CR’s Final iPhone X Test Results: Top-Scoring Camera and Display But Also Some Flaws

Posted Posted in NEWS


In Consumer Reports iPhone X review, the smartphone gets top marks for its fantastic camera and brilliant display. But battery life is lackluster, and the glass back and display are fragile.

The iPhone X is an innovative device with a fantastic camera and beautiful display, but other phones are tougher and can operate longer on a charge.

Those are among the conclusions we’ve reached after completing testing on Apple’s new flagship model, which starts at $1,000 for the 64-gigabyte version.

Overall, the iPhone X—as in 10, not the letter that follows W—easily made Consumer Reports’ recommended list and broke into the extremely tight list of top 10 rated phones, where all the devices are separated by only two points on our 100-point scale.

New Jersey lawmakers propose ban on folks drunk droning

Posted Posted in NEWS


If you’re not fit to drive, you’re not fit to fly in the Garden State

The State of New Jersey is considering a law to criminalize flying drones while drunk or stoned.

A bill introduced last week by Assembleywoman Annete Quijano (D-Union) would make it a crime to operate a recreatinal drone while under the influence of drugs or alcohol.

Drunk-droning would be a fourth-degree crime in the state (on par with shoplifting or simple assault), punishable by up to six months in prison and a $1,000 fine. As with driving a car, a person will be considered too drunk to operate a drone when their blood alcohol concentration passes .08 per cent.

Google検索、信頼性高い医療情報を上位に アルゴリズム変更

Posted Posted in Medical Care, NEWS


Google日本法人は12月6日、検索エンジンのアルゴリズムをアップデートしたと発表した。医療・健康に関する情報を日本語検索した際、専門家が提供した信頼度の高いWebサイトが上位に表示されやすくなったという。

 今回のアップデートは、医療・健康に関する検索結果の約60%に影響するとしている。

Googleが医療・健康情報の検索クエリを分析した結果、専門用語ではなく日常会話レベルの平易な言葉が多用されていることが分かったという。こうした検索方法では一般ユーザーは質の高い医療・健康情報にアクセスしづらいため、状況を変えるためにアルゴリズムを刷新した、と説明している。

ネットでの情報発信に携わる医療従事者に対しては、Google検索によるWebサイトへの流入数を確認できる無料ツール「Search Console」の活用を推奨。専門用語を検索されやすい単語に言い換えることで、質の高い情報がヒットしやすくなるためという。

ごみを丸ごとエタノールに変換 世界初の技術、積水化学など開発

Posted Posted in NEWS, Real


積水化学工業は12月6日、米LanzaTechと共同で、ごみを丸ごとエタノールに変換する生産技術の開発に世界で初めて成功したと発表した。ごみ処理施設に収集されたごみを分別することなくガス化し、微生物によってこのガスを効率的にエタノールに変換できたという。熱や圧力を用いることなくごみをエタノール化でき、「まさに“ごみ”を“都市油田”に替える技術」だとアピールしている。

小田急、新型ロマンスカー「GSE」お披露目 70000形、18年3月デビュー

Posted Posted in NEWS, Real


小田急電鉄は5日、新型の特急ロマンスカー車両「70000形」を大野総合車両所(神奈川県相模原市)で報道陣に公開した。2018年3月中旬に運行を開始する。箱根観光の人気に伴う座席の供給不足に対応し、更新時期を迎えつつある「7000形(LSE)」の引退に備える。

愛称は「GSE(Graceful Super Express)」と名付けた。

デザインはロマンスカー「50000形(VSE)」「60000形(MSE)」と同じく、岡部憲明アーキテクチャーネットワークが手掛けた。外観はロマンスカーの「伝統色」である「バーミリオン」を用いた。両先頭車にそれぞれ16の展望席を設け、側面の窓は高さ1メートルにして沿線の風景をより楽しめるようにした。眺望を確保するため先頭車に荷物棚はなく、座席下に荷物を収納するスペースを設けた。

ニトリグループとの納入契約に基づく物流ロボット「Butler®(バトラー)」が国内初稼働

Posted Posted in NEWS, Real


GROUND株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役:宮田啓友、以下GROUND)は、家具・インテリア製造小売業大手の株式会社ニトリホールディングス様(以下ニトリ)との納入契約に基づき、インドのロボットベンチャー企業GreyOrange社の物流ロボット「Butler®」の国内初稼働を迎えましたので発表いたします。

この度の初稼働は、ニトリグループの物流会社である株式会社ホームロジスティクス様(以下ホームロジスティクス)が運営する西日本通販発送センター(大阪府茨木市)におけるもので、79台のButlerロボットがセンター内を動き回ることで、同センターにおける商品の入出庫および保管業務の自動化・省人化の実現を目指しています。

Managing supply chain risk in cloud-enabled products

Posted Posted in Development, NEWS


NCSC Technical Director Ian Levy explains why new guidance on cloud-enabled products (including AV) requires a nuanced approach.

There’s been a lot of speculation about foreign involvement in the UK supply chain recently. Supply chain security is hard. And I mean really hard. I thought it would be a good idea to set out how we at the NCSC think about some of this stuff, specifically supply of products.

It’s always fun to talk about the omnipotent and omniscient hackers, and the super-sneaky espionage attacks they can perform. But, for most people and enterprises, the biggest risks remain:

  • not keeping software up to date
  • poor network configuration management
  • poor credential management

Most of the incidents that have caused actual harm to the UK have been caused by one of these problems. In general, we should concentrate on getting those fixed before worrying about really clever and risky supply chain interdictions from other states.

ローソンが無人レジ、ICタグ駆使し深夜の人手不足解消へ、2018年春から店舗で実証

Posted Posted in AI, NEWS, Real


ローソンは2017年12月7日、同社が10月に東京都内に開設した次世代店舗の実験施設「オープンイノベーションセンター」のメディア向け内覧会を開催した。

オープンイノベーションセンターの白石卓也センター長は、「この施設では店舗オペレーションを効率化しつつ、お客様の購買体験の質を高めるためにどのような技術が使えるかを検証する。特に店舗では深夜の人手不足が深刻。標準店では深夜は2~3人体制だが、無人レジの活用で、1人体制にできないかと考えている」と説明した。活用する技術を絞り込んだうえで、2018年春以降に順次、店舗での実証実験を始める。

同センター内部は、コンビニエンスストア店舗を模しているが、随所に最新技術を取り入れている。無人レジについても複数の技術を検証している。

1つは、ICタグ(RFIDタグ)を読み取るゲートを使うタイプ。来店客が買い物バッグに商品を詰めてゲートを通るだけで、ゲートで商品のICタグを読み取って、支払額が計算される。その後電子マネーなどで決済すれば会計が完了する。レシートはスマートフォンのLINEアプリのメッセージとして届く。

AIが住民の質問に回答――IBM Watsonを利用した「自動会話プログラム」による住民サービスが岡山県和気町で開始

Posted Posted in AI, NEWS, Real


岡山県和気町とキャメルは、移住希望者に向けた住民サービス「わけまろくん」を共同で開発した。和気町に関する利用者の質問に対して的確な情報を自動で案内する。開発には、キャメルのIBM Watsonを利用して質問に回答するチャットbot「Edia」を利用した。

 わけまろくんは、和気町に関する質問に対して的確な情報を自動で24時間いつでも案内する。同町の温泉施設「和気鵜飼谷温泉」に設置した人型ロボット「Pepper」とも連携しており、Pepperに話しかけると、同様に的確な情報を案内する。

「Apple Watch」で心臓異常に対処するアプリ「Apple Heart Study」、スタンフォード大との提携で公開

Posted Posted in Medical Care, NEWS


米Appleは11月30日(現地時間)、「Apple Watch」向け医療アプリ「Apple Heart Study」を米国のApp Storeで公開したと発表した。米国在住の22歳以上のApple Watch(Series 1以降)ユーザーが利用できる。Appleはこのアプリを米スタンフォード大学医学部と協力して開発した。

Apple Watchのセンサーで検出する心臓のリズムに異常があると、Apple WatchとiPhoneの両方でプッシュ通知を表示し、iPhoneでの無料の動画相談を受けられる。この相談は米遠隔医療サービスのAmerican Wellが年中無休で提供する。

アプリユーザーの心拍関連データは、Appleとスタンフォード大学医学部に匿名化されて送信され、研究に利用される。