認知症で行方不明1万7636人 21年、過去最多 9年連続で増加

 全国の警察に2021年に届け出があった、認知症を原因とする行方不明者は過去最多の1万7636人だった。前年比71人増で、12年に統計を取り始めてから9年連続の増加となった。21年中に所在を確認できなかったのは同22人増の236人だった。警察庁が23日発表した。

認知症の行方不明者の内訳は男性9631人、女性8005人。都道府県別では大阪の1895人が最も多く、埼玉1875人▽兵庫1804人▽神奈川1604人▽愛知1542人――と続いた。

20年以前の届け出も含めると、21年中に発見されたのは1万7538人だった。うち警察や家族らが発見したのは1万6977人で死亡した状態で見つかったのは450人、届け出の取り下げなどが111人だった。

所在確認の時期は99・4%が1週間以内で、届け出当日は73・9%だった。一方、1~2年が6人、2年以上も4人いた。