神戸医療産業都市は デジタルヘルス分野の事業化を支援します

なぜ今デジタルヘルスなのか

近年、ライフサイエンス分野においては、病気の予防や早期発見、更にはQOL向上に対してのニーズが高まっており、ICT技術を用いたツールであるデジタルヘルスが、その解決手段として注目を集めています。

しかし、デジタルヘルス領域の事業では法規制や収益化など、製品化に至るまでに多くの課題が存在します。神戸医療産業都市では、多数の創薬・再生医療・医療機器等のライフサイエンス企業が拠点を形成。事業化支援によって、これまで多くのイノベーションを創出してきました。

神戸医療産業都市は、様々な支援メニューによってデジタルヘルス領域の事業成長に課題を抱える企業をサポートします。