人間の言葉からプログラムを自動的に書く「OpenAI Codex」を触って考えたこと

OpenAIが先日発表した新技術「OpenAI Codex」は、一言で言えば、「プログラムを自動的に書くAI」である。

「自動的に書く」と言っても、何もないところから書くわけではなく、人間が「画面に猫を出せ」などと指示を与えると、その通りに書くというAIになる。

このOpenAI Codexを使っている様は、なかなか面白い。

「画面に宇宙船を出せ」とか、「そいつを丸く切り取れ」とか「もっと小さくしろ」とか矢継ぎ早に指示を出していくと、プログラムがその通りに生成される。なるほど凄い。まるで魔法である。

しかし我々は常に眉に唾をつけて考えなくてはならない。これは果たしてどこまで本当のことなのか、どこまでが誇張されたショーで、どこからが本当なのか …