Continuous Integration Dashboard

The continuous integration dashboard (ci.android.com) provides visibility into the system used by the Android Open Source Project (AOSP).

Contributors to AOSP can use this dashboard to monitor when their submissions are integrated into the tree. The status color shows whether the integrated change has built successfully across all of our build types. For convenience, the build artifacts from each build are available for download…

IT疑似科学? “Lyee”の現在

昨年から今年の始めにかけてビットコイン・バブルが起きたIT業界。ビットコイン・バブルは既に崩壊の様相を見せているが、一方で「AI」については、未だに関連企業の株価が暴騰し続けるなど、盛況が続いている。

元祖ITバブルと言えば2000年頃が最盛期だったが、その頃にIT業界で話題になった「Lyeeリー」というものがある。たぶん、ほとんどの人は知らないし、知っている人もその言葉以外は一体何なのか最初から最後まで分からないままだったことだろう。問題は、なぜよく分からないものに、多くの人が引き込まれたのかだ …

米国の住宅にイノベーションを

HOMMA,INC.は2018年7月31日、都内で事業説明会を開催した。

同社は2016年に米シリコンバレーで創業したスタートアップ企業で、デザイン性の高いスマートハウスを建設・販売する。

創業者でCEOを務める本間毅氏は「シリコンバレーの企業のイノべーションによって電話はスマートフォンになり、クルマは電気自動車になった。これに対し、住宅は100年間ほとんど変わっていない。iPhoneやテスラのようなイノベーションを住宅にも起こしたい」と話す。

(more…)

UNESCO hosts a global policy forum on disaster risk reduction for preserving documentary heritage

In a first for the Memory of the World (MoW) Programme, about 60 experts drawn from multiple disciplinary backgrounds met at the UNESCO Headquarters in Paris during the Organization’s inaugural edition of the MoW Global Policy Forum on documentary heritage.

Held on 11 December 2018 under the theme “Disaster Risk Reduction and Management for Sustainable Preservation of Documentary Heritage,” the forum aimed to draw attention to disaster risk reduction as a strategic framework for conceptualizing and elaborating policies and strategies to combat against natural and man-made disasters …

万引き防止AIが容疑者逮捕に貢献、日本のスタートアップVAAKが開発

万引きを防止するAIが容疑者を検知したことがきっかけで、実際に容疑者が逮捕された——そんなニュースを紹介すると、「また中国やアメリカの話かな」と思われるかもしれない。

ただ今回は海外では無く、日本での出来事だ。万引きの現場は神奈川県のコンビニ。容疑者逮捕に貢献した万引き防止AIを開発したVAAKは日本のスタートアップだ。

VAAKが開発する「VAAKEYE」は防犯カメラの映像をAIで解析し、万引き犯特有の不審な行動を検知する万引き防止システム。人の詳細行動を認識する解析技術が強みで、歩幅や関節の動きなど100個以上のポイントを分析しているという …

IBM selling Lotus Notes/Domino business to HCL for $1.8B

IBM announced last night that it is selling the final components from its 1995 acquisition of Lotus to Indian firm HCL for $1.8 billion.

IBM paid $3.5 billion for Lotus back in the day. The big pieces here are Lotus Notes, Domino and Portal. These were a big part of IBM’s enterprise business for a long time, but last year Big Blue began to pull away, selling the development part to HCL, while maintaining control of sales and marketing.

This announcement marks the end of the line for IBM involvement. With the development of the platform out of its control, and in need of cash after spending $34 billion for Red Hat, perhaps IBM simply decided it no longer made sense to keep any part of this in-house.

「からあげクンロボ」はローソンを救う“最終兵器”になるか

ローソンは揚げたての「からあげクン」を提供する「できたてからあげクンロボ」を期間限定(12月11~28日)でローソンTOC大崎店(東京都品川区)に設置する。

 からあげクンを店舗に設置されているフライヤーで調理すると完成まで約6分かかるが、ロボットを使えば約1分で提供できる。今回の実証実験は、単に揚げたてを提供してお客の満足度を高めるだけでなく、ローソンが抱える大きな問題を解決するきっかけになりうるかもしれない …

KYOCERA Wins CEATEC Award for “Amcenna” IoT Antenna

Innovative technology yields compact antenna that solves performance challenges when mounted on metals or near water.

KYOCERA Corporation (President: Hideo Tanimoto) announced that its Amcenna IoT antenna has received Japan’s Minister of Internal Affairs and Communications Award. Amcenna, a compact antenna that performs well even when mounted on metals or near water, was recognized during the 2018 CEATEC Awards, organized by CEATEC JAPAN 2018External Link — one of Asia’s largest IT and electronics tradeshows.

Kyocera’s Amcenna Technology Innovations
To create Amcenna, Kyocera miniaturized an Artificial Magnetic Conductor (AMC) and integrated an antenna function into the AMC itself. The result is an exceptionally thin, compact antenna that can operate in close proximity to metals or water with no loss of performance. In combination with its compact form factor (7.0×13.6×1.9mm at 2.4GHz), Amcenna’s unique performance can allow IoT devices to be installed in a wider range of applications — including on manufacturing equipment, on metallic automotive body panels, and in wearable devices, to name just a few examples.

(more…)

日本の書店がどんどん潰れていく本当の理由 決定的に「粗利」が低いのには原因がある

多くの人が実感しているだろうが、日本にある書店の数は、この20年ほどで半数以下に減った。かつては駅前や商店街に必ずといってよいほど存在していた「本屋さん」が、人々の生活空間から消えつつあるのだ。なぜ、これほど書店がなくなっているのか。今後、書店という業態はわれわれの前から姿を消してしまうのだろうか。

まず、書店が大幅に減少している背景には、単に本が売れなくなっているという要因だけではなく、日本独特の出版産業の構造がある。

書店調査会社のアルメディアによると、1990年代の終わりに2万3000店ほどあった書店は、2018年には1万2026店にまで減少した。さらに、この数字には売り場のない事務所や雑誌スタンドなども含まれているため、書籍をそれなりに販売している店舗としては、図書カードの端末機を設置している約8800店(日本図書普及の発表による)が実態に近い数字だと思われる …

Burger King’s Whoppers Cost 1 Cent If You Order Them At McDonald’s

Burger King is closing out the year with a pretty savvy Whopper promotion, all while taking a quick shot at rival burger chain McDonald’s. Hey, all in good fun, right?

Fans of BK will now be able to purchase their iconic Whopper burger for a penny. Here’s the catch: you have to be inside a McDonald’s to do so.

According to the brand, users of the app will be able to unlock a 1-cent Whopper promotion if they are within 600 feet of a McDonald’s location. Once they order their burger, they can head to the nearest Burger King spot and pick it up …