NEWS

農林族が自責の弁「ずっと心の重しだった」

Posted



昨年11月、農林族議員のあいだに衝撃が走った。環太平洋経済連携協定(TPP)対策を話し合う自民党の会合に出席した谷津義男元農相が「農林族のわたしをはじめみんな悪い」と語ったのだ。谷津氏も策定に関わったガット(GATT)・ウルグアイ・ラウンドの対策費のことだ。

コメ市場の部分開放が決まった1993年のウルグアイ・ラウンド合意を受け、政府は6兆100億円という巨額の対策費を計上した。この対策はその後、農業強化とは何の関係もない温泉施設などをつくり、批判の的になった。谷津氏は自民党の会合で「大反省をしている」「今日は謝りに来た」などと話し、同じ過ちをくり返すべきではないと訴えた。