AI for Heart Attack Risk @IterateAI: Read our Use Cases on how Interplay’s low-code platform builds applications for the Healthcare industry. #AI #Low…

This Machine Learning script within Interplay® takes in basic health information such as age, sex, blood pressure, serum cholesterol, max heart rate, and other lab-measured inputs to return a predicted risk of suffering a heart attack. This is not intended as an in-clinic official procedure yet, but it does show the increasing capabilities to draw reasonable common-sense inferences from common data points. 

Such predictor models could be helpful in personal health apps as consumers look to monitor their own health at a more granular level. Models like this could also be impactful in the macro-level, where public policy can be informed by basic demographic information and appropriate medical care costs can be estimated (e.g. a retirement community would have different models compared to a young suburban community).

The core AI predictor within Interplay could be easily connected to messaging apps via twilio, chatbots, or other messaging platforms. It could also be incorporated back into a legacy code base for a hospital group or public policy database.

認知症対策に生きる(1)要介護度が劇的に改善した秘策とは!?

 父方の祖父や母方の祖母が認知症を患っていました。本人もつらかったと思いますし、暴力などもあったので家族も大変な思いで介護をしていました。私自身にとっても、祖父母の人格が変わっていく姿を見るのはとてもつらい経験でした。

そんなこともあって、私は「社会全体がもっと真剣に認知症と向き合っていく必要があるのではないか」と思うようになりました。

経済産業省職員時代、資生堂から「化粧療法を応援してもらいたい」と相談を受けました。

化粧療法は、高齢者施設を利用する女性に化粧をして差し上げる取り組みで、認知症予防を含め、介護予防に効果があると言われています。資生堂からの説明の中で「それまで自力でトイレに行けなかった人が、化粧療法を始めてしばらくしたら1人で排せつを済ませられるようになったケースもある」という話を聞いた時には、本当に驚きました。

その後、資生堂の化粧療法を経産省が健康寿命延伸モデル事業に採択し、私自身も実際に現場を訪問させていただきました。

1日1杯飲めばOK! 医師が教える 「脳のおそうじスープ」で お疲れ気味の脳がスッキリ

「昨日、何食べたっけ?」「スーパーで買おうと思ったものを買い忘れた!」日常生活の中で、こんなことはありませんか? 加齢にともない衰えていく私たちの脳。さらに、コロナ禍の外出⾃粛で⼈と会う機会などが減り、脳への刺激が減ったことで、「もの忘れ」や「集中⼒低下」に悩む⼈が急増しているとか。

衰えを感じる脳に、何か打つ手はないのか。その答えが、「脳のクリーニング」だと、脳神経内科医師・内野勝⾏先生は言います。実は、脳には若いころから、少しずつ「アミロイドβ」という“脳のゴミ”がたまっていくそう。すると脳神経が破壊され、脳の老化や認知症のリスクが上がります。

“脳のゴミ”を排出し、溜めないような生活習慣を身につければ、リスクをグッと抑えることも。その最も簡単な方法が、脳によいとされる栄養素を含んだスープを1日1杯摂ること。今回は、内野先生の著書『脳のおそうじスープ』からその簡単な作り方を、特別に公開します!

●1日1杯飲むだけで脳がキレイに!「脳のおそうじスープ」の作り方 …

研究で判明!「脳の健康」に影響を与える4つの生活習慣

中高年の男女を20年追跡した大規模な研究によると、脳の健康に影響を与える4つの習慣によって、60歳を迎えたときの脳機能の状態を大きく予測できることが明らかになった。調査結果を詳しくみていこう。

疫学専門誌『American Journal of Epidemiology』に掲載された研究では、中年前期(平均年齢44歳)、中期(平均年齢56歳)、後期(平均年齢61歳)の3段階に分けて、男女5,100人の生活習慣に関わる情報を収集し、喫煙、飲酒の有無、身体的活動レベル、野菜と果物の摂取量に関する4つの習慣を追跡調査している。

年齢に関係なく、喫煙したり、野菜と果物の摂取量が少ないなど、不健康なライフスタイルを送っている人は、記憶力と脳機能テストのスコアが低い結果となった。

3~4つの悪習慣を持つ被験者は、より健康的なライフスタイルを送る被験者と比較したところ、精神機能テストで低い点数を取るリスクが84%も増加した。

Most Apple Watch users won’t get health benefits from AFib detection, study finds

Usual treatments don’t quite fit the typical Apple Watch user.

One promised benefit of the Apple Watch is early detection of a heart condition called atrial fibrillation, a type of irregular heart rhythm. But most people who wear the watch are in a demographic that wouldn’t actually be able to do much with that information, according to a new study — most doctors wouldn’t prescribe them the medication usually given for that condition, which is usually detected in older people.

Getting an alert about a heart rhythm, then, doesn’t help the typical Apple Watch user’s overall health, says study author Josh Pevnick, co-director in the division of informatics at Cedars-Sinai Medical Center in Los Angeles. “It can cause anxiety for people who it identifies, and if there’s no treatment, then you’re maybe not bringing much benefit,” he says.