Medical CareNEWS

スマートウォッチの所有率は38.0%、うち78.7%が「新品端末」、「中古端末」は8.7% スマートウォッチでよく利用する機能の上位は「歩数計、通知、心拍測定」

MMD研究所は、スマートフォンを所有する20歳~69歳の男女658人を対象に2021年1月18日~1月21日の期間で「2021年スマートウォッチに関する利用実態調査」を実施いたしました。

【調査結果サマリー】
■ スマートウォッチの所有率は38.0%、うち78.7%が「新品端末」、「中古端末」は8.7%
■ スマートウォッチでよく利用する機能の上位は「歩数計、通知、心拍測定」
購入理由で最も多かった回答は「健康管理をしたいから」
■ スマートウォッチ非所有者の興味度は30.1%、興味がある理由の上位は「健康管理をしたいから」「スマートフォンとの連携性が良いから」「スマートフォンを取り出さずにすむから」…