日本ネットワーク技術者協会、「IPv6基礎検定」を2023年3月から実施

 一般社団法人日本ネットワーク技術者協会は23日、IPv6を理解したエンジニアの育成を推進する「IPv6基礎検定」試験を、2023年3月から通年で実施すると発表した。

 IPv6基礎検定は、初級ネットワークエンジニアとネットワークの運用管理者を対象に、IPv6の基礎的な知識を問う試験。主教材での学習時間は約40時間を想定。設問数は40問、受験時間は60分で、合格基準は70%正解。受験期間は通年。受験料金は1万円(税別)。試験会場は全国300カ所のCBT-Solutionsテストセンター。主教材は「プロフェッショナルIPv6第二版(ラムダノート)」。

 IPv6基礎検定のスケジュールは、2022年10月にベータ試験を開始、2023年3月に本番試験を開始予定。

 日本ネットワーク技術者協会では、IPv4アドレスの枯渇とともに、IPv6対応が求められる環境が確実に増えており、IPv6を理解したネットワークエンジニアが増えることで、IPv6対応がスムーズに行えるようになるとともに、IPv6を知らないことで発生するようなセキュリティや運用上のリスクを回避もしくは軽減できるようになると説明。IPv6の専門知識をもったネットワークエンジニアを育成する機運を高めるべく、IPv6検定を立ち上げたとしている …