父の治療には、間に合わなかったが – Rakuten Medial

In 2012, my father was diagnosed with pancreatic cancer. I was ready to do anything for him to be cured. With that sole purpose, I read many scientific papers from all over the world, and I met and talked with numerous experts in the field. How could I cure my father’s cancer? I searched every single possibility available.

That is when I found out about photoimmunotherapy that was only at an early stage of research. Although I had many doubts about this completely new approach, desperate for a miracle, I immediately went to meet the researcher.

Everyone was still doubtful at that stage. But the more I heard about this research, the more it made sense …

2012年、父がすい臓がんを患った。どうにかして治したい。
その一心で、世界中の論文を読みあさり、名医と呼ばれる何人もの医師に会った。
どうすれば父のがんを治せるか。あらゆる可能性を探った。

そこで知ったのが、まだ開発の初期段階だった光免疫療法。
まったく新しいその発想に疑問を抱きつつも、わらにもすがる思いだった私は、すぐさま研究者に会いに行った。まだ、誰もが懐疑的だった。
けれど、話を聞けば聞くほど合点がいった。「これは、いける。」直感的に、そう思った。それは、インターネットが世の中を変えると確信したときと同じような感覚だった。なんとか父を救いたい。研究を加速させるため、すぐに個人的な支援を決めた。

残念ながら父の治療には間に合わなかったが、支援はつづけようと思った。経済学者だった父は、常々言っていた。「企業の使命は、人類への貢献でもある」と。残された私が決めたのは、この最新治療をできる限り多くの人に届けること。道のりは険しいだろう。けれど、がんを患う人、愛する人を助けたいと願う人が、この瞬間にもたくさんいる。そして、彼らの気持ちを、私は痛いほど知っている。

一日でも早く、一人でも多くの人にこの治療法を届けるために。