Kaspersky files antitrust complaint against Microsoft for disabling its anti-virus software


Kaspersky Lab has filed antitrust complaints in Europe against Microsoft. Kaspersky first filed a complaint against Microsoft with Russia’s Federal Antimonopoly Service (FAS), claiming that Microsoft is using its dominant position with Windows to push its own anti-virus software over competitor products with Windows 10. While Microsoft has made some product changes since the initial complaint, Kaspersky isn’t happy these are enough and has filed complaints with the European Commission and the German Federal Cartel Office recently

ボタンひと押しで日用品が買えるAmazon Dash Button、使って分かった課題と期待



 最近はIoT(インターネット・オブ・シングズ)に一番興味がある。本コラムでは、IoTを母の介護に生かすといった取り組みを書いてきたが、生活をより効率的にすることにも活用したいと考えている。そうしたIoT機器の一つが、Amazon Dash Button(以下、Dash Button)だ。

Dash Buttonは、ワンプッシュで商品を注文できるボタン型のデバイス(公式サイト)。日用品、食品/飲料、ビューティ、ペット商品、ベビー用品などの購入向けに40種類あまりが発売されている。価格は500円(税込み)だが、Dash Buttonを通じた注文の初回時に500円が差し引かれるので実質無料だ。なお、Dash Buttonは、配送特典などを利用できる「Amazonプライム会員」限定である。

“AI記者”による省力化と効率化の行く先は――日本経済新聞社の働き方改革



AIが記事を生成して配信するという「決算サマリー」を、2017年1月に開始した日経新聞社。その目的と背景、仕組み、今後の方向性を「AWS Summit Tokyo 2017」で聞いた。

 2017年1月、メディア業界に波紋を投げかけたのが日経新聞社のプレスリリース「AIを活用した『決算サマリー』配信スタート」だ。人工知能(AI)が、決算の要点を自動で文章化して配信するというβサービスで、自社の記者がAI記者との「書き比べ」をした記事(AI記者に生身の記者が勝負を挑んでみた)も公開されている。

音声合成・しゃべりに関するネタですが post from 藤本健:

Original Post from 藤本健:

先日のVOICEROID2に続き、また音声合成・しゃべりに関するネタですが、今度はヤマハの最新技術HEARTalk(ハートーク)についてです。HEARTalkは人間と自然な形、心がこもった形での対話ができるという不思議な技術。これを小さな基板に落とし込んだ製品が9180円で発売されました。実際の応答をビデオにも撮ってみたので、ぜひご覧ください!



心がこもった対話を実現するYAMAHAの新技術、HEARTalk基板が自作マニア向けに発売だ!

佐野常民記念館

佐賀県佐賀市:佐野常民記念館 2017年6月〜8月

引越+リリース

事前調査

ヤマトがやらなければ)誰が運ぶのですか



ヤマト運輸は宅配現場の混乱の主因として「想定を超えるネット通販の急増」「人手不足」などを挙げるが、本当にそうなのだろうか。同社の長尾裕社長に宅配現場の変化や、ネット通販大手などとの契約の考え方を聞いた。

グーグルAI、日本語対応開始 LINEは今夏 各社、アマゾンに先行


 米グーグル日本法人は29日、話しかけるだけでスマートフォンアプリの操作などができる会話型人工知能(AI)「グーグルアシスタント」の日本語対応を始めた。当初はグーグルのアンドロイドのスマホで利用できるが、年内発売予定のAIスピーカー「グーグルホーム」にも搭載される。AIスピーカーは、LINEも今夏の発売を発表。米国で圧倒的シェアを持つアマゾン・ドット・コムの国内発売を前に、先行する動きが活発化している。

 グーグルアシスタントは、アンドロイドのバージョン「6.0」と「7.0」搭載のスマホに自動的に導入される。「頼りになる上司は?」など雑談にも対応し、より自然な会話になるよう学習して性能を高めるという。