貼るだけでリチウムイオン電池の火災を抑制、消火フィルムを新開発!

貼凸版印刷は2021年2月15日、リチウムイオン電池用の消火フィルムを開発したと発表した。消火成分を含んだフィルムで、電池から発火した際に、有害なガスを発生させず、延焼を抑制できるという。

今回開発した製品はこうした電池の火災による被害を抑制するためのもの。消防関連製品メーカーのヤマトプロテックが開発した消火効果の高いエアロゾルを放出する消火剤と、凸版印刷が持つ塗工技術および透明蒸着バリアフィルム「GL BARRIER」を組み合わせた。火災発生時の熱に反応して消火剤エアロゾルを放出し、負触媒作用により消火する仕組みだ …