NEWS

Uberの空飛ぶタクシー開発、NASAと提携強化で管制シミュレーション実施へ。米軍も技術開発に100万ドル投入

Uberは2017年、空飛ぶタクシーElevate開発プロジェクトにおけるソフトウェア開発でNASAと提携していることを公表しています。そして今回、Uberは都市型フライングタクシーサービスの管制システムを構築するため、NASAの第2回宇宙活動協定(Space Act Agreement)に署名しました。この提携により、Uberはフライングタクシー計画の詳細をNASAと共有し、将来的に発生する空の交通がどのように機能し、空の交通事故が発生する可能性やその他起こりうる問題についてシミュレーションするために協力します。シミュレーションは、まずフライングタクシー計画に積極的な姿勢を示すダラス-フォートワース地域を想定して行い、ついでロサンゼルスでも行うとのこと。

NASAの航空研究ミッション本部(ARMD)は「都市部のエアモビリティは、まるでスマートフォンのように、人や貨物の輸送分野に根本的な革命をもたらすだろう」と述べています。Uberがフライングタクシーを事業化するためにも、地上から…