AITech

ファミリーマート、ロボット導入で省人化

ファミリーマートと、ロボティクス企業のTelexistenceは、コンビニの店舗運営を、遠隔操作ロボットで行なうためのプラットフォーム開発について協業することに合意した。今夏から都内店舗でロボットを投入し、2022年に最大20店舗への展開を目指す。

Telexistence製のロボットと、Augmented Workforce Platform(拡張労働基盤、以下AWP)を活用し、コンビニ運営で工数が大きいとする商品検品・陳列業務を、遠隔操作化・自動化する。これにより、物理的な店舗立地に制約されない、自由度の高いスタッフ採用や、店舗の省人化が可能な新しい店舗オペレーションを開発する …