AV1 beats x264 and libvpx-vp9 in practical use case

Posted Posted in NEWS, Real

Improved video compression is important for delivering digital video files more quickly and with higher quality, while using less bandwidth and storage. Everything from 4K movie streaming to smartphone video chat to laptop screen sharing can be enhanced by making the video files smaller through better compression codecs.

The Alliance for Open Media — a consortium founded in 2015 and made up of video-on-demand providers including Amazon, Facebook, Google, Microsoft and Netflix, along with web browser developers and semiconductor firms — has just released AV1 (also known as AOMedia Video 1), a new open, royalty-free video format that promises to be a significant step forward in compression efficiency.

「個人情報を国外に出さず、管理する」IT基本方針から予想する未来 | SciencePortal China

Posted Posted in NEWS, Security

中国のインターネットの特徴のひとつに強力なネット規制が知られている。よく知られるところではTwitterやFacebookやYouTubeなど、様々な著名サイトにアクセスできないというものだ。これらは中国の管理外で中国に不都合な情報を見せない、出さないというものがある。

もうひとつの特徴として、中国はワールドワイドウェブ、もっというとアメリカ支配、ないしは西側諸国と共有するインターネットからの独立を一貫して考えているという点がある。この意味は、中国国内と中国国外のサイトを見ることは可能であるが、インターネットルールは世界ルールではなく各国が決めるというものだ。これは中国が浙江省の烏鎮という場所で、毎年アメリカのIT企業やアジア・アフリカ諸国のトップを招聘して開催する「世界互聯網大会(世界インターネット大会)」でも毎回主張している。

また国務院が2016年7月に発布した「十三五国家科技創新計画(第13次五か年計画中国国家ハイテククリエイティブ計画)」においても、数ある目標のひとつとして、国家ハイテクプログラム重大特別プロジェクト(国家科技重大専項)において、中国側で全てが把握できるCPUやネットワークやOS製品の開発が指定されている。

This wearable device can respond to your thoughts

Posted Posted in NEWS, Real

The signals the wearable picks up are given to a system that analyzes the data, associating specific signals with words.

MIT researchers have created a wearable device called AlterEgo that can recognize nonverbal prompts, essentially “reading your mind.” The system is made up of a device that loops around a user’s ear, follows their jawline, and attaches underneath their mouth, and a computer system. The wearable device has electrodes that pick up neuromuscular signals in your jaw and face that are triggered by internal verbalizations (aka saying words in your head) but can’t be seen by the human eye. These signals are then given to a machine learning system that analyzes the data, associating specific signals with words.

Hacking your brain(scan): security bugs in EEG software open hospitals to attack

Posted Posted in Medical Care, NEWS

Cisco Talos reveals “multiple vulnerabilities” in hardware common at hospitals.

Today, Cisco’s Talos security research group revealed five security vulnerabilities in NeuroWorks, a Windows-based software that is used in multiple electroencephalogram systems sold by Nautus. The Windows-based Natus Xltek NeuroWorks 8 software uses hospitals’ Ethernet networks to connect to EEG devices and integrate with patient data systems, and it is vulnerable to attacks that could allow remote code execution—allowing an attacker to gain access to the data on the device and to other systems on the hospital network—and denial of service. The systems hosting the software could then be used to stage wider attacks on hospital networks.

ロシア製寿命計測アプリ。機械学習で寿命アルゴリズムを確立

Posted Posted in AI, NEWS


モスクワ物理工科大学(MIPT)とバイオテクノロジ会社のGEROの研究チームは、ウェアラブルデバイスから取得した活動データをもとに、寿命を計測可能なiPhone向けアプリ「Gero Lifespan」フリーベータ版を公開した。

Gero Lifespanを作った研究者たちは、生物学的年齢と患者の死亡リスクについて調べるために、ウェアラブルデバイスによる活動データと、2003年から2006年の米国国民健康栄養調査(NHANES: National Health and Nutrition Examination Survey)のデータを用いて、患者の1週間の活動をニューラルネットワークで学習させた。

Could tooth-mounted trackers be the next fitness wearables?

Posted Posted in Medical Care, NEWS, Real


Wireless wearable devices, like FitBit, track exercise and pulse, but this is a new departure.

Tooth-mounted trackers that keep a tally on how much food and calories people consume could be the next frontier in fitness monitoring. A research team is already experimenting with the tooth sensors at the Tufts University Biomedical Engineering Department.

“We have extended common RFID [radiofrequency ID] technology to a sensor package that can dynamically read and transmit information on its environment, whether it is affixed to a tooth, to skin, or any other surface,” Fiorenzo Omenetto, Ph.D., corresponding author and the Frank C. Doble Professor of Engineering at Tufts said in a statement.

世界幸福度ランキング2018」が発表される / 第1位はフィンランド、日本はまさかの…

Posted Posted in NEWS, Real


2018年3月14日、国連が『世界幸福度ランキング』を発表した。このランキングは「所得」「健康と寿命」「社会支援」「自由」「信頼」「寛容さ」などの要素を基準にランク付けされたもので、昨年日本は51位であった。

果たして日本の幸福度は上がっているのか?

人間に近づくAI荷下ろしロボ

Posted Posted in AI, NEWS


人工知能(AI)で物流の生産性が一段と向上する。IHIが発売した荷下ろしロボットはパレットから段ボールを1時間に450個のスピードで下ろす。3次元(3D)のカメラシステムと、脳をまねた構造でデータの特徴を見つける深層学習を活用。インターネット通販隆盛のいま、荷下ろしロボットに世界で初めてAIを載せ人間に近づいた意義は大きい。

IHIは2017年12月に荷下ろしロボットを発売した。段ボールは通常、パレットに満載されてフォークリフトで搬入され、コンベヤーに載せ替えられて倉庫などにストックされる。ロボットは一連の中でパレットからコンベヤーに段ボールを下ろす作業を担う。

Reduced-calorie diet shows signs of slowing ageing in people

Posted Posted in Medical Care, NEWS


Most comprehensive study yet demonstrates that cutting people’s energy intake dials down their metabolism.

A study of people who reduced the calories they consumed has found the strongest evidence yet that such restrictions can slow down human metabolism. The results raise hopes that a low-calorie lifestyle — or treatments that mimic the biological effects of restricted eating — could prolong health in old age and even extend life.

Past work in many short-lived animals, including worms, flies and mice, has shown that calorie restrictions reduce metabolism and extend lifespan. But experiments in longer-living humans and other primates are more difficult to conduct and have not yet drawn clear conclusions.

北極で真夏並みの暖かさ、世界の異常気象の原因に

Posted Posted in NEWS, Real


まだ冬の真っただ中のはずの北極で、気温が急上昇して真夏のような暖かさになる異常気象が観測されている。

北極は今、1日24時間太陽が昇らない極夜の闇に包まれている。ところがデンマーク気象庁によると、気温は今週に入って零度を超え、同地の冬としては観測史上最高を記録した。 世界最北の陸地にあるモリスジェサップ岬測候所の観測では、グリーンランド東部と北極中部の2月の平均気温は、平年を約15度上回った。

デンマーク気象庁によれば、北極の気温は数十年前から上昇を続けているが、ここ数年は特に極端な変化が起きている。過去20年の間に2月の気温が零度を超えたのは、2011年と17年、今年の3回のみだった…