NEWS

Google Cloud Platformは業務アプリケーションの移行先となるか

Posted



Googleのクラウドサービスはビジネスユーザーを考慮し、2016年に大幅な進化を遂げている。こうした改善は2017年にも続きそうだ。

Amazon Web Services社が提供するパブリッククラウド「Amazon Web Services」(以下、AWS)は好評を博している。その結果、クラウドサービスとして利用できる他の大手競合インフラが見逃されがちになっている。例えば、Googleの「Google Cloud Platform」(GCP)などがある。多くのユーザーは、Googleの「Google Apps for Work」(2016年9月、「G Suite」に改称)を介してGoogleのクラウドサービスに慣れ親しんでいる。だがGCPにとってAWSは、クラウドサービスの手ごわい競合相手として立ちはだかっている。その原因は同社のIaaS(Infrastructure as a Service)の「Google Compute Engine」(GCE)とPaaS(Platform as a Service)の「Google App Engine」(GAE)にある。