NASA rebrands UAM Grand Challenge to embrace ‘advanced air mobility’

NASA’s Urban Air Mobility (UAM) Grand Challenge will now be known as the Advanced Air Mobility (AAM) National Campaign, the agency revealed on March 23.

According to NASA officials, both “advanced air mobility” and “national campaign” better reflect the goals of the undertaking, which is planned as a series of field demonstrations to evaluate the readiness of new types of aircraft and airspace management systems. The demonstrations will progress in stages to encompass a full range of scenarios under varying weather and traffic conditions — including, but not limited to, scaled urban air taxi operations.

“We’ve talked mostly over the past couple of years about ‘urban air mobility,’” said NASA AAM mission manager Davis Hackenberg in the web conference that served as a virtual kick-off for the agency’s AAM Ecosystem Working Groups (a substitute for an in-person event that was canceled due to coronavirus concerns). “We’d always intended to include other types of [mobility], whether that was rural or urban, but the name I think was getting in the way a little bit.” …

豊田社長「NTTとの提携は必然」

トヨタ自動車とNTTが資本・業務提携する。通信を活用した自動運転技術などを共同で開発する。出資額は相互に2千億円規模となる。トヨタが2021年に静岡県の工場跡地を活用して建設する「スマートシティー」でも両社の技術を持ち寄る。トヨタは外部企業の知見を活用することで次世代の技術開発を加速させる。

■トヨタとNTTがスマートシティーの社会基盤を作る

NTTの澤田社長は冒頭、「トヨタ自動車、NTTの資本業務提携に非常に興奮している」とあいさつした。「我々は将来に向かってスマートシティーを広げていくべきだ。自動運転をはじめ、色々なことに取り組んでいるトヨタと連携することによって、住民や地域の社会基盤を構成していきたい」と強調した。澤田氏はトヨタについて「モビリティーの世界ナンバーワン企業だと考えている。その広がりをお手伝いしたい」と述べた上で、「トヨタとNTTがスマートシティーの社会基盤を一緒に作りあげていく」と語った。

■豊田社長「ソフトの進化がハード上回る」

1つは「ソフトウエアの位置付けが変化していること」だという。「これまではハードとソフトの一体開発が基本だったが、ソフトの進化がハードを上回り、『ソフトウエアファースト』の考え方が広がってきている。これを車に当てはめると、車のマイナーチェンジがソフトを更新する形になれば、トヨタの持つハードの強みがさらに生きてくる」という …

facing the culture of ART

Global

  1. DIGICULT | Digital Art, Design and Culture | Since 2005
    Since 2005 Digicult is a platform that critically examines the impact of digital technologies and science on art, design, culture and contemporary society
  2. Royal College of Art
    The Royal College of Art is the world’s most influential postgraduate institution of art and design. Find out about courses, research and innovation here.

Japan

  1. 現代アート 絵画の通販・販売サイト | thisisgallery – ディスイズギャラリー
    インテリアにぴったりの絵画・アートが見つかる、現代アートの通販・販売サイト「thisisgallery – ディスイズギャラリー」。現代アート・油絵・日本画・水彩・版画・イラスト・彫刻・写真など様々な作品を取り扱っています。あなたの作品も展示・販売してみませんか?
    thisisgallery,ディスイズギャラリー,現代アート,絵画,インテリア絵画,油絵,日本画,絵画 販売,絵画 購入,絵 買う,絵 売る

As Australia is gripped by bog roll shortage, tabloid says: Here, fill your dunny with us

NT News prints 8-page ‘special liftout’ amid coronavirus panic.

“Wouldn’t wipe my arse with it” is an expression you’ll commonly hear in the UK to describe a newspaper the speaker doesn’t like. However, tomorrow Aussie tabloid the Northern Territory News will invite its readers to do exactly that.

In case you haven’t noticed, 2020 has been pretty apocalyptic and Q1 isn’t even done yet. Not satisfied with setting up a potential World War 3 and Getting Brexit Done™, the world decided it would be a great time to have a bit of a pandemic – a worryingly lethal one at that for older, more vulnerable folk.

The coronavirus panic, rightly or wrongly, has now spread Down Under, where shoppers are stripping shelves of hand sanitisation gel and bulk-buying bog roll as though having a surplus will protect them from what is primarily a respiratory infection…

5G携帯電話による植込み型心臓ペースメーカー・除細動器への影響はないとの調査結果

総務省の電波の医療機器等への影響に関するワーキンググループにて、5G携帯電話端末が植込み型心臓ペースメーカー・除細動器に与える影響はないというNTTアドバンステクノロジによる調査結果が報告されている。

植込み型心臓ペースメーカー・除細動器に関しては3G/4G/5G携帯電話端末や無線LAN機器、小型無線電力伝送装置の電波が与える影響の調査が行われており、これらすべての電波発射源について影響はみられなかったという。一方、在宅・介護施設等で使用される医療機器に3G/4G携帯電話端末が与える影響の調査では、成人用人工呼吸器や二相式気道陽圧ユニット、汎用輸液ポンプなどの一部で機器と端末の距離が20cm以下の場合に端末実機影響がみられたとのことだ。

日本にはいい投資先がない? シリコンバレーのVCが語る2つの理由

先日、ハーバード・ビジネス・スクールの教授であるクレイトン・クリステンセン氏が死去した。彼が1997年に執筆した「イノベーションのジレンマ」は広く知られ、その後のシリコンバレーのテック業界のみならず、世界中のあらゆるビジネス、さらにはそれによってもたらされた経済発展へ、計り知れない影響を与えた。

この著書で彼が語った、既存の企業や市場のルールを破壊して新しいものをつくり出していくという「破壊的イノベーション」の理論は、シリコンバレーに集まるスタートアップの道標となっている。

今日まで多くのスタートアップが、巨大企業が牛耳る既存の市場を破壊し、新しいルールで新たな市場を創造してきたが、GAFA(Google、Apple、Facebook、Amazon)と呼ばれる現在世界を席巻する巨大なプレイヤーたちも、クリステンセン氏の説く破壊的イノベーションを起こしてきたことで、今日のポジションを確立してきたと言えるだろう …

… snip …

なぜ日本にはいい投資先がないのか? 理由は2つある。

1つ目は、圧倒的にスタートアップ自体の数が少ないこと。終身雇用制で流動性が低い日本の労働環境のなかでは、失敗する確率の高いスタートアップを起業することに対するリスクがシリコンバレーよりもはるかに大きい。

シリコンバレーのようにスタートアップのエコシステムが発達している場所では、失敗しても受け皿はいくらでもあるし、いい失敗であればそれも起業家としての勲章になるが、日本ではまだそこまでエコシステムが成熟していない。

2つ目は、より大きなグローバルの市場に打って出られるだけの実力があるスタートアップが少ないこと。国内市場がある程度大きいがゆえに、国内だけでもそこそこの規模のビジネスができることから、スタートアップにとっては、とりあえずある程度国内でスケールすればそれなりのエグジットも見えてくる。これがグローバルへと向いていかない理由だ。

それゆえに、日本はまだGDPでは世界第3位の規模があるとはいえ、今後は縮小していく市場であり、海外に展開できないビジネスでは投資の対象として魅力に欠けるのだ …

Top French court deals blow to Uber by giving driver ’employee’ status

France’s top court has recognized the right of an Uber driver to be considered an employee, a ruling that could upend the U.S. firm’s business model and potentially require it to pay more taxes and benefits such as paid holidays.

The decision by the Cour de Cassation could also have ramifications for France’s wider “gig economy”, as other taxi and food delivery apps from Deliveroo and Just Eat-Takeaway to UberEats rely heavily on self-employed riders to conduct their business without having to meet a range of employee costs and benefits.

The Cour de Cassation upheld a previous decision by a court of appeal, saying the Uber driver could not qualify as a self-employed contractor because he could not build his own clientele or set his own prices, making him a subordinate of the company…

FOLDING@HOME TAKES UP THE FIGHT AGAINST COVID-19 / 2019-NCOV

We need your help! Folding@home is joining researchers around the world working to better understand the 2019 Coronavirus (2019-nCoV) to accelerate the open science effort to develop new life-saving therapies. By downloading Folding@Home, you can donate your unused computational resources to the Folding@home Consortium, where researchers working to advance our understanding of the structures of potential drug targets for 2019-nCoV that could aid in the design of new therapies. The data you help us generate will be quickly and openly disseminated as part of an open science collaboration of multiple laboratories around the world, giving researchers new tools that may unlock new opportunities for developing lifesaving drugs…

再生医療イノベーションフォーラム元代表理事会長 戸田雄三

父に買ってもらったカメラ
浅草の近くで生まれ、おやじとよく散歩した。小学3年生のころ、現在の東京スカイツリーの近くにあったカメラ屋でおやじが買ってくれたのが当時の富士写真フイルム(現富士フイルム)のカメラ「PET35」だ。カメラを持つ人が増え始めたとはいえ、まだ高根の花だった時代。値段は覚えていないが、かなり奮発してくれたのだと思う。

カメラのファインダー越しに見える風景は、まるで別世界のようだった。すっかり写真好きになり、さっそくカメラを携えてご近所だった王貞治選手の実家の中華料理店を早朝に訪れ、サインをもらって写真も撮らせてもらおうと試みた。 王選手が巨人に入団したての初春のころだった。王選手はまだ就寝中だったが、お父さんの計らいでサインだけはゲットした。「サダハル、まだ寝てるよ」。優しいイントネーションが、今も耳に残っている。

被写体にもっとも頻繁に登場するのは、わがおやじだ。50歳で授かった僕を溺愛していた。「自分は雄三と一緒に過ごす時間が限られている」が口癖。片時も離したくないようで、飲み会にも連れて行かれた。 まだ小学校にあがる前、新年会に行ったのはいいが、おやじは地下鉄の駅のベンチで寝てしまった。終電もなくなり、駅員さんに声をかけられて、やっと目を覚ました。その時、おやじのオーバーコートで暖かく包まれた時のたばこの臭いは今でも覚えている …