Gogoro announces Yamaha, Aeon and PGO are the first manufacturers that will use its swappable batteries in their own scooters

Gogoro, the Taiwanese electric vehicle company, has announced its first manufacturing partners. Yamaha, Aeon Motor and PGO will all launch new scooters this summer that run on Gogoro’s swappable batteries and charging infrastructure.

This means consumers who like Gogoro’s battery system will have a choice between buying Gogoro’s own scooters or scooters from its three partners. All scooters that use Gogoro’s energy network can exchange batteries at the 1,300 GoStations currently in Taiwan.

Beyond its own electric scooters, Gogoro sees its technology, most of which is developed in-house, as an open platform for electric vehicles, with the goal of reducing pollution in cities with heavy traffic. It recently launched a ridesharing platform that can be used as a white-label solution by companies that want to launch their own electric scooter-sharing program …

全自動衣類折りたたみ機「ランドロイド」開発元破産 赤字続きで発売に至らず

全自動で洗濯物を畳むロボット「ランドロイド」を開発するセブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズ(東京都港区)が4月23日、東京地裁から破産開始決定を受けた。帝国データバンクによると、負債額は22億5000万円(債権者約200人)。2014年の会社設立以来、赤字決算が続いていた。

 ランドロイドは、人に投げ込まれた乾いた衣類を本体内部で画像解析し、アームで折り畳むロボット。同社とパナソニック、大和ハウス工業の共同開発で、2017年5月の発表当初は、価格は185万円(税別)で17年度中の発売を予定していた。

しかしその後、発売予定を「18年度中」に延期。同社の阪根信一社長は「想像していた以上に生地の質は多様」「滑りやすい素材やゴワゴワの固い衣類の扱いがロボットアームにとって苦手だった」と延期の判断に至った技術課題を説明した。

18年9月にパナソニックと大和ハウス工業から10億円の追加出資を受けるも、金型製造の追加費用が不足。18年度中に製品は発売されなかった。

「ハコモノ」を作るだけじゃない!企画~建設~運営まで担う地方ゼネコンの新戦略

“元気な街”をプロデュース

富士山の湧き水を使用したクラフトビールに、窯焼きした富士幻豚のステーキ…富士山のお膝元に、先日オープンした地元食材を提供するレストラン「MT.FUJI BREWING」。

ビール工場を併設する本格ぶりで、モダンな内観に、大きな窓から見える観光地・富士山本宮浅間大社の景色も大きな売りだ。

レストランを手がけたのは静岡県三島市に本社を置くゼネコン「加和太建設」。道路や建物の建設だけにとどまらず、街のプロデュースにも乗り出したのだ。

建物をつくるだけでなく 街を良くしていくところまで

三島市内にあるコワーキングスペース「みしま未来研究所」…元は幼稚園というかわいらしい外観だが、働く人と三島の未来を担う高校生が身近に接することができる場を設け、若い起業家を生みたいと考えて作られたものだ…

LS Mini

LS Miniは、家にお持ちの家電をAI搭載家電にすることができます。寝苦しい夏の日に快適な睡眠環境を自動で構築します。また、外出先からスマートフォンでエアコンを操作したり、Amazon Echo(アマゾンエコー)やGoogle Home(グーグルホーム)に話しかけてテレビや照明を操作することもできる …

IoT維新 “エッジウェア”はじまる。

Gravioは、 データ連携ツール国内シェアNo.1の“ASTERIA Warp”で培った技術をベースにIoT 向けに進化した、AI機能を搭載のエッジコンピューティング型 IoT統合ソフトウェアです。 ノン· プログラミングと直感的な画面設計により、 使い勝手の良さを重視。 さらにはAIを活用した 認識技術の内蔵とマルチプラットフォーム対応が、 エッジならではの活用シーンを飛躍的に拡大。 各種センサーの無償貸出プログラムもご用意し、 導入の際の複雑性を解消。 様々なデータの収集、 加工、連携もエッジで思いのまま。 今まで以上に簡単かつ迅速な IoTの利活用を実現します。