Pythonの成長は「爆発的」–AnacondaのCEOが分析する快進撃の要因

「Python」プログラミング言語が存続しなかったかもしれない理由はいくつかあるが、その存在に感謝している開発者やデータサイエンティストは膨大な数にのぼる。Pythonは少なくとも2つの異なるコミュニティーに分岐する可能性があったが、そうはならなかった。発展と繁栄を遂げるためには、「Go」や「Swift」のように企業から多額の資金提供が必要だったはずだが、実際には不要だった。データサイエンスの分野では「R」に注目が集まり、Pythonは相手にされないとみられていたが、そうなってはいない。

むしろ、Pythonは世界で最も有力なプログラミング言語の1つとして成長を続けている。それには十分な理由があるし、断片化や先述のどの問題も起きなかったことにも妥当な理由がある。Anacondaの共同創設者で最高経営責任者(CEO)を務めるPeter Wang氏は筆者に対し、Pythonの持続的で「間違いなく爆発的な」成長と、他のプログラミング言語が追いつけそうにない理由について語った。

Pythonには特別な何かがある …