BOLDLY、ハンドルがない自動運転バスの冬季運行–除雪、凍結防止剤などで環境整備

ソフトバンクの子会社であるBOLDLYは12月13日、自動運転バスの冬季運行を実施すると発表した。12月15~19日、北海道上士幌町で自動運転バス1台を活用し、1日20便を運行する。

雪や氷点下の環境が想定されるため、行政と連携して除雪、凍結防止といった道路環境の整備を実施し、町内で新たに整備されたシェアオフィスやホテル、道の駅、交通ターミナルなどの拠点を循環する。

走行距離は片道約3.2キロメートルで、全長は6.4キロメートル。速度時速20キロメートル未満で停留所が全6カ所、所要時間が片道約20分の全区画を自動運転する。住民の日常的な移動手段や「かみしほろシェア OFFICE」「かみしほろワーケーションパック」などのワーケーション用途、観光などを目的とする来訪者の2次交通としての活用を想定しているという。