NEWS

核シェルター、日本で販売急増「4月だけで2016年超えた」 1ついくら?



北朝鮮がミサイル実験を強行するなか、日本では核シェルターの販売が急増している。核シェルターの設計・施工・販売を行う神戸市の織部精機製作所は、2017年4月1日〜25日の受注数が、2016年の年間注文数9件を超えたとハフポストに語った。サリンなど有毒ガスを排除する空気清浄機の販売も伸びているという。

前社長の織部信子氏によると、同社が施工する核シェルターは、建てたい場所の敷地に合わせてオーダーメイドでつくられる。通常は地下に建てられることが多く、部屋は厚さ20cmのコンクリートで囲まれる。

13人用の部屋で2500万円。ただし、部屋の広さが倍になると、施工費用も倍になるというわけではない。部屋に設置する空気清浄機が13人まで対応しているからというためで、「敷地面積が許せば、なるべく大きい部屋を作られるようおすすめしています」とのことだった。