iPhone搭載の「iOS」を好む人と、「Android」が大好きな人の違い


Appleの「iOS」とGoogleの「Android」。この2つの最大の違いはカスタマイズ性だ。新たにスマートフォンを購入する場合は、カスタマイズする/しないのトレードオフ関係を、大局的に検討する必要がある。

通信事業者とスマートフォンのプランを絞り込んだら、後はスマートフォンを選ぶだけだ。特定のプラットフォームに縛られることに不満がないのなら、またはお気に入りのメーカーがあるのなら、スマートフォンを選ぶのは簡単だろう。だが、変化を求めている場合や初めてスマートフォンを持つ場合には、新たに購入するスマートフォンを決めるのは気が遠くなるようなタスクになる。それは、数百とは言わないまでも、数十もの選択肢があるからだ。

進化が著しい「赤ちゃん向けIoTデバイス」




最近、赤ちゃん用に開発されたIoT製品やロボット製品を目にして、舌を巻くことが多くなった。赤ちゃんの生活がテクノロジーによって改善されようとしていることに、感心せずにいられない。

今回はそんな赤ちゃん用のIoT製品やロボット製品を三つ紹介しよう。

米Wearless Techというスタートアップが開発した「Cocoon Cam」は、新世代の「赤ちゃん用モニターカメラ」だ。赤ちゃんの様子を見守るモニターカメラは、IoTというコンセプトが出てくるずっと前からアメリカでは数多く製品化されていた。離れた部屋にいても赤ちゃんが泣いている様子を知りたいというニーズは、広い家に住むアメリカならではだ。

太陽光発電事業者の倒産 理由は「事業上の失敗」、「資金欠乏」が多め



10月31日、東京商工リサーチは2016年1~9月の太陽光発電の関連事業者の倒産件数は42件(前年同期比10.5%増)に達すると発表した。このままのぺースで推移すると、2015年の54件を上回り、調査開始(2000年)以降、最多を記録すると見込まれる。

倒産原因は「安易な事業計画」「過小資本」

東京商工リサーチによると、倒産原因として「販売不振」が最も多く21件(構成比50.0%)と半数を占めた。次いで、「事業上の失敗」8件(同19.0%)、「運転資金の欠乏」6件(同14.2%)と続く。

また、全業種通しての倒産(6,360件)の理由と比較すると、「事業上の失敗」は全業種だと4.6%(295件)のところ19.0%(8件)、運転資金の欠乏を含む「過小資本」が全業種だと5.3%(338件)のところ16.7%(7件)と、太陽光発電事業者の倒産理由には特徴があることがわかる。

東京商工リサーチは、「事業上の失敗」については実現性を欠いた安易な事業計画で参入したり、過小資本で参入したが業績の見込み違いから倒産するケースや、想定よりも市場規模が拡大せず思い描いた受注を獲得できず行き詰まるケースが多い 同業他社との競合で低採算に陥って財務基盤の強化が遅れたり、営業活動で十分なキャッシュフローを創出できず行き詰まるケースなどが確認されている。そのため、太陽光関連事業は他業界よりも厳しい競争環境にさらされていると見ている。

Tesla、一般道での完全自動運転の動画を公開



Teslaが、一般道を完全自動運転(人間が操舵しないNHTSAの「レベル4」)の3分30秒のタイムラプス動画を公開した。センサー付きカメラが歩行者や標識を検知して停止したり避けたりする様子が分かる。
3分30秒のタイムラプス動画の間、運転席に座っている人は1度もハンドルに手を置かない。

つまり、米運輸当局のNHTSAが「レベル4」と定義する、「加速・操舵・制動をすべてシステムが行う」運転で一般道を走行しているようだ。

同社は10月、すべてのTesla車両に完全な自動運転機能を搭載すると発表しており、この機能を使っているとみられる。

動画は、メインにフロントガラスから人間が見る映像が、右側に車の3カ所に搭載したセンサー付きカメラの映像が並ぶ。センサー付きカメラでは、センターラインや車や歩行者、標識などを検知している様子が分かる。

例えば、飛び出してきた自転車や、車道にはみ出し気味で歩く歩行者に反応して自動的に止まったり、一時停止の標識で一時停止したりするのが分かる。

ROBOT FLYING TAXI TAKES ITS FIRST AUTONOMOUS FLIGHT



AN AIR MULE BY ANY OTHER NAME

Nine years ago, the Air Mule was an almost-believable concept: a flying robot taxi that could get people out of dangerous battlefields without endangering a pilot or crew. It was the exact sort of gizmo one expects from Popular Science: an amazing machine of the future, almost like a flying car, that seemed plausible but just out of reach.
Not anymore. In January of this year, the Air Mule took its first flight: a short, wobbly hop from the side of a parking lot to a space a modest distance away. On Tuesday, Air Mule makers Urban Aeronautics announced two major feats for the Air Mule program. The first is a new name: Cormorant, after the family of coastal birds. The second is a full, autonomous flight on a preplanned route:

Watch out: ɢoogle.com isn’t the same as Google.com




If you don’t watch where you’re going on the internet, before you know it you might be headed down a dark alley. This fake Google website proves that.

Like a lot of big websites, we use Google Analytics to keep track of traffic on TNW. A few weeks ago, however, we spotted something that looked a bit out of the ordinary.

Yep, that’s some proper Analytics spam to vote for Trump. It looks like you can get special access to something by copy-pasting the link to a Google website.

But something seems a bit off about the link — the capital G seems smaller than normal, being about the same size as a lowercase letter. Let’s take a closer look.

Oracle Buys Dyn

Extends the World’s Most Comprehensive Cloud Computing Platform with the Leading Cloud-based Internet Performance and Domain Name System (DNS) Solution.

Oracle today announced that it has signed an agreement to acquire Dyn, the leading cloud-based Internet Performance and DNS provider that monitors, controls, and optimizes Internet applications and cloud services to deliver faster access, reduced page load times, and higher end-user satisfaction.

Dyn’s solution is powered by a global network that drives 40 billion traffic optimization decisions daily for more than 3,500 enterprise customers, including preeminent digital brands such as Netflix, Twitter, Pfizer and CNBC. Adding Dyn’s best-in-class DNS solution extends the Oracle cloud computing platform and provides enterprise customers with a one-stop shop for Infrastructure-as-a-Service (IaaS) and Platform-as-a-Service (PaaS).

Finally, Our Own OS – Oh Yes!




At last – we’ve done it! I’ve anticipated this day for ages – the day when the first commercially available mass market hardware device based our own secure operating system landed on my desk. And here she is, the beaut.

This unassuming black box is a protected layer 3 switch powered by Kaspersky OS and designed for networks with extreme requirements for data security.

And there’s plenty more in the pipeline where this came from too, meaning the tech will be applied in other Internet-connected bits of kit, aka the Internet of Things (IoT). Why? Because this OS just so happens to be ideal for applications where a small, optimized and secure platform is required.

The operating system boasts several distinctive features. Let me run through the main ones briefly…

サムスン、自動車内部の“宗主国”目指す 〜 ハーマン買収でAIも強化



米国のシリコンバレーとデトロイトの関係が急激に複雑化している。一部の自動車メーカーは米ウーバー・テクノロジーズ、米アップル、米グーグルを協力者として捉え、これらの企業が開発したスマートフォン向けソフトを自社製のクルマのダッシュボードに採用している。

一方、これらのIT(情報技術)企業を脅威と見る自動車メーカーもある。彼らは、アップル製のスマートフォン「iPhone」が台頭しノキア(フィンランド)の携帯電話事業を消滅させたのと同じ運命を自分たちにもたらすのではないかとおののいている。

韓国サムスン電子のヤン・ソン社長兼CSO(最高戦略責任者) は自動車業界が大きく揺らぐ可能性を予見している。同氏は11月14日、「未来のクルマ」はテクノロジーによって今とは違ったものになるだろうと語った。「従来型の携帯電話(フィーチャーフォン)がこの10年の間に洗練された高機能デバイスへと変貌した。これと同じプロセスを辿る」と言う。

Salesforce.comがAIに本腰、競合とどこが違うのか



世界の有力なITベンダーがこぞってAI技術の研究開発と事業化に注力する中、独立系クラウドサービス専業最大手のSalesforce.comが満を持してAI戦略を打ち出した。果たして競合他社と比べてどこが違うのか。

「誰かのために生きてこそ、人生には価値がある」――。米Salesforce.comのマーク・ベニオフ最高経営責任者(CEO)は2016年10月、アルベルト・アインシュタイン博士のこの言葉を引用しながら、博士の名にちなんだAI(人工知能)プラットフォーム「Salesforce Einstein」を自社イベントで初披露した。その内容について、日本法人のセールスフォース・ドットコムが11月16日、日本で初めて記者向けに説明会を開いた。

AI技術の研究開発と事業化に向けては、GoogleやFacebook、IBM、Microsoftなど世界の有力なITベンダーがしのぎを削っている。そんな中、独立系クラウドサービス専業最大手のSalesforceが満を持して打ち出したAI戦略は、競合他社と比べてどこが違うのか。