NEWSTech

NTTとIPAの「シン・テレワークシステム」はラズパイだった 1ユーザーあたり月14円で運用可能

東日本電信電話株式会社(NTT東日本)と独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は14日、契約やユーザー登録が不要ですぐに利用できる無償のVPN+リモートデスクトップ環境を実現するサービス「シン・テレワークシステム」のシステムの詳細、利用状況経過報告、および新機能などについて解説した。今回IPAがこの施策のために、国のお金を使って調達した物品は、SSL-VPN中継システムのハードウェア50台のみだった。具体的には、シングルボードコンピュータ、ケース、ストレージ、電源、LANケーブル50台分をすべて含めた金額である …