iTSCOM HOME

暮らしの安心感を向上、また、家電の自動コントロールを実現する住まい用IoTサービスです。専用アプリを使って、スマホで簡単設定&操作。目的にあわせて自由にカスタマイズすることができます。

インテリジェントホームをご利用のお客さまへ。
iTSCOM HOMEへのご契約変更のお手続き、一部デバイスの交換等が必要となりますため、詳細につきましてはご案内書を順次お送りしております。ご案内書到着まで今しばらくお待ちください。

ボタン一つで複数家電を一括・遠隔操作

アプリのボタンを押すだけで、エアコン、照明、テレビなど複数の家電をまとめてON/OFFすることが可能です。
屋外からの遠隔操作もできるので、外出先から適温の明るいお部屋に帰ることもできます。

建設業界のデジタルシフト 建設×テクノロジーを実現するCon-Tech とは

テクノロジーの進化は、ものづくりや非IT分野においてもさまざま形でデジタルシフトを起こしている。このシリーズでは、ITによって変化を起こしているさまざま分野を掘り起こしていく。

ここ2〜3年ほどで、日本各地で街並みが大きく変化してきている。街並みが変化しているということは、さまざまな建設工事が進んでいることを示している。実際、建設業界は国内市場で自動車産業の次に大きな規模を持っており、平成29年度の建設投資は、54兆9,600億円になる見通しだ。この巨大市場に、変化が訪れている。Con-Tech(Construction -Tech)と呼ばれる建設系スタートアップが次々と登場し、作業の効率化や合理化、課題解決が進んでいる。今回は8つの事例を紹介する …

ラーメン業界日本初!幸楽苑が非接触型の配膳ロボット「K-1号」の実証実験を開始!

株式会社幸楽苑ホールディングス(本社:福島県郡山市、代表取締役社長:新井田 昇、以下 「幸楽苑」 )は、新型コロナウイルス感染症の予防対策や人手不足解消を目的とし、2020年8月27日(木)より本宮店(福島県本宮市)にてAIを活用した非接触型の自動配膳ロボット「K-1号(ケー・イチゴウ)」導入の実証実験を開始します。

■配膳ロボット「K-1号」導入の背景

新型コロナウイルス感染症の対策として、非接触型の配膳を自動化し、店舗スタッフの負担を軽減することでサービス中心の働き方へシフトできることから、配膳ロボットの導入に至りました。ロボットにはセンサーが搭載されており、人や物にぶつからず安全に走行できます。また、音声案内も可能で、エンターテイメント性も兼ね備えております。今後も幸楽苑は、最新のテクノロジーを活用することで、店舗の省人化・デジタル化を目指して参ります

Biofuel-powered soft electronic skin with multiplexed and wireless sensing for human-machine interfaces

Abstract
Existing electronic skin (e-skin) sensing platforms are equipped to monitor physical parameters using power from batteries or near-field communication. For e-skins to be applied in the next generation of robotics and medical devices, they must operate wirelessly and be self-powered. However, despite recent efforts to harvest energy from the human body, self-powered e-skin with the ability to perform biosensing with Bluetooth communication are limited because of the lack of a continuous energy source and limited power efficiency. Here, we report a flexible and fully perspiration-powered integrated electronic skin (PPES) for multiplexed metabolic sensing in situ. The battery-free e-skin contains multimodal sensors and highly efficient lactate biofuel cells that use a unique integration of zero- to three-dimensional nanomaterials to achieve high power intensity and long-term stability. The PPES delivered a record-breaking power density of 3.5 milliwatt·centimeter−2 for biofuel cells in untreated human body fluids (human sweat) and displayed a very stable performance during a 60-hour continuous operation. It selectively monitored key metabolic analytes (e.g., urea, NH4+, glucose, and pH) and the skin temperature during prolonged physical activities and wirelessly transmitted the data to the user interface using Bluetooth. The PPES was also able to monitor muscle contraction and work as a human-machine interface for human-prosthesis walking.

大成建設に聞く、ローコード開発を全社メリットにつなげる方法:内製化で成果を出すためのツール要件とは

開発の生産性とスピードの向上に効くとして、企業の注目を集めている「ローコード開発」。では現場だけでなく、全社のビジネスに寄与できるツールの選定・適用基準とは何か。大成建設に話を聞いた。

「一品生産」の弱点をローコード開発で補う
経営環境変化が激しい近年、顧客ニーズに応えるスピードがビジネス最大の差別化要素となって久しい。これに伴い、システム開発にも一層のスピードと柔軟性が求められ、SIerに外注するスタイルだけでは、納期、要件ともにニーズを満たせないケースが増えている …

(more…)