CIA’s Dumbo tool for taking control of webcams and microphones revealed by WikiLeaks


US security services embarrassed again in new WikiLeaks disclosure,Security,Hardware,Gadgets ,WikiLeaks,CIA,Dumbo,webcam,microphone.

WikiLeaks has released information about Dumbo, a CIA tool that enables the organisation to compromise the webcams and microphones of targets’ Windows PCs. However, the malware requires physical access to the PC in order to surreptitiously set it up without the target being alerted.

The tools have been used by the CIA’s Physical Access Group (PAG), a branch within the Centre for Cyber Intelligence (CCI).

ソニー10年ぶり最高益 電機7社、アジア好調 3社黒字転換 4~6月期


経営再建中の東芝を除く電機大手7社の2017年4~6月期連結決算が1日、出そろった。

 経営再建中の東芝を除く電機大手7社の2017年4~6月期連結決算が1日、出そろった。最終利益は日立製作所やソニーなど4社が増益で、富士通、NEC、シャープの3社は黒字転換した。中国などアジア向けを中心に旺盛な設備投資需要を牽引(けんいん)役に、7社そろって好調な滑り出しとなった。

この日決算を発表したソニーは営業利益が前年同期比2.8倍の1576億円と、4~6月期として10年ぶりに過去最高益を更新した。最終利益は3.8倍の808億円。スマートフォンなどのカメラに使う画像センサーなど半導体事業が世界的な需要拡大を背景に好調だった。

NASA is looking for someone to protect Earth from aliens — and the job pays a six-figure salary


Ever fancied yourself as a bit of a hero? How about the protector of mankind? Well now NASA is looking for just that – and it’ll pay a six-figure salary for the honor.

The U.S. space agency is currently in search not of life on other planets but of a “Planetary Protection Officer”, who can protect Earth and its inhabitants from alien invasion.

The job, which is offering a salary of between $124,406 and $187,000 per year, involves preventing alien microbes from contaminating the Earth, as well as ensuring human space explorers do not damage other planets, moons and objects in space.

“Planetary protection is concerned with the avoidance of organic-constituent and biological contamination in human and robotic space exploration,” NASA wrote in the job posting on its website late last month.

トヨタとマツダ、尖ったEVつくれるか


 2017年8月4日、トヨタ自動車はマツダと資本業務提携すると発表した。トヨタは5.05%のマツダ株を、マツダは0.25%のトヨタ株をそれぞれ購入して持ち合う。

 両社が提携で合意したのは、「米国での完成車生産で合弁会社を設立する」「EV(電気自動車)の共同開発」「コネクティッド・先進安全技術を含む次世代領域での協業」など5つ。とりわけ業界関係者を驚かせたのがEVの共同開発だ。

トヨタは米ゼネラル・モーターズ(GM)や独フォルクスワーゲン(VW)などに比べ、EVの量産で出遅れている。GMは2016年12月にEV「ボルト」を、VWは2014年にEV「e-ゴルフ」を発売。ハイブリッド車やPHV(プラグインハイブリッド車)の販売を伸ばすトヨタだが、EVに限ると実績はほとんどないのが実情だ。

「トヨタはEVの開発を加速するために、EVで高い技術力を持ち実績もある企業と組むのではないか」。そんな憶測が業界では流れていたほどだった。ところが、トヨタが選んだ“結婚相手”はマツダという意外な相手だった。

Companies start implanting microchips into workers’ bodies


At Swedish start-up hub Epicenter, workers can get implanted with microchips that function as swipe cards: to open doors, operate printers, or buy smoothies with a wave of the hand.

“The biggest benefit, I think, is convenience,” said Patrick Mesterton, co-founder and chief executive of Epicenter. As a demonstration, he unlocks a door merely by waving near it. “It basically replaces a lot of things you have, other communication devices, whether it be credit cards or keys.”

The technology itself is not new: Such chips are used as virtual collar plates for pets, and companies use them to track deliveries. But never before has the technology been used to tag employees on a broad scale. Epicenter and a handful of other companies are the first to make chip implants broadly available.

AIキャラクターが中国共産党を批判 サービス停止に


中国の大手IT企業、テンセントが運営している、インターネット上で一般の人たちと会話する人工知能のキャラクターが、中国共産党について、「腐敗して無能だ」などと批判したことから、このサービスが停止され、話題になっています。

中国の大手IT企業、テンセントは、ことしからインターネット上で一般の人たちが人工知能のキャラクターと会話できるサービスを無料で提供しています。

このサービスでは、人工知能のキャラクターが天気や星占いなどを紹介するほか、利用者との会話を通じて学習しながら、さまざまな話題について意見交換することができます。

香港メディアによりますと、このサービスで、「中国共産党万歳」という書き込みがあったのに対し、人工知能のキャラクターは、「こんなにも腐敗して無能な政治に万歳するのか」と反論したということです。

国内初の「アマゾン・ロボティクス・チャレンジ」、ロボットが棚入れ棚出し競う


 ロボットが自ら考えているかのように箱の中の商品を探し、別の箱に移していく──。2017年7月27日〜30日、世界をリードするロボットの競技会「アマゾン・ロボティクス・チャレンジ」が愛知県名古屋市で開かれた。世界10の国・地域から16チームが参加し、賞金総額25万ドルを争った。

 アマゾン・ロボティクス・チャレンジが日本で開催されるのは初めて。2017年が第3回目にあたる。2015年、2016年は「アマゾン・ピッキング・チャレンジ」としてそれぞれ米国、ドイツで開催。今年から名称を変更した。主催は米アマゾン・ドット・コムの子会社アマゾン・ロボティクスである。

競技内容は、各チームの開発したロボットが箱に入れられた複数の商品から目的の商品を取り出して移動するというもの。一定時間内にどれだけ多くの商品をどれだけ正確に移動できるかが勝負となった。

Hackers breach dozens of voting machines brought to conference


LAS VEGAS — One of the nation’s largest cybersecurity conferences is inviting attendees to get hands-on experience hacking a slew of voting machines, demonstrating to researchers how easy the process can be.

“It took me only a few minutes to see how to hack it,” said security consultant Thomas Richards, glancing at a Premier Election Solutions machine currently in use in Georgia.

The DEF CON cybersecurity conference is held annually in Las Vegas. This year, for the first time, the conference is hosting a “Voting Machine Village,” where attendees can try to hack a number of systems and help catch vulnerabilities.

「動画広告を見て不快な経験」、視聴者の約6割──マクロミルとデジタルインファクトが共同調査


マクロミルとデジタルインファクトは、動画広告のユーザー動向に関するアンケート調査を共同で実施し、その結果を発表した。

 マクロミルとデジタルインファクトは2017年7月31日、両社が共同で実施した「動画広告市場の動向に関する業界アンケート調査」(第2回)の結果を発表した。これは、引き続き成長著しい動画広告市場をテーマに、国内動画コンテンツ視聴者526人を対象に対して、動画広告に対する意識や広告表示に対する課金意向などについて調査したもの。実施期間は2017年6月。

最も視聴されているサービスは、「YouTube」…

Apple ordered to pay $506 million to university in patent dispute


A U.S. judge on Monday ordered Apple Inc to pay $506 million for infringing on a patent owned by the University of Wisconsin-Madison’s patent licensing arm, more than doubling the damages initially imposed on Apple by a jury.

U.S. District Judge William Conley in Madison added $272 million to a $234 million jury verdict the Wisconsin Alumni Research Foundation won against Apple in October 2015. Conley said WARF is owed additional damages plus interest because Apple continued to infringe the patent, which relates to computer processor technology, until it expired in December 2016.