UDトラックス、大型トラックのレベル4自動運転デモ初公開。2020年までに実用化を目指す

 UDトラックスは12月12日、大型トラックによるレベル4の自動運転デモンストレーションを実施。埼玉県上尾市にある本社敷地内の「UDエクスペリエンスセンター」に同社のビジネスパートナーや報道関係者などを招いてデモ走行を初公開した。

 同社では、大型の自動運転トラックについては、2020年までに特定用途での実用化を目指しており、今回のデモ走行は、港湾内、工場構内、物流施設、建設現場などの限定領域を想定。それらの環境に自動運転を導入することで、ビジネスの効率、安全性、生産性を向上させることを目指している…

50 Big Ideas for 2019: What to watch in the year ahead

“If 2017 left you breathless and exhausted, then brace yourself,” we wrote last year. Sorry to say, things haven’t slowed down. The business leaders, authors, journalists and academics who gave us their 2019 predictions foresee a shaky economy, a troubled world order and continued anxiety — but also a renewed focus on caring for ourselves, for each other and for doing the right thing. Here’s our annual look at the year ahead. We also want to hear from you: Weigh in with #BigIdeas2019.

1. Move over, Millennials; it’s Gen Z’s time.

2. The economy will slow down…

3. … and companies will prepare with pre-emptive layoffs…

カムナ葦船プロジェクトとは?

環太平洋には、数千年続く先住民たちの智慧が今も大切に守られ続けています。
北米、中米、南米、ポリネシア、ミクロネシア、メラネシア、そしてアジア・・・。
環太平洋には、驚くほどに類似した神話や生活習慣、古代の遺跡などが今も残っています。

「海の道」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
太平洋には、北半球は時計回りに、南半球は反時計回りに、ぐるぐると一定した海流が流れています。
その海流をなぞるように、貿易風や季節風が吹いています。
そんな流れに乗って大陸や島々をつなぎ、「海の道」を使った交流が遥か昔にあったと考えることは夢の話でしょうか。
バラバラになった古代から伝わる智慧、そこには現代に生きる私たちが忘れかけている大切な「何か」があるのではないでしょうか …

Continuous Integration Dashboard

The continuous integration dashboard (ci.android.com) provides visibility into the system used by the Android Open Source Project (AOSP).

Contributors to AOSP can use this dashboard to monitor when their submissions are integrated into the tree. The status color shows whether the integrated change has built successfully across all of our build types. For convenience, the build artifacts from each build are available for download…

IT疑似科学? “Lyee”の現在

昨年から今年の始めにかけてビットコイン・バブルが起きたIT業界。ビットコイン・バブルは既に崩壊の様相を見せているが、一方で「AI」については、未だに関連企業の株価が暴騰し続けるなど、盛況が続いている。

元祖ITバブルと言えば2000年頃が最盛期だったが、その頃にIT業界で話題になった「Lyeeリー」というものがある。たぶん、ほとんどの人は知らないし、知っている人もその言葉以外は一体何なのか最初から最後まで分からないままだったことだろう。問題は、なぜよく分からないものに、多くの人が引き込まれたのかだ …

米国の住宅にイノベーションを – スマートハウスのHOMMA,INC.が事業説明会

HOMMA,INC.は2018年7月31日、都内で事業説明会を開催した。

同社は2016年に米シリコンバレーで創業したスタートアップ企業で、デザイン性の高いスマートハウスを建設・販売する。

創業者でCEOを務める本間毅氏は「シリコンバレーの企業のイノべーションによって電話はスマートフォンになり、クルマは電気自動車になった。これに対し、住宅は100年間ほとんど変わっていない。iPhoneやテスラのようなイノベーションを住宅にも起こしたい」と話す。

(more…)

UNESCO hosts a global policy forum on disaster risk reduction for preserving documentary heritage

In a first for the Memory of the World (MoW) Programme, about 60 experts drawn from multiple disciplinary backgrounds met at the UNESCO Headquarters in Paris during the Organization’s inaugural edition of the MoW Global Policy Forum on documentary heritage.

Held on 11 December 2018 under the theme “Disaster Risk Reduction and Management for Sustainable Preservation of Documentary Heritage,” the forum aimed to draw attention to disaster risk reduction as a strategic framework for conceptualizing and elaborating policies and strategies to combat against natural and man-made disasters …

万引き防止AIが容疑者逮捕に貢献、日本のスタートアップVAAKが開発

万引きを防止するAIが容疑者を検知したことがきっかけで、実際に容疑者が逮捕された——そんなニュースを紹介すると、「また中国やアメリカの話かな」と思われるかもしれない。

ただ今回は海外では無く、日本での出来事だ。万引きの現場は神奈川県のコンビニ。容疑者逮捕に貢献した万引き防止AIを開発したVAAKは日本のスタートアップだ。

VAAKが開発する「VAAKEYE」は防犯カメラの映像をAIで解析し、万引き犯特有の不審な行動を検知する万引き防止システム。人の詳細行動を認識する解析技術が強みで、歩幅や関節の動きなど100個以上のポイントを分析しているという …

IBM selling Lotus Notes/Domino business to HCL for $1.8B

IBM announced last night that it is selling the final components from its 1995 acquisition of Lotus to Indian firm HCL for $1.8 billion.

IBM paid $3.5 billion for Lotus back in the day. The big pieces here are Lotus Notes, Domino and Portal. These were a big part of IBM’s enterprise business for a long time, but last year Big Blue began to pull away, selling the development part to HCL, while maintaining control of sales and marketing.

This announcement marks the end of the line for IBM involvement. With the development of the platform out of its control, and in need of cash after spending $34 billion for Red Hat, perhaps IBM simply decided it no longer made sense to keep any part of this in-house.