新たな仮想化「データ仮想化」とは?「Actifio Sky」「Denodo Platform」とは? 

多様化し続けるデータの活用に威力を発揮する技術が「データ仮想化」だ。データ仮想化は、異なる場所にある複数のデータソースや、異なるデータフォーマットのデータを、1つの仮想的なデータソースに集約し、データ統合を実現する。データ仮想化は、企業のデータマネジメントを簡素化し、コスト削減に貢献し得る。

企業には幾つかのデータサイロ(利用する業務や部門ごとに特化したデータソース)がある。こうしたデータサイロはたいてい、大規模なデータリポジトリにひも付いたアプリケーションという形で存在し、他のアプリケーションから隔離されている。データ仮想化ツールを使えば、企業はこれらのデータサイロを仮想的に集約し、企業内の全てのデータを見かけ上、1つの場所にまとめることができる。これによって他のアプリケーションがデータサイロ内のデータを有効活用しやすくなる。

データ仮想化は、一元化されたデータリポジトリへのリンクとしてデータの「仮想コピー」を生成する。そのため企業はデータの物理コピーを都度取得する必要がなくなり、ストレージコストを削減しやすくなる。企業全体でデータの一貫性を高めるのにも役立つ。