Apple Removes All References to Controversial CSAM Scanning Feature From Its Child Safety Webpage

Apple has quietly nixed all mentions of CSAM from its Child Safety webpage, suggesting its controversial plan to detect child sexual abuse images on iPhones and iPads may hang in the balance following significant criticism of its methods.

Apple in August announced a planned suite of new child safety features, including scanning users’ iCloud Photos libraries for Child Sexual Abuse Material (CSAM), Communication Safety to warn children and their parents when receiving or sending sexually explicit photos, and expanded CSAM guidance in Siri and Search.

Following their announcement, the features were criticized by a wide range of individuals and organizations, including security researchers, the privacy whistleblower Edward Snowden, the Electronic Frontier Foundation (EFF), Facebook’s former security chief, politicians, policy groups, university researchers, and even some Apple employees.

Waymoの自動運転トラック、UPSの配送業務を支援へ–ホリデーシーズンに向け

まもなくやってくる2021年のホリデーシーズンは、サプライチェーンのボトルネックや配送サービスの需要の高まりで物流が混乱すると予想されている。配送大手United Parcel Service of America(UPS)とWaymoもこのことを認識している。Waymoは米国時間11月17日、この期間にUPSを支援すると発表した。自動運転トラックによる輸送サービス「Waymo Via」が、UPSの配送業務を試験的に支援する。

Waymoは今回の提携拡大について、これまでに成功してきたUPSとの強力なパートナーシップに続く「ごく自然な次の段階」だとしている。この新たな取り組みでは、米国でクラス8に分類される大型トラックに第5世代の「Waymo Driver」自動運転システムを搭載し、試験的に配送を行う。

BOLDLY、ハンドルがない自動運転バスの冬季運行–除雪、凍結防止剤などで環境整備

ソフトバンクの子会社であるBOLDLYは12月13日、自動運転バスの冬季運行を実施すると発表した。12月15~19日、北海道上士幌町で自動運転バス1台を活用し、1日20便を運行する。

雪や氷点下の環境が想定されるため、行政と連携して除雪、凍結防止といった道路環境の整備を実施し、町内で新たに整備されたシェアオフィスやホテル、道の駅、交通ターミナルなどの拠点を循環する。

走行距離は片道約3.2キロメートルで、全長は6.4キロメートル。速度時速20キロメートル未満で停留所が全6カ所、所要時間が片道約20分の全区画を自動運転する。住民の日常的な移動手段や「かみしほろシェア OFFICE」「かみしほろワーケーションパック」などのワーケーション用途、観光などを目的とする来訪者の2次交通としての活用を想定しているという。

ヘルスケア最前線!IoTで「健康ハック」

常に高いパフォーマンスを保ちたいのなら、いつでもベストコンディションでいられるよう健康には細心の注意を払いたいものです。とはいえ、忙しいビジネスパーソンにとって、健康管理に多くの時間を取るのは難しいでしょう。そこで活用したいのがヘルステックです。ここでは、手間をかけずに体調を管理できるIoT機器をご紹介します。

健康管理はビジネスパーソンの嗜み
健康に問題がない方でも、避けられない残業や日々のプレッシャー、睡眠不足、忙しさからくる食生活の乱れによって業務パフォーマンスが低下してしまった経験があるでしょう。しかし、自分のためにも会社のためにも、仕事量やプライベートの過ごし方に気を使い、いつでも健康な状態で仕事に臨めるよう心掛ける必要があります。

なるべく早く帰宅して睡眠時間を確保しても疲労感が取れない、職業柄、肩凝りや腰痛がある、運動不足で体重が増えてきてしまった、最近風邪をひきやすくなった気がするなど、大きな病気ではなくとも健康面に不安を抱えているのなら、これまでよりも少し健康管理に重点を置いてみましょう。

ヘルステックとは
忙しいビジネスパーソンは、ヘルステックを活用して労力の少ない健康管理を実施してみてはいかがでしょうか。ヘルステックとは、「ヘルス」と「テクノロジー」を掛け合わせた造語で、スマートフォンやタブレット、クラウドコンピューティングなどを活用した健康分野における革新的なサービスを指します。

Giant Study Finds Viagra Is Linked to Almost 70% Lower Risk of Alzheimer’s

Usage of the medication sildenafil – better known to most as the brand-name drug Viagra – is associated with dramatically reduced incidence of Alzheimer’s disease, new research suggests.

According to a study led by researchers at the Cleveland Clinic, taking sildenafil is tied to a nearly 70 percent lower risk of developing Alzheimer’s compared to non-users.

That’s based on an analysis of health insurance claim data from over 7.2 million people, in which records showed that claimants who took the medication were much less likely to develop Alzheimer’s over the next six years of follow up, compared to matched control patients who didn’t use sildenafil.

It’s important to note that observed associations like this – even on a huge scale – are not the same as proof of a causative effect. For example, it’s possible that the people in the cohort who took sildenafil might have something else to thank for their improved chances of not developing Alzheimer’s.