Amazon.com、無料の宅配ロッカー「Hub」の提供開始


Amazon.comが米国で、集合住宅などに置ける大型の無料宅配ロッカー「Hub」の申し込み受け付けを開始した。1つのHubには43の鍵付きロッカーがあり、中央のパネルに暗証番号を入力することで開く。Amazon以外からの荷物のやり取りにも使える。

 米Amazon.comは7月27日(現地時間)、Amazon.com以外からの配送物にも対応する無料の宅配ロッカー「Amazon Hub」の提供を開始した。申し込みフォームをみる限り、提供範囲は米国のみのようだ。

同社は2011年から米国で有料の「Amazon Locker」を駅などに設置しているが、Hubは希望者の住宅に無料で設置する。サイズはおよそ210×180×30センチ(屋外用と屋内用で少しサイズが違う)で、大小様々なサイズのロッカーが43個組み込まれている。

Limited Edition McDonald’s Boombox


We’ve all been there before. We’re out with a group of friends at the beach ready to have a good time and everything seems to be going right. Except for one thing. There’s no music because no one brought the speakers! I think we can all agree that a party without music is really no party at all. McDonald’s gets it and wants to make sure that problem never happens again by introducing something truly unique yet practical at the same time. Canadians will have a fun way to enjoy the summer tunes thanks to the limited edition McDonald’s Boombox – an innovation on the recyclable drink tray that enables it to double as a portable speaker! Yes you read that right. McDonald’s just went all Transformers on us and I’m lovin’ it!

Petition asks Adobe to open-source Flash


Petition on GitHub appears in the wake of Adobe announcing its end-of-life schedule for the Flash Player

With Adobe having just announced its end-of-life schedule for the Flash rich Internet plug-in, a petition has been posted on GitHub encouraging the company to make the Flash source code available under an open source license.

The petition, posted on web developer Juha Lindstedt’s GitHub account, says open-sourcing Flash would be a good solution for keeping Flash content alive for archival purposes. “Flash is an important piece of Internet history and killing Flash Player means future generations can’t access the past. Games, experiments, and websites would be forgotten.” The petition adds that the idea was “not to save Flash Player but to open source Flash!”

楽天会員9000万人のビッグデータとテレビ視聴データがひも付くと何が起こるのか


楽天と電通は「楽天データマーケティング」の設立を発表した。楽天のビッグデータと電通のノウハウを融合した新たなマーケティングソリューションとはどのようなものになるのか。

 楽天と電通は2017年7月26日、新会社「楽天データマーケティング」の設立を発表した。新会社は、会員数9000万人を誇る楽天のユーザーIDを中心としたビッグデータとCRMに電通グループの強みであるマーケティングコミュニケーションのノウハウを掛け合わせることで、企業のマーケティング活動の最適化および効果の最大化を図るという。資本金は1億円。出資比率は楽天51%、電通49%。設立日は2017年8月中旬を予定。2017年10月1日より営業を開始する。

カラフルボード、パーソナル人工知能「SENSY」活用したチャットbotサービス


カラフル・ボードは、同社のパーソナル人工知能(AI)「SENSY」を活用したチャットbotサービス「SENSY BOT for Biz」をリリースした。

 慶応大学発のAIベンチャーカラフル・ボードは2017年7月25日、同社のパーソナル人工知能(AI)「SENSY」を活用したチャットbotサービス「SENSY BOT for Biz」をリリースしたと発表した。第1弾としてエイチ・アイ・エスと提携し、サービスを開始する。

SENSYは、自然言語処理や画像解析技術などを組合せ、一人一人の感性を個別に解析するディープラーニング技術を採用したAI。この独自技術を活用して同社は、マーケティングや需要予測、レコメンドエンジン、接客エンジンなどを提供してきた。

今回提供するSENSY BOT for Bizでは、LINEやFacebookなどのメッセージングアプリのほか、Webウィジェットとして、自社ECサイトにチャットbotを導入できる。SENSYの持つ接客エンジンと組み合わせて導入すると、単純な対話だけでなく、売り上げアップにつながる接客を行うことも可能。ユーザーとの会話から感性データを蓄積し、マーケティング、需要予測、商品開発への活用もできる。

The TSA will now require separate screenings for all electronics ‘larger than a cell phone’


The Transportation Security Administration, the only line of defense between us and an influx of Satanic fidget spinners, just announced new airport screening policies that are designed to make your life a living hell.

The TSA will now require “all electronics larger than a cell phone” to be removed from carry-on bags and placed in their own separate bin for X-ray screening with nothing on top or below, similar to how laptops have been screened for years. So if you’ve ever gone through security and thought, “Gee, just my laptop, shoes, belt, and coat? I wish I had to remove more items for separate screening,” you’re in luck!

The TSA has been piloting (no pun intended) the new screening policies at 10 airports, and is now ready to expand them to all US airports in the weeks and months ahead. In standard screening lanes, TSA agents will be stationed in front of X-ray machines to verbally assist passengers with the new screening procedures.

Elon Musk says we need to regulate AI before it becomes a danger to humanity


Elon Musk’s thoughts on artificial intelligence are pretty well known at this point. He famously compared work on AI to “summoning the demon,” and has warned time and time again that the technology poses an existential risk to humanity. At a gathering of US governors this weekend, he repeated these sentiments, but also stressed something he says is even more important: that governments need to start regulating AI now.

“I have exposure to the very cutting edge AI, and I think people should be really concerned about it,” Musk told attendees at the National Governors Association summer meeting on Saturday. “I keep sounding the alarm bell, but until people see robots going down the street killing people, they don’t know how to react, because it seems so ethereal.”

次世代電池を牽引する、全固体電池開発


広く普及しているリチウムイオン電池の3倍以上の出力特性を持つ、全固体(型)セラミックス電池が開発された。開発に成功したのは、東京工業大学物質理工学院の菅野了次教授、トヨタ自動車の加藤祐樹博士らの研究グループで、リチウムイオンの伝導率がこれまでの2倍という過去最高の性能を誇る固体電解質の発見によって実現した。

次世代の自動車開発、スマートグリッド拡大などにつながる有力な蓄電デバイスとして期待される。成果は今年1月に創刊したNature Energy の4月号に発表された。菅野教授、筆頭著者の加藤博士に研究の意義、今後の展望などについて伺った。

Inside Microsoft’s Plan to Bring AI to its HoloLens Goggles



New HoloLens processor will let mixed reality goggles recognize speech and images.

Tech companies are keen to bring cool artificial intelligence features to phones and augmented reality goggles—the ability to show mechanics how to fix an engine, say, or tell tourists what they are seeing and hearing in their own language. But there’s one big challenge: how to manage the vast quantities of data that make such feats possible without making the devices too slow or draining the battery in minutes and wrecking the user experience.

Microsoft Corp. says it has the answer with a chip design for its HoloLens goggles—an extra AI processor that analyzes what the user sees and hears right there on the device rather than wasting precious microseconds sending the data back to the cloud. The new processor, a version of the company’s existing Holographic Processing Unit, was unveiled at an event in Honolulu, Hawaii, on Sunday. The chip is under development and will be included in the next version of HoloLens; the company didn’t provide a date.

フランスがガソリン車の販売を禁止する真の理由 – 産油国は低価格戦略で対抗するしか道がないのか


 7月6日、フランスのユロ・エコロジー大臣(環境連帯移行大臣)は、2040年までに、二酸化炭素の排出削減のため、国内におけるガソリン車およびディーゼル車の販売を禁止すると発表した。

 具体的内容やそこに至る道筋など詳細は明らかにされていない。また、EV(電気自動車)の走行距離やバッテリー寿命など技術的課題、そして給電インフラや産業構造転換など社会経済的課題が現時点では解決されていないことから、実現は難しいとする見方もある。

しかし、フランス政府の発表は、G7の先進国政府として初めての、内燃機関自動車の販売禁止方針の表明である(7月26日には英国も2040年までにガソリン・ディーゼル車の販売を禁止する方針を打ち出した)。そして、パリ協定離脱を宣言した米トランプ大統領が初めて出席するG20(7月上旬にドイツ・ハンブルグで開かれた20カ国・地域首脳会議、以下G20ハンブルグ会議)とフランス訪問の直前という絶妙のタイミングで、最大の政治的効果を狙って打ち出された、マクロン仏新大統領の決断であった。