A controversial startup that charges $8,000 to fill your veins with young blood is opening its first clinic

  • A startup called Ambrosia Medical that charges $8,000 to fill your veins with the blood of young people plans to launch its first clinic in New York City at the end of this year.
  • Founded by Stanford graduate Jesse Karmazin, the company recently completed the first clinical trialdesigned to assess the benefits of young blood transfusions.
  • Although his team has not yet published the results of the trial, Karmazin said the results were “really positive.”

To startup founder and Stanford Medical graduate Jesse Karmazin, blood is the next big government-approved drug.

(more…)

老化抑制のために若者の血液を輸血する診療所、NYに開設予定で物議をかもす

老化抑制のために1回8000ドルで若者の血液を輸血する」という初の診療所がいよいよニューヨークで開設される見通しとなり物議をかもしている

200名に輸血し臨床試験も実施した…

「老化抑制のために1回8000ドル(約90万4000円)で若者の血液を輸血する」という初の診療所がいよいよ2018年末までに米ニューヨークで開設される見通しとなり、医療業界の内外で物議をかもしている。

この診療所を運営するのは、米スタンフォード大学出身のジェシー・カーマジン氏が2016年に創設したスタートアップ企業「アンブロージア・メディカル」だ。診療所の開設に先立ち、2016年6月から2018年1月にかけて、16歳から25歳までの若者の血漿を35歳以上の成人200名に輸血する臨床試験も実施した …

(more…)

鳥判定機 – Android Version

人工知能を搭載したアプリが鳥の名前を教えてくれる!

「あの鳥の名前は何だろう?」
「この鳥、見たことあるけど名前が分からない・・・」
そんな時にスマートフォンでこのアプリを使ってみよう!
カメラで撮った鳥の名前を人工知能が瞬時に判定する。
それがミラセンシズの「鳥判定機」です。

バードウォッチングの時に使うも良し。ハイキングの時に使うも良し。公園での散歩に使うも良し。撮った鳥の写真は、記録することができるので、鳥の観察記録を作るも良いですし、自由研究のツールとしてもご活用いただけます。

また、人工知能を搭載しているので、アプリを使えば使うほど判定精度が向上します!
人工知能が身近な生活に与えるちょっとしたスパイスをお楽しみください!

今いる場所の野鳥が分かるアプリ「GPS動く野鳥図鑑400」

株式会社ナレッジリンクは3月16日から、スマートフォンに搭載された衛星測位機能を活用して、現在地周辺で観られる野鳥が分かるiOS/Androidアプリ「GPS動く野鳥図鑑400」(有料)の提供を開始しました。App StoreまたはGoogle Playからダウンロード可能で、価格は税込2500円です。また、野鳥動画の収録数を40種類に限定した無料版「GPS動く野鳥図鑑mini」も用意されています。

アプリの一番の特徴は、動画を利用する図鑑のスタイルを全く新しい発想で企画した点にあります。野外のさまざまな場所でスマホやタブレットを取り出し、動画を使用した野鳥図鑑を使うには、どういうインターフェイスが楽しく、使いやすいのか?という疑問を出発点に開発に臨んだといいます。

また、衛星測位に関しては、スマートフォンのGPSでユーザーがいる場所と時点(月区分け)で観られる可能性のある野鳥を調べられる「観られる野鳥」バインダーを用意しています。日本を11地域に区分し、各地域内において、その時点で観察されたことのある野鳥を検索できます。

FBI forces suspect to unlock iPhone X with Face ID

It may be the first time police anywhere have cracked a device that way.

In what may be a world first, the FBI has forced a suspect to unlock his iPhone X using Apple’s Face ID feature. Agents in Columbus, Ohio entered the home of 28-year-old Grant Michalski, who was suspected of child abuse, according to court documents spotted by Forbes. With a search warrant in hand, they forced him to put his face on front of the device to unlock it. They were then able to freely search for his photos, chats and any other potential evidence.

The FBI started investigating Michalski after discovering his ad on Craigslist titled “taboo.” Later, they discovered emails in which he discussed incest and sex with minors with another defendant, William Weekly. Reportedly, they also discussed sexual acts with an individual that Weekly identified in the emails as his daughter…

UI/UXのアセットが購入できるマーケットプレイスが登場

UIキット、ワイヤーフレーム、テンプレート、アイコン等デザインをする上で必要なアセットを購入できる「uiuxassets」が登場しました。2ドルから気軽に購入できるので、デザイナーやデザインの勉強をしている方におすすめです。

UIキット、ワイヤーフレーム、テンプレート、アイコン等デザインをする上で必要なアセットを購入できるマーケットプレイス「uiuxassets」が登場しています。

PC, スマホ, Apple Watchなどデバイスが増えていく中で、デザインの重要性はますます高まっていることは間違いありません。近年、戦略系コンサルティングファームの大手マッキンゼーがデザイン会社を買収するなど、ビジネスにおいての役割も重要視されてきています。

2018年最新版 無料で使えるプロトタイピングツールまとめ – OthloBlog – オスロブログ –

2018年最新のプロトタイピングツールをご紹介!最新のプロトタイピングツールでは、簡単に作れるもの、webコーディングをしているように作れるもの、ユーザビリティテストやデザインレビューまでカバーしているものなど様々!自分の用途にあったプロトタイピングツールを選んで、プロトタイプを作りましょう。

    • 簡単にプロトタイプが作れる日本製のプロトタイピングツール – Prott
    • webサイトみたいにプロトタイプが作れる日本製のプロトタイピングツール – STUDIO
    • チーム開発に特化しているプロトタイピングツール – InVision
    • ユーザビリティ テストまで出来るプロトタイピングツール – Indigo Studio

資生堂、緊張によるストレスで皮膚から特徴的なニオイが発生することを発見

資生堂は、皮膚表面から放出される気体(皮膚ガス)に着目し、緊張による心理的ストレスが加わることで特徴的なニオイが皮膚ガスとして放出される現象を発見し、その成分として2化合物を特定しました。
これは、2017年4月に発表した「ノネナール(加齢臭)が皮膚ガスとして皮膚表面から放出されている」という知見に続く皮膚ガスの研究成果です。今回の知見は皮膚ガスが生理的に重要な指標であり、心理的変化も捉えることが出来ることを示すものです。また、このニオイに対して、強いニオイでマスキングするのではなく、ニオイを包み込んで目立たなくする独自のSTアンセンティッド技術を開発しました。
※本研究は第36回日本生理心理学会で発表しました。

皮膚ガスの特性

皮膚ガスは体調、加齢、情動、食事などを反映して変化します。皮膚ガスの中にはアセトンなどほぼ無臭のガスもありますが、ノネナールや食べた物に由来するニオイのガスもあり、本人や周囲がそのニオイを感じることがあります。

(more…)

Tencent employs facial recognition to detect minors in top-grossing mobile game ‘Honour of Kings’ | South China Morning Post

Tencent’s stricter controls over underage gamers come amid Beijing’s call to protect children’s health, with the government blaming the country’s widespread myopia on the playing of video games.

Tencent Holdings, the world’s top-grossing games publisher, will use facial recognition technology to detect minors amid tighter scrutiny by the Chinese government over concerns excessive video gaming is hurting public health.

(more…)

Re-Open-Sourcing MS-DOS 1.25 and 2.0

In March 2014, Microsoft released the source code to MS-DOS 1.25 and 2.0 via the Computer History Museum. The announcement also contains a brief history of how MS-DOS came to be for those new to the subject, and ends with many links to related articles and resources for those interested in learning more.

Today, we’re re-open-sourcing MS-DOS on GitHub. Why? Because it’s much easier to find, read, and refer to MS-DOS source files if they’re in a GitHub repo than in the original downloadable compressed archive file.Important: As noted on the repo readme, the source files are being (re)published for historical reference purposes and to allow exploration and experimentation for those interested in early PC Operating Systems. The source will be kept static, so please don’t send Pull Requests suggesting any modifications to the source files!

(more…)