NEWS

ヤマハ、「v6プラス」対応のRTX1210/RTX830用ファームウェア公開

 ヤマハ株式会社は24日、企業向けのVPNルータ「RTX1210」「RTX830」用の新ファームウェアを公開したと発表した。日本オラクルのクラウドサービス「Oracle Cloud Infrastructure」とのVPN接続に対応したほか、IPv6接続サービス「v6プラス」をサポートしている。

ヤマハでは2010年から、パブリッククラウドサービスと自社のルータ「RTXシリーズ」とのVPN接続対応を進めており、現在はAmazon VPCやMicrosoft Azure、ニフクラ(旧名称:ニフティクラウド)など、さまざまなクラウドサービスとのVPN接続が検証済みとなっている。

今回の新ファームウェアではさらに、日本オラクルのOracle Cloud InfrastructureとのVPN接続に対応。Oracle Cloud InfrastructureとヤマハルータをVPN接続する際に有効な設定例も、今後公開する。この設定例は日本オラクル、ヤマハの双方が検証済みで、ルータの円滑な設定をサポートするとしている。