NEWSTech

UbuntuとCentOSが減少 – 10月Webサイト向けLinuxシェア

UQ-Successから2019年10月のWebサイト向けLinuxディストリビューションのシェアが発表された。2019年10月はUbuntuとCentOSがシェアを減らした。

Q-Successの調査によれば、Webサイト向けのLinuxディストリビューションのシェアにおいては、Ubuntu、Debian、CentOSの3つが抜きん出ており、これらでシェアの75%以上を占めている。しかし、この1年でトップ3は下落傾向を続けている。

理由は定かではないが、クラウドやコンテナで提供されているカスタムされたLinuxディストリビューションにシェアが移っている可能性があると見られる。

Q-Successは、上位1000万のWebサイト(2013年6月までの上位100万)を調査対象としており、Alexaによって提供されたWebサイトの人気ランキングの3カ月の平均順位を用いている。