OSS ライセンスの最近の潮流 : PolyForm License について

開発中のソフトウェアのライセンスを策定するため、現時点でのベストプラクティスについて探っていたところ、ここ数年の OSS ライセンスの動向が面白かったので復習も兼ねてまとめました。

特に、Umbrel が採用したという PolyForm という新しいライセンス形態が面白かったので、これについて詳しく述べます。

なぜ今ライセンスについてまとめるのか
私はソフトウェアやサービスをマネタイズする方法について興味があり、特にビットコインの応用について調べたりしています。

ビットコイン (Lightning Network) を HTTP で利用することで、Web API の課金方法の可能性は大きく広がることは間違いないのですが、これはあくまで単なる支払いの手法であって、広く使われる事を前提としたソフトウェアの開発を支える手法にすることは(それだけでは)難しいという問題があります。

ソフトウェアの収益化にまつわる問題は昔から存在します。DAO とか ICO などといった新しい手法で解決を目指す潮流も有るようですが、フリーライダー問題をトラストレスに防ぐのは一般に非常に難しくどうしても法律マターにならざるを得ないと私は考えています。Bitcoin 自体がパクられまくっているから言うまでもないですね。パクれないのは BTC の価値だけです …