Linus Torvalds takes a break from Linux

Linus Torvalds takes a break from Linux | ZDNetLinux’s creator is stepping back from his Linux kernel work — to work instead on his behavior toward other developers.

機能性合金開発の効率化のための材料探索基盤技術の開発事業

平成31年度概算要求額 9.0億円(新規)(1)(2)製造産業局 金属課 金属技術室(3)製造産業局 素形材産業室 事業の内容 事業目的・概要 低環境負荷型社会の構築及び高度化・多様化する顧客ニーズに対応するため、熱伝導性、耐熱性など機能性を高めた合金材料を迅速に開発することが求められています。 材料開発の迅速化を実現するために、実験データとシミュレーションを活 用したマテリアルズ・インテグレーション(MI)の活用が期待されています。 合金材料の開発にMIを活用するには、大量かつ信頼性の高い実験データが必要となりますが、従来の実験方法では、データの取得に相当 な期間とコストがかかることが課題となっています。 本事業では、効率的に実験を行い、データを取得する材料探索基盤 技術等を産学官が一体となり開発することで、機能性合金開発期間の短縮を目指します。

Javaではもうからない、新言語を学べ

Javaではもうからない、新言語を学べ プログラミング言語と年収の関係を示した「プログラミング言語別年収ランキング2018」をビズリーチが公表した。調査では、1位が「Go」、2位が「Scala」、3位が「Python」という結果だった。…

AI開発プロジェクトは成功までに3回失敗する、でも決して折れてはならない (1/4)

AI開発プロジェクトは成功までに3回失敗する、でも決して折れてはならない (1/4)データサイエンティストとして、数々のAI開発プロジェクトを経験したトランスコスモスの北出さんは「AI開発プロジェクトが成功するまでには、大体3回は失敗する」と話す。一体どんな失敗をしてしまうのでしょうか。その理由と合わせて解説します。…

g-io-error-quark 39 error when stopping dbus-service

g-io-error-quark 39 error when stopping dbus-serviceWhen I restart a particular computer there is an error message,

# init 6
Error getting authority: Error initializing authority: Could not connect: Connection refused (g-io-error-quark, 39)
I fo…

トヨタ河合副社長が考える「人とITのいい関係」 現場一筋55年、モノづくりの「こころ」を語る

トヨタ河合副社長が考える「人とITのいい関係」 現場一筋55年、モノづくりの「こころ」を語る(後編)中学卒業後15歳で入社以来、現場一筋55年、トヨタ初の叩き上げ副社長となった河合満氏に、『トヨタ物語』『トヨタ 現場の「オヤジ」たち』を上梓した作家・野地秩嘉氏が聞く。トヨタ生産方式の真の姿、モノ作りの神髄とは。その後編。…