NEWS

米製無人機に防衛関係各所が注目のワケ 長崎で試験飛行実施 背景に少子化問題も

米製大型無人機が長崎でデモンストレーション

2018年5月9日から24日まで、アメリカの無人航空機メーカー、GA-ASI(ジェネラルアトミクス・エアロノーティカルシステムズ)が、長崎県壱岐市の壱岐空港で、同社の無人航空機「ガーディアン」の飛行実証試験を実施しました。防衛省を除くと、日本国内の大型の無人航空機の飛行実証試験が行なわれたのは、今回が初めてです。

GA-ASIは今回の飛行実証試験を実施するにあたって、壱岐空港と新潟空港、下地島空港の3空港を調査しましたが、新潟空港は人口密集地域に近く、宮古島の下地島空港は中国を刺激する可能性が高かったことや、地元自治体の協力度などから、壱岐空港が実証試験地に選ばれたようです。

今回の試験は単に「ガーディアン」を飛行させるだけではなく、搭載する監視用の「シービュー」レーダーと光学/赤外線センサーを使った壱岐島や五島列島の観測実験、船舶の往来の多い玄界灘の上空を飛行して、一定規模以上の船舶に搭載が義務付けられている…