私たちは如何にして「データ」から「人」に寄り添っていくべきなのだろうか?――データのヒューマナイジングの取り組みから

東京大学大学院の渡邉英徳教授と、東京大学学生の庭田杏珠さんが、AIとヒトのコラボレーションによって写真をカラー化し、対話の場を生み出す「記憶の解凍」プロジェクトを進めている。2020年7月には『AIとカラー化した写真でよみがえる戦前・戦争』(光文社新書)を出版した。二人が重視しているのが「ひとつひとつのデータの向こうには人がいる」という「データのヒューマナイジング」の姿勢だ。そこにはどのような思いがあるのか、気鋭のデザインエンジニア、Takram代表の田川欣哉氏が聞いた。

「点」であるデータから、如何に生々しい「記憶」を伝え、「思い」を感じてもらうか?

渡邉:田川さんにまず、この「リキッド・ギャラクシー」システムの画面を見ていただきたいと思います。赤と青の点がさまざまな方向に向けて動いたり、止まったりしています。それぞれの点には氏名が添えられています。これは、2011年3月11日に発生した東日本大震災において、地震発生直後から津波襲来までの間に、岩手県の陸前高田市で亡くなった方々の行動の記録です。岩手日報社による聞き取り調査をもとに、最期の30分間の行動を可視化しました。赤い点は女性、青い点は男性です。