AINEWS

2035年には人工知能によって先進12カ国の経済成長率が倍増し、労働生産性は最大40%向上

Posted




アクセンチュアが発表した「ARTIFICIAL INTELLIGENCE: what it means and why it’s the FUTURE OF GROWTH」によると、人工知能(AI)が仕事のあり方を変え、人間と機械との新たな関係性を生み出すことにより、2035年には年間経済成長率が倍増する可能性があり、労働生産性は最大で40%高まると予測し、AI技術の成熟が経済成長を促し、ここ数十年の生産性の低迷や労働力不足といった問題に対する強力な打開策になりうるとしています。