日本初「食べられる培養肉」東京大、日清食品HD

東京大と日清食品ホールディングスの研究チームは31日、肉の細胞を培養して作る「培養肉」について、国内で初めて人が実際に食べられる素材を使って牛肉の培養肉を作ることに成功したと発表した。

作った培養肉は、長さ4・5センチ、幅2センチ、厚さ1ミリ、重さが2グラムほどで、しゃぶしゃぶ肉のような形をしている。チームがこれまで作成してきた培養肉は研究用の素材を使っていたため食べることができなかったが、今回は独自開発した食用可能な素材を使った。研究の内容について倫理面や安全性を審査する東京大の委員会の承認を得て、実際に試食も行ったという。

培養肉の研究は世界中で盛んだが、その多くがミンチ状のものだ。これに対してチームは、肉本来の味や食感が楽しめるステーキ肉状の培養肉の実用化を目指している。筋組織の立体構造を人工的に再現する研究を進め、2019年には約1センチ角のサイコロステーキ状の培養肉の作製に成功している。