NEWS

社会問題との関係変化 “ツバメのマンション”に異変

 古くから私たちと共に生きてきた渡り鳥のツバメが近年、県内でも見かけなくなってきています。なぜ、ツバメはいなくなったのか?背景には私たちの生活の変化があることが最新の研究で明らかになってきました。

静岡市清水区ののどかな山間にあるガソリンスタンドには80を超えるツバメの巣が作られ「ツバメのマンション」として親しまれてきました。しかし2021年、この場所である異変が起きていました。
<大木石油 大木久さん>「一番多いときは200羽くらい来てましたね 今年は…せいぜい20羽。急に激減だから、こっちもびっくりしている」
2021年は、このマンションに飛来したツバメの数が例年の10分の1に。マンションはいわば空き家だらけの状態です。


<大木石油 大木久さん>「ここにいるだけだね」
ツバメが減ってしまったことに地元の小学生も首をかしげます。
<地元の小学生>「ツバメの鳴き声がなくなったから寂しい」「地球温暖化とかそういうのだと思う」
渡り鳥のツバメは冬を温かい東南アジアなどで過ごし、春になると子育てのため日本にやってきます。そのツバメがなぜ減っているのか?ツバメの保護活動と詳しい調査を進めている日本野鳥の会は最新の研究の結果、のどかな地方でも子育てができない環境が広がっていると指摘します。