC JAPAN 2017」内のカンファレンスの1つとして、「日本ディープラーニング協会(Japan Deep Learning Association、略称:JDLA)」設立記念シンポジウムが開催された。

 JDLAはディープラーニング(深層学習)技術を活用し日本の産業競争力向上を目指すことを目的として、ディープラーニングを事業の中核とする企業や研究者らによって設立された団体。理事長は東京大学大学院工学系研究科 特任准教授の松尾豊氏。

LONDON’S NEW WAY TO COUNT TUBE RIDERS? TRACKING THEIR PHONES


Transport for London’s four-week effort to (anonymously) monitor Wi-Fi signals just might work.

COUNTING CROWDS: HARDER than it looks. Especially when you’re talking about swarms of humans trudging through subterranean networks and hopping between hurtling, silver boxes. Bring a complex and sprawling network like London’s Underground into the mix, where train routes cross like mating eels, and you’ve got yourself a real challenge.
This ain’t Sesame Street—counting riders really, erm, counts in public transit. Knowing how many people are where at any given time helps agencies like the Tube’s Transport for London with planning. And understanding where busy commuters are switching train lines, and when, can help the agency adjust schedules, map out future lines and stops, even design stations better.

North Korea Gets Second Route to Internet Via Russia Link


North Korea now has two ways to get on the internet, thanks to a new connection from Russia, according to cybersecurity outfit FireEye Inc.

Russian telecommunications company TransTeleCom opened a new link for users in North Korea, Bryce Boland, chief technology officer for the Asia-Pacific region at FireEye, said in an interview on Monday. Until now, state-owned China United Network Communications Ltd. was the country’s sole connection. Boland was confirming an earlier report by website 38 North that said the Russian connection went live on Sunday.

The news comes at a time when China, North Korea’s chief financial backer, faces increasing pressure from the U.S. to force Kim Jong Un to halt his nuclear weapons program. U.S. President Donald Trump has threatened to destroy North Korea if the weapons dispute leads to war. The Washington Post reported Saturday that U.S. Cyber Command has targeted hackers in North Korea’s military spy agency by barraging their computer servers with traffic that choked off internet access.

“Having an additional loop via Russia gives North Korea more options for how they can operate and reduces the possibility for the United States to put pressure just on a single country to turn off their internet connectivity,” Boland said. For Russia, it offers “visibility into North Korean network traffic that might help them understand what North Korea is up to.”

The latest sanctions against North Korea are focused on oil and gas supplies, and don’t call for China to cut off internet access.

投球の“キレと伸び”見える化 センサー内蔵“IoT野球ボール”


9軸センサー内蔵の野球ボールが登場。ピッチングデータを分析できる。
アルプス電気は、野球のピッチングをデータ化できる9軸センサー内蔵ボール「Technical Pitch」(テクニカルピッチ)を「CEATEC JAPAN 2017」(10月6日まで、幕張メッセ)に出展している。専用スマートフォンアプリ(iOS/Android)と連携し、球速や回転数などの情報を数値化する。販売とアプリ開発はアクロディア(東京都・新宿区)が担う。

 硬球ボールに、加速度、ジャイロ、地磁気センサーや電池を内蔵。球を投げるだけでスマホアプリに投球データを転送し、専用サーバで解析するという。球種、球速、回転数、回転軸の傾きを数値化し、投球モーション中のボールの軌跡を捉え、腕の振りの強さや時間を計測。3Dグラフィックで投球を再現する機能も備える。球速は最大時速200キロまで対応。球をバットで打ち返すことはできない。

アルプス電気の武田安弘さんは、「これまで感覚的に教わってきたボールのキレや伸びなどを具体的に数値で確認できる。ピッチングフォームの見直しや投手の癖などを把握するのに役立つ」と話す。
「硬球の中心にはコルクなどの小さな球があり、その代わりにセンサーモジュールを搭載しようとすると、バランスが難しかった。重量が偏ると投球がおかしくなる」(武田さん)
価格は、ボール1個当たり1万9500円前後。プロ球団を含む、日本国内の野球チーム向けに販売している。

Say hello to the Home Mini, Google’s $49 answer to the Amazon Echo Dot


To the surprise of no one, Google today announced a smaller version of its Google Home smart speaker. The Google Home Mini looks like a small hockey puck and will retail for $50. At this size and price, you can’t expect great audio quality, but in return you get access to all the wisdom of the Google Assistant in a small package that weighs less than a pound and doesn’t break the bank.
The Mini will be available for preorder today and start shipping October 19.

The new Google Home mini will come in three colors (chalk, black and red) and won’t feature the touch-sensitive top of the regular Google Home. Instead, it’ll only feature a few lights on top and a microphone switch on the back (as well as a micro-usb plug for powering it).

Google says that while the device is small, the sound quality should still be quite good and you can connect it to any Chromecast speaker, too.

Given the success of Amazon’s Echo Dot, which costs just as much, it’s no surprise that Google also wants to play in this price category. The regular Google Home currently sells for $129, though over the course of the last year, but it has often been on sale for just under $100.

Amazon、「Alexa」と「Amazon Echo」を年内に日本で展開と発表


  アマゾンジャパンは、クラウドベースの音声サービス「Amazon Alexa」と、Alexaを利用するスマートスピーカー「Amazon Echo」を年内に日本で展開すると発表した。Echoは、事前に購入を希望するユーザーには招待制で販売するとしている。また、開発者向けのAlexa Skills Kit(ASK)と、ハードウェアメーカー向けのAlexa Voice Service(AVS)を日本市場でも展開する。

 「Amazon Echo」(アマゾン・エコー)は、北米ですでに大きなシェアを獲得しているスマートスピーカー。ハンズフリーで話しかけるだけで、さまざまな情報の取得や、音楽の再生、タイマーやアラームのセットといった操作が可能になっている。これらはクラウド上に構築されたAI「Alexa」(アレクサ)で実現される機能になっている。

Alexa Skills Kit(ASK)は、開発者がAlexaのスキルを作成できるキットで、日本でも展開される。すでに一部のパートナー企業はASKを利用して開発中で、NTTドコモ、クックパッド、KDDI、積水ハウス、ソフトバンク、日本放送協会(NHK)、東日本旅客鉄道(JR東日本)、三菱UFJフィナンシャル・グループ、ヤフー、リクルートホールディングスなどの企業が挙げられている。