もしかしてこれで十分なのでは? 1万円ちょっとのスマートウォッチ「realme Watch S」

血中酸素濃度測定にも対応。常に身に付けていたい軽快でカジュアルな1本。

スマートウォッチと言えば、スポーツなどのアクティビティを記録できる機能を標準的に備えた、「日常的にスポーツをする人向け」あるいは「健康意識の高い人向け」というイメージの強いガジェットだったかもしれない。ところがここへきて、そうした見方にも変化が表れてきているように思う。

おそらく多くの人が、外出を控えたり在宅勤務が続いていたりすることで運動不足を自覚しているだろうし、感染症対策のために体調管理の重要性も認識するようになったはず。そんな理由から 「適切に健康を維持していきたい」と考えたときに、最も気軽に使えるサポートアイテム として、まさにスマートウォッチに注目が集まっているのだ。

ただ、スマートウォッチの選択肢はあまりにも多い。健康維持が目的となると、長く付き合っていくことになるだけに「買い物に失敗したくない」という気持ちも生まれてしまう。一体どれを選べばいいの……と迷っている人にぜひチェックしてほしいのが、今回紹介する「realme Watch S」だ。