NEWSNext Home

米国の住宅にイノベーションを – スマートハウスのHOMMA,INC.が事業説明会

HOMMA,INC.は2018年7月31日、都内で事業説明会を開催した。

同社は2016年に米シリコンバレーで創業したスタートアップ企業で、デザイン性の高いスマートハウスを建設・販売する。

創業者でCEOを務める本間毅氏は「シリコンバレーの企業のイノべーションによって電話はスマートフォンになり、クルマは電気自動車になった。これに対し、住宅は100年間ほとんど変わっていない。iPhoneやテスラのようなイノベーションを住宅にも起こしたい」と話す。

米国の戸建住宅は中古が89%と大半を占め、新築は11%にすぎない。しかも新築の9割が建売住宅となっている。しかし、建売住宅は仕上げの品質や工期にばらつきがあること、外部委託するためデザインが売れ筋であるオーソドックスなものになりがちであるといった問題があるという。

HOMMA,INC.では、こうした既存の建売住宅とは一線を画し、ユーザーエクスペリエンス(UX)を重視したデザインによる住宅作りをコンセプトとする。また、テクノロジーの導入を前提としたデザインのため、住みやすく先進的な住宅を実現することができる。

スマートロックやスマートドアといったスマートホーム関連デバイスは施工時にビルトインし、メンテナンス性も考慮して設置。従来のスマートホームのようにAIスピーカーやスマートフォンアプリで照明や空調機器をコントロールするだけでなく、接続したデバイスからの情報を集約・活用し、自律化・自動化する。また、宅内に設置するWi-Fiのアクセスポイントは、スペースが広い米国の住宅では接続性がしばしば問題となる点を考慮し、法人向けを採用するという。