Microsoft passes Alphabet by market cap

Posted Posted in NEWS

When Google first passed Microsoft in terms of stock market value six years ago, it looked like the companies were headed in opposite directions.

But over the past 12 months, Microsoft has surged 40 percent, more than five times Alphabet’s gain, and has again become the more valuable of the two. As of Tuesday’s close, Microsoft was worth $749 billion and Alphabet’s market capitalization stood at $739 billion.

カキのノロウイルス、極小の泡で除去 京都の企業が開発 : 京都新聞

Posted Posted in NEWS

電子部品メーカーのトスレック(京都市南区)は25日、極小の泡を使ってカキの内部からノロウイルスを取り除く技術を開発した、と発表した。カキを提供するなど研究に協力した海洋高(京都府宮津市上司)で成果報告会を開き、主産地の広島県の漁業関係者らと共に、ウイルス除去の原理や実用化に向けた取り組みを確認した。

研究は、同社や同高、専門家らでつくる研究グループが昨年4月から始めた。直径1ミクロン未満(ミクロンはミリの1000分の1)の微細な気泡「ウルトラファインバブル」を、均一に発生させる同社独自の装置を活用した。マイナスの電荷を持つ気泡がカキの内部に入り込み、プラスの電荷を持つウイルスに吸着させ、カキの体外に排出させる仕組み。

車の電子キー無反応、トラブル相次ぐ 長崎県佐世保市で200件超 「米軍基地が影響か」の声も|【西日本新聞】

Posted Posted in NEWS

鍵穴に鍵を差し込まなくても自動車のドア開閉やエンジン始動が可能な電子キーが反応しないトラブルが、長崎県佐世保市内で相次いでいることが分かった。西日本新聞の調べでは、市内の自動車販売店に24日ごろから、これまでに少なくとも200件以上の報告例があった。原因は特定されておらず、「強い電波を発する米軍基地が影響しているのでは」といった臆測も出ている。

トラブルは複数のメーカー、車種で発生。ダイハツ長崎販売大塔店=同市大塔町=には24~28日、苦情や相談が計100件以上あった。

MariaDB Server 10.3/MariaDB TX 3.0リリース。Oracle Database互換機能を搭載し、同じデータ型やPL/SQLのストアドプロシジャをサポート

Posted Posted in NEWS

MariaDB 10.3と、それをコアとするMariaDB TX 3.0がリリースされた。新機能としてOracle Database互換機能を搭載したのが目玉だ。今後もMariaDBはエンタープライズ向けに強化されていくと見られる。

同社は同時に、MariaDB Server 10.3をコアデータベースとし、MariaDB ClusterやMariaDB MaxScale、MariaDB Connectorなどの周辺ツールを統合した「MariaDB TX 3.0」の正式リリースも発表しています。

High School in China Installs Facial Recognition Cameras to Monitor Students’ Attentiveness

Posted Posted in NEWS

A high school in Hangzhou City, Zhejiang Province located on the eastern coast of China, has employed facial recognition technology to monitor students’ attentiveness in class. At Hangzhou Number 11 High School, three cameras at the front of the classroom scan students’ faces every 30 seconds, analyzing their facial expressions to detect their mood, according …

Introducing Microsoft Azure Sphere: Secure and power the intelligent edge

Posted Posted in Development, NEWS

In the next decade, nearly every consumer gadget, every household appliance, and every industrial device will be connected to the Internet. These connected devices will also become more intelligent with the ability to predict, talk, listen, and more. The companies who manufacture these devices will have an opportunity to reimagine everything and fundamentally transform their businesses with new product offerings, new customer experiences, and differentiate against competition with new business models.

All these everyday devices have in common a tiny chip, often smaller than the size of your thumbnail, called a microcontroller (MCU). The MCU functions as the brain of the device, hosting the compute, storage, memory, and an operating system right on the device. Over 9 billion of these MCU-powered devices are built and deployed every year. For perspective, that’s more devices shipping every single year than the world’s entire human population. While few of these devices are connected to the Internet today, within just a few years, this entire industry, all 9 billion or more devices per year, is on path to include connected MCUs.

冷蔵庫のプリンを食べる犯人に警告を発して反省までさせるデバイス「プリン・ア・ラート2」

Posted Posted in NEWS, Real

モノづくり集団aNo研(a Nice Object 研究所)は、冷蔵庫のプリン見守りデバイス「プリン・ア・ラート2」を発表している。同研究所は以前にも、プリンが取られるとLINEで「プリンが取られました!!」と通知する「プリン・ア・ラート」を制作。プリンに対する並々ならぬ「取られたくない」という思いを持っている。

今回の改良版「プリン・ア・ラート2」では、プリンを取ったその瞬間に取ることを思いとどまらせるデバイス。プリンを載せている皿からプリンを取るとセンサーが反応、付属するディスプレイが起動し、怒り顔の表情と「プリン、返してね!」とプリン泥棒に呼びかける。泥棒がプリンを皿の上に返すと、「プリン、返ってきた」と反応し、ディスプレイの顔も心なしか安心しているように見える。その表情を見た犯人は反省し、悔い改めて再犯も防げるという仕掛けだ。

Russia Steps Up Hacking, Spurring U.S.-U.K. Warning on Risk

Posted Posted in NEWS, Security

Russia is using compromised computer-network equipment to attack U.S. and British companies and government agencies, the two countries warned in an unprecedented joint alert.

The warning on Monday came from the U.S. Department of Homeland Security and Federal Bureau of Investigation and Britain’s National Cyber Security Center. It included advice to companies about how to protect themselves and warned specifically of attacks on routers, the devices that channel data around a network.