DevelopmentNEWSTech

ファーウェイもアリババも オープンソースが根付き始めた中国

中国オープンソースカンファレンス2020(COSCon’20)が10月24~25日、オンラインと北京・上海・成都・深圳の4都市の会場で開催された。

カンファレンスでは華為技術(ファーウェイ)、アリババ集団、騰訊控股(テンセント)、滴滴出行(DiDi)といった中国を代表する企業の幹部が登壇し、オープンソース推進を打ち出した。ファーウェイの「Harmony OS」やアリババの「AliOS Things」、テンセントの「TencentOS Tiny」など、各社は組み込み用途向けなどにオープンソースのOS(基本ソフト)を公開している。