Create augmented reality apps, no coding required

Lowering the bar for AR development will lead to a breakthrough for enterprise AR adoption.

Augmented reality for the enterprise is still such a burgeoning technology that it’s been impractical for many SMBs to create their own custom apps. Like the early days of web dev and mobile apps, the options have been hiring a specialist to go custom or using a white label.

A company called ScopeAR, which we’ve been tracking, is among the first to offer web-based AR authorship that requires no coding — though it’s a safe bet the technology is about to proliferate as mixed reality gains broader enterprise adoption.

Create the FUTURE Health

未来の健康を、作る。

「いつまでも健康であって欲しい。」
親が子を想い、子が親を想う気持ちが自然なように、
人々の健康を願う気持ちは、いつの時代も変わることはありません。

その想いが形に表れ、自然に行われている社会をつくる。

未来の子供たちのために、今私たちができること。
口に入れるもの、肌に触れるもの、心に感じるもの。
その全てに、安心と優しさを実現する。
私たちが、未来の健康をつくります。

LifeStyle Personal Image Creator
SPIC

Redefining the ecosystem of wearable

The future lies with disruptive technology. It’s set in motion. This era will witness a transformation that not only redefines the ecosystem of wearables but gestates a whole new purpose, one which is intuitive, unobtrusive and a natural extension.

LECHAL 2.0

CONNECTED VIA BLUETOOTH • WATER RESISTANT • TRIM TO FIT / ANTI-BACTERIAL / EVA AND ORTHOLITE VARIANTS FOR CUSHIONING / UPTO 1 YEAR DURABILITY

EASY & CONVENIENT CHARGING WITH TWIN USB CABLE / WIRELESS CHARGING COMING SOON / CHARGING TIME: 2 HRS

Where’ moneis going?


いよいよ、12日(月)からですぞ‼️現金でのご利用はお手数ですが、箱根そば新百合ヶ丘店をご利用ください🙇

現金はお使いいただけなくなります。

ヤマトや佐川も無視できない「物流プラットフォーマー」がもたらす地殻変動

ウーバー、ハコベルカーゴ、Pick Go
台頭する物流プラットフォーマー

物流業界が転換期を迎えている。外食デリバリーのUber eats(ウーバーイーツ)(運営企業:Uber Japan)をはじめ、軽貨物で安さがウリの「ハコベルカーゴ」(同:ラクスル)、ネット通販向け即日配送の「Pick Go」(同:CB cloud)など、荷物と運び手をつなげるプラットフォーマーが物流業界で勢力を広げている。この動きに対し、ヤマトがラクスルに、佐川がCB cloudにそれぞれ出資するなど、既存大手がプラットフォーマーを取り込む動きを見せるなど、業界の勢力図にも影響が及び始めている。

プラットフォーマーの台頭には、2つの必然性がある。1つは荷主からの要請だ。DX(デジタルトランスフォーメーション)の進展により、荷主企業ではサプライチェーン上の情報を統合して経営効率を高める取り組みが活発化しているが、その1つにビッグデータやAIを活用した輸送ルート/手段の最適化による物流コスト低減がある。

物流企業は、多様な輸送手段や細分化された配送網など、常に最適な物流サービスを提供できる体制(フィジカルインターネット)で荷主からの要請にキャッチアップせねばならないが、一社単独では対応に限界がある。このため物流企業も、オープンプラットフォームに参画するインセンティブが自然と働く。