社会問題との関係変化 “ツバメのマンション”に異変

 古くから私たちと共に生きてきた渡り鳥のツバメが近年、県内でも見かけなくなってきています。なぜ、ツバメはいなくなったのか?背景には私たちの生活の変化があることが最新の研究で明らかになってきました。

静岡市清水区ののどかな山間にあるガソリンスタンドには80を超えるツバメの巣が作られ「ツバメのマンション」として親しまれてきました。しかし2021年、この場所である異変が起きていました。
<大木石油 大木久さん>「一番多いときは200羽くらい来てましたね 今年は…せいぜい20羽。急に激減だから、こっちもびっくりしている」
2021年は、このマンションに飛来したツバメの数が例年の10分の1に。マンションはいわば空き家だらけの状態です。

(さらに…)

続きを読む >

Future Meat Technologies Launches World’s First Industrial Cultured Meat Production Facility

Company opens the first industrial cultured meat facility, with immediate outlook toward U.S. expansion.

REHOVOT, Israel, June 23, 2021 /PRNewswire/ — Future Meat Technologies, an industry-leading company developing innovative technology to produce cultured meat, has opened the world’s first industrial cultured meat facility. With the capability to produce 500 kilograms of cultured products a day, equivalent to 5,000 hamburgers, this facility makes scalable cell-based meat production a reality.

“This facility opening marks a huge step in Future Meat Technologies’ path to market, serving as a critical enabler to bring our products to shelves by 2022,” says Rom Kshuk, CEO of Future Meat Technologies. “Having a running industrial line accelerates key processes such as regulation and product development.”

Currently, the facility can produce cultured chicken, pork and lamb, without the use of animal serum or genetic modification (non-GMO) with the production of beef coming soon. Future Meat Technologies’ unique platform enables fast production cycles, about 20-times faster than traditional animal agriculture.

続きを読む >

Linux 5.13 Released With Apple M1 Bringup, Landlock, FreeSync HDMI + Much More

Linus Torvalds has just released the Linux 5.13 kernel as stable.

Linux 5.13 was just tagged and is ready to go. The kernel is shipping under the new “Opossums on Parade” codename that was put in place last week.

Linux 5.13 brings initial but still early support for the Apple M1 with basic support but not yet accelerated graphics and a lot more to iron out moving ahead. There are also new Linux 5.13 security features like the Landlock LSM, Clang CFI support, and optionally randomizing the kernel stack offset at each system call. There is also AMD fun this cycle around FreeSync HDMI support, initial Aldebaran bring-up, and more. Intel has more work on Alder Lake, a new cooling driver, and more discrete graphics bring-up. There are also other changes for Linux 5.13 around faster IO_uring, a generic USB display driver, and other new hardware enablement.

続きを読む >

日本、サイバー能力見劣り 主要国で最下位グループ

英国のシンクタンク、国際戦略研究所(IISS)は28日、サイバー、デジタル分野の総合的な実力で日本が主要国に見劣りし、最下位の3番手グループに位置すると発表した。特にサイバー防衛の分野で遅れているためと説明している。

日米欧の主要国に加え中国や東南アジアなどの計15カ国のデジタル経済や安全保障の能力を分析した報告書で明らかにした。

IISSによると、米国がトップの評価だった。2番手グループに中国、ロシア、イスラエル、英国、フランスなどが入った。一方、日本はイランやインド、インドネシア、北朝鮮などと同じ3番手グループ。

続きを読む >

【独自】警告に職員気付かずベッドから転落…介護ロボ使用中の事故、年間70件以上

高齢者の見守りや介助などを支援する介護ロボットを使用中の事故が、昨年11月までの1年間に少なくとも70件以上発生していたことが、厚生労働省の委託調査でわかった。事故につながりかねない「ヒヤリハット」の事例は約370件にのぼった。厚労省は安全な利用のためのポイントをまとめた事例集を配布するなどして注意を呼びかける。

介護ロボの事故などを把握する全国調査は初めて。調査は昨年10~11月、機器を導入した特別養護老人ホーム(特養)など1517施設に過去1年間の事故の発生状況などを尋ね、639施設から回答を得た。

介護ロボの使用中に、利用者がけがをするなどして病院を受診した事故が起きたのは29施設。このうち件数を回答した25施設で計約70件あった。ある特養では居室に見守り機器を導入していたが、利用者がベッドから起き上がったことを知らせる警告に職員が気付かなかった。利用者はベッドから転落して骨折したが、気付いていれば、事故を防げた可能性があった。

続きを読む >