NEWS

マーケティング部門がIT部門と連携せざるを得ない理由

Posted



IT部門とマーケティング部門は長年こじれた関係にある。だが、マーケターは顧客理解を深める必要上、ITに投資し活用せざるを得ない。新たなビジネスを育てるため、今こそ両部門は長年の確執に終止符を打つべきだ。

現在、業種を問わずあらゆるビジネスの在り方を変容させているものが1つある。データだ。多くの企業が既に複雑なデータの状況に対応しているように見えても、やはりそれは事実とは異なる。マーケティング部門は、企業とその顧客との関わりを深めることがミッションになっているが、依然としてこのデータの問題から抜け出せず、現行の手法に甘んじているのが現実だ。

マーケティング部門が抱えている課題と、IT(情報システム)部門のサポートが必要な理由を理解できるように、状況を説明したい。部門間の連携は、費用対効果の高いモダンマーケティング戦略の肝である。