Medical CareNEWS

ヒトES細胞から小さな「腸」作成 成育医療研究センターが成功

Posted



 国立成育医療研究センターは1月12日、ヒトのES細胞から小さな腸管「ミニ腸」を作ることに世界で初めて成功したと発表した。腸の難病治療や創薬開発につながる画期的な成果だとしている。

ES細胞は、人の受精卵(胚)の一部から取り出した細胞を培養したもの。iPS細胞と並び、さまざまな組織に分化する万能細胞として知られる。

万能細胞を培養し、生体に近い臓器を作成する研究も行われているが、腸管は組織が複雑で、発生の早期に各組織が分かれるため、試験管内での再現は極めて困難とみられていた。

研究グループは今回、細胞の培養空間を工夫。培養底面の基材に微細加工技術を応用するなどし、細胞が自己組織化する能力を引き出した。

作成したミニ腸は1~2センチ程度の大きさ。ヒトの腸のように自律的なぜん動運動を行い、吸収・分泌も行えるほか、ヒト用の下痢・便秘薬にも生体の腸同様に反応するという。試験管内で長期に生存し、薬剤試験にも繰り返し使用できるという。