ソニーの予測分析ツール「Prediction One」がAPI機能を追加 自社アプリやツールへの予測AI組み込みが簡単に

ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社は、予測分析ツール「Prediction One(プレディクション ワン)」の新機能を9月15日から提供開始したと発表した。

「Prediction One」は、機械学習やプログラミングなどの専門知識がなくても数クリックの簡単な操作で予測分析が実現できるツールだ。自動的に評価データを構成したあと、複数の先端モデルを試して、最も精度の良いモデルを選び、そのモデルで予測精度と予測寄与度を算出してレポートを生成していく。予測結果の理由が説明できる点なども好評を博し、2019年に提供を開始して以来、申込企業数は累計で21,000社を超えている。

今回新たに追加されたのは予測API機能「Prediction One API」だ。

同APIを介せば、「Prediction One」で作成した予測モデルを、数行のコードで外部アプリケーションから簡単に呼び出せる。作成した予測モデルを自社アプリケーションや自社業務システムに組み込むことで、AIの活用の幅を飛躍的に広げられるという。