IBM brings Cloud Foundry and Red Hat OpenShift together

At the Cloud Foundry Summit in The Hague, IBM today showcased its Cloud Foundry Enterprise Environmenton Red Hat’s OpenShift container platform.

For the longest time, the open-source Cloud Foundry Platform-as-a-Serviceecosystem and Red Hat’s Kubernetes-centric OpenShift were mostly seen as competitors, with both tools vying for enterprise customers who want to modernize their application development and delivery platforms. But a lot of things have changed in recent times. On the technical side, Cloud Foundry started adopting Kubernetes as an option for application deployments and as a way of containerizing and running Cloud Foundry itself.

On the business side, IBM’s acquisition of Red Hat has brought along some change, too. IBM long backed Cloud Foundry as a top-level foundation member, while Red Hat bet on its own platform instead. Now that the acquisition has closed, it’s maybe no surprise that IBM is working on bringing Cloud Foundry to Red Hat’s platform…

We regret to inform you that you can now date Colonel Sanders in KFC’s new dating sim

Do you ever wish KFC was just a little bit sexier? Can’t get enough of the thirst trap “Virtual Influencer Colonel?” Well if that salt-and-pepper hair and 11 herbs and spices just does something for you, we have (good?) news. He’s all yours, baby. Yes, you can now romance the Colonel himself.

KFC, who had decided to stay relatively quiet during the great Chicken Sandwich War of 2K19, was instead frying up something else on the side. In collaboration with game developer Psyop, the fast-food chain dropped a listing on Steam this morning for an upcoming dating game, I Love You Colonel Sanders! A Finger Lickin’ Good Dating Simulator.

“Do you have what it takes to be the business partner of and win the heart of the most famous chicken salesman of all time?” the game description reads. “Officially created by KFC. No, really.” …

Kotlin/Native for Native

Kotlin/Native is a technology for compiling Kotlin code to native binaries, which can run without a virtual machine. It is an LLVM based backend for the Kotlin compiler and native implementation of the Kotlin standard library.

Why Kotlin/Native?
Kotlin/Native is primarily designed to allow compilation for platforms where virtual machines are not desirable or possible, for example, embedded devices or iOS. It solves the situations when a developer needs to produce a self-contained program that does not require an additional runtime or virtual machine.

Target Platforms
Kotlin/Native supports the following platforms:

  • iOS (arm32, arm64, simulator x86_64)
  • MacOS (x86_64)
  • Android (arm32, arm64)
  • Windows (mingw x86_64, x86)
  • Linux (x86_64, arm32, MIPS, MIPS little endian, Raspberry Pi)
  • WebAssembly (wasm32)

Interoperability
Kotlin/Native supports two-way interoperability with the Native world. On the one hand, the compiler creates: …

ローカル5G」市場の公正競争、NTT東西の参入が焦点に

総務省は11日、次世代通信規格「第5世代通信(5G)」を地域限定で利用するローカル(自営)5Gで公正な競争環境を実現するため、通信大手4社からヒアリングした。議題の中心は、NTT東西地域会社(NTT東日本とNTT西日本)の参入の可否。NTT東西の参入を認めてほしいNTTと、反対するKDDI、ソフトバンクの間で激しい議論が交わされた。(文=編集委員・水嶋真人)

すでに総務省の報告書では、携帯大手にローカル5G帯域の免許を付与するべきでないと提言している。一方、携帯事業者ではないNTT東西がローカル5Gに参入したい意向を示したことに対し、KDDIやソフトバンクなど複数の事業者から公正競争上の影響を懸念する意見が出ていた。

地域の課題解決

NTTは、ローカル5Gを用いてトラクターや飛行ロボット(ドローン)を自動運転して農作業の負担を軽減するなど、NTT東西の参入が地域の社会課題解決につながると指摘。ローカル5G網利用者が携帯大手の全国通信網とローミング可能になる見込みだが、「NTT東西は法令を順守し、携帯大手との関係で不当に差別的な取り扱いを行うことはない」と強調した。

KDDIは固定回線の顧客基盤や全国の支店網など圧倒的な優位性を持つNTT東西が参入した場合、ローカル5G市場を早期に席巻し「ケーブルテレビ事業者など地域の企業の参入排除になりかねない」と危惧する …

AWS、自動走行車「DeepRacer」を国内初披露

  アマゾン ウェブ サービス(AWS)ジャパンは5月23日、18分の1スケールの自動走行型レーシングカー「AWS DeepRacer (DeepRacer)」を国内初披露した。併せて、同サービスを活用している大日本印刷(DNP)が自社の取り組みについて説明した。

 DeepRacerの自動走行を可能にしているのは、機械学習の一つである「強化学習」。機械が理想的な行動を取った際、高い報酬関数を与えることにより学習させる方法だ。例えば、車の位置がセンターラインから10%の範囲内であれば1.0ポイント、25%の場合は0.5ポイントを与える。センターラインとの位置関係は、付属のカメラで撮影された画像で分かるという。

「AWSは、20年間にわたり機械学習に投資してきた。そして今回、強化学習を全ての開発者に届けたいと思い、このサービスを開発した」とAWSジャパンの技術統括本部レディネス&テックソリューション本部本部長/プリンシパルソリューションアーキテクトを務める瀧澤与一氏は説明した。

AWSは、自動運転のレースリーグ「AWS DeepRacer リーグ」も展開している。コンピューター空間の中にある「バーチャルサーキット」と実機が走る「Summit サーキット」の2つがあり、同社はバーチャルで練習を積んだ上で、実世界のサーキットに挑戦することを推奨している。

瀧澤氏は「実世界ならではのノイズがあるため、最初のうちはバーチャルサーキットのように走らないかもしれない。だが、バーチャルで練習を積み、両世界のギャップを埋めながら練習することによって、上達するはずだ」と話していた。

学習コンテンツは無料で、6つの自己学習パート(各90分間)で構成されている。AWSアカウントを持っていれば、AWSマネージメントコンソールからDeepRacerを選び、開発を始められる。国内での実機発売日は未定だが、6月12~14日に幕張メッセで開催される「AWS Summit Tokyo 2019」で走行を予定している。価格に関しては、米国Amazon.comで予約した場合、399ドルだという …

Programming language popularity: Python tightens its grip at the top

Python sits firmly in top place in the newest annual ranking of popular programming languages by IEEE Spectrum.

The ranking and others like it are meant to help developers understand the popularity of languages in a world where no one really knows what programmers are using on their laptops.

IEEE Spectrum has placed Python in first spot since 2017, and last year it was just ahead of C++. The top language is given a score of 100, and all languages with lower scores are scaled in relation to it. C++ last year scored 99.7, followed by Java at 97.5, and C with 96.7.

Today, in the IEEE Spectrum’s sixth annual ranking, Python’s 100 is a long way ahead of runner-up Java’s 96.3 score, while C is in third place with 94.4. C++ has slipped to fourth with 87.5, while in fifth is specialist statistical computing language R with a score of 81.5.

The magazine for engineering members of IEEE, the world’s biggest engineering and applied-science organization, attributes Python’s popularity to the vast number of specialized libraries it has, especially for developers building artificial-intelligence applications.

It singles out the Keras library, because it provides an interface to the Google-developed TensorFlow, and the Microsoft Cognitive Toolkit (CNTK), as well as Theano deep-learning Python library…

5G : 第5世代移動通信システム


5G要求条件 〜高速・大容量化、超多数端末接続、超低遅延、超高信頼性などを検討

既に複数の5G研究団体、学会、移動通信関係各社で5Gのユースケースや要求条件が検討されており、白書[6]として数多く発表されている。5G関係者の多大なる尽力により、複数の5G研究団体間で、大枠としてほぼ共通のユースケースと要求条件が見いだされるに至っている。一例として、日本の電波産業会(ARIB)の2020 and Beyond Ad Hoc(20B AH)グループにて2014年に発表された白書[1]に記載されているユースケースと要求条件に関する図を引用し、図1と図2に示す。以下に、大枠として世界の共通の認識となっている5Gのユースケースを考慮した要求条件の概要を述べる。

(1)高速・大容量化

現在、LTEの普及が世界的に進み、LTE-Advancedの導入も一部地域で開始されている。これらシステムにより、移動通信システムの高速化、大容量化が図られ、スマートフォンの普及に伴うトラヒックの増加に対しても、当面はユーザーニーズを満たすことができると考えられる。しかしながら2020年代を考えた場合に、ウェアラブルデバイスの本格的な普及や4K/8K動画に代表される動画コンテンツの大容量化、娯楽や宣伝のみならず、セキュリティ、医療、教育も含め、高精細静止画・動画コンテンツのニーズはより一層高まると予想される。これらのユースケースを想定すると、2020年代のトラヒック量は、2010年のトラヒック量から1000倍に増加すると予想されており、5Gシステム容量はこれをサポートすることが大容量化の要求条件となっている。また、これらの大容量コンテンツをユーザーが快適に利用できるようにするために、高速化の要求条件は10Gbps以上の速度を達成することが要求条件となっている …

Brave Browser Announces Development of Crypto Wallet for ETH and BAT

Blockchain-based web browser Brave has unveiled a cryptocurrency wallet for Ethereum tokens that is currently in development.

Incompatible with Brave Rewards
Brave discussed their work so far in a blog post on Aug. 27. According to the announcement, the in-browser wallet supports Brave’s native ERC-20 Basic Attention Token (BAT), alongside other Ethereum-based tokens and collectibles and Ether (ETH) itself. Additionally, the wallet supports interaction with decentralized applications — also known as DApps — which reportedly makes Brave a Web3 browser.

However, the wallet cannot interact with Brave Rewards. This means that users cannot transfer any BAT between Brave Rewards and Crypto Wallets — the name of Brave’s wallet in development. Users are currently responsible for managing keys themselves, and Brave recommends that users “stick to small amounts and keep regular backups” if they want to try out the trial version of Crypto Wallets.

(more…)

Edge Computing

あらゆるモノやコトがインターネットにつながるIoT(Internet of Things)時代が到来し、膨大なデータ量が流通することで、従来のクラウドコンピューティングでデータを集約・処理するだけではなく、利用者に近いエリアのエッジ側でデータを処理する「エッジコンピューティング」に注目が集まっている。では、エッジコンピューティングは我々にどのようなメリットをもたらすのだろうか。その背景を紐解いてみよう。

エッジコンピューティングとは何か?

 エッジコンピューティングとは、利用者のスマートフォンなどのインターネットにつながるIoT機器において情報を処理したり、利用者に近いエリアのネットワークにサーバを分散配置して処理を行ったりするコンピューティングモデルである。

 米調査会社のガートナーでは、エッジコンピューティングについて、「データの生成元、または、その近くでのデータ処理を容易にするソリューション」と定義している。

 クラウドコンピューティングが、サーバを集約して集中して処理する集中処理型に対して、エッジコンピューティングは、ネットワークにおける端末機器において情報を処理したり、ネットワークにサーバを分散配置して処理を行ったりする分散処理型となる。

(more…)