OpenAI Shuts Down Chatbot Project To Prevent ‘Possible Misuse’

OpenAI told the developer he was no longer allowed to use its tech after he refused to insert a monitoring tool.

Jason Rohrer, an artificial intelligence (AI) researcher and game designer, had created a chatbot using OpenAI’s text-generating language model GPT-3 for fun during the pandemic last year. Rohrer named the chatbot “Samantha” and programmed her to be very friendly, acutely warm, and immensely curious. He allowed others to customise his creation — which he named Project December — to build their own chatbots as they desired. One man turned it into a close proxy of his dead fiancee. Soon, OpenAI learned about the project and gave Rohrer the option to either dilute the project to prevent possible misuse or shut it down. Rohrer was also asked to insert an automated monitoring tool, which he refused.

もしかしてこれで十分なのでは? 1万円ちょっとのスマートウォッチ「realme Watch S」

血中酸素濃度測定にも対応。常に身に付けていたい軽快でカジュアルな1本。

スマートウォッチと言えば、スポーツなどのアクティビティを記録できる機能を標準的に備えた、「日常的にスポーツをする人向け」あるいは「健康意識の高い人向け」というイメージの強いガジェットだったかもしれない。ところがここへきて、そうした見方にも変化が表れてきているように思う。

おそらく多くの人が、外出を控えたり在宅勤務が続いていたりすることで運動不足を自覚しているだろうし、感染症対策のために体調管理の重要性も認識するようになったはず。そんな理由から 「適切に健康を維持していきたい」と考えたときに、最も気軽に使えるサポートアイテム として、まさにスマートウォッチに注目が集まっているのだ。

ただ、スマートウォッチの選択肢はあまりにも多い。健康維持が目的となると、長く付き合っていくことになるだけに「買い物に失敗したくない」という気持ちも生まれてしまう。一体どれを選べばいいの……と迷っている人にぜひチェックしてほしいのが、今回紹介する「realme Watch S」だ。

What is Kyndryl? IBM’s managed infrastructure services spin-off explained

Kyndryl is the new name for IBM’s managed infrastructure services business, which will spin off as a separate company by the end of 2021. Initially, little will change for customers — except perhaps the logo on their invoice — but in time Kyndryl’s split from IBM will allow both businesses to innovate and to work with new partners.

What does Kyndryl do?

Essentially, Kyndryl does exactly what the managed infrastructure services unit of IBM’s Global Technology Services segment did: outsource the management of enterprises’ IT infrastructure, whether it came from IBM or another vendor.

小鳥の鳴き声は言語だった 文法まで突き止めた日本人研究者

「小鳥はとっても歌が好き」。そんな童謡もありますが、実はあの鳴き声は、仲間に大切なことを伝達しているのかもしれません。鳥類のコミュニケーションを研究している動物行動学の鈴木俊貴さんに聞きました。

小鳥のシジュウカラは鳴き声を複雑に使い分けます。天敵を見つけて周囲に警戒を呼びかけるとき、ヘビなら「ジャージャー」、タカでは「ヒーヒー」。私はこうした鳴き声一つ一つに意味があるのではないかと考え、「シジュウカラ語」を研究しています。

シジュウカラに、録音しておいた「ジャージャー」を聞かせてみると、地面を見たり茂みをのぞいたり、まるでヘビが潜む場所を探すかのようにふるまいます。では、「ジャージャー」を聞いたとき、彼らはヘビの姿を思い描いているのでしょうか。ある実験で調べました …

食べて防ごう認知症、レストランと提携し「予防ランチ」

「世界アルツハイマー月間」の9月、神奈川県海老名市は市内のレストラン3店舗と提携し、認知症予防に効果があるとされる食材を使用した「認知症予防ランチ」を提供している。

小田急線厚木駅前の「Re Cafe」(海老名市河原口)では、抗酸化作用と抗炎症作用があるターメリックを使った薬膳牛すじカレー(店内税込み1331円、弁当同1080円)と薬膳焼きカレー(同)を提供。「Cafe くろすぽいんと」(同市東柏ヶ谷)では、ターメリックを使ったスパイシーチキン弁当(同500円)、「タベルナ イル ロカーレ」(同市中野)では、不飽和脂肪酸が豊富に含まれている青魚などを使った夏のヘルシーランチセット(同2750円)を販売している。

市は、市内の図書館や書店に認知症に関わる本を並べた関連図書フェアも行っている。担当者は「これまでは市役所の中で取り組んできたが、地域の方々と連携することで、認知症の人とその家族に優しいまちを作っていきたい」と話した。