NEWS

自動車業界におけるHadoop活用、データサプライチェーンで得られる付加価値とは

Posted

 IoTはさまざまな工業製品や家電製品、そして工場などの生産現場などに新しい付加価値を提供する技術として期待されている。しかし、こうした付加価値を最大化するには、センサーから流れてくるデータフローを効率的に集約し、リアルタイムな分析を可能にする基盤が欠かせない。 現在のIoTシステムでは大量のデータフローを処理し切れず、特定用途に絞って解析を行っているケースが多い。例えば数百万台の自動車から発信されるテレマティクスデータを、エンジンメンテナンス、運転傾向分析、プッシュ広告付きリアルタイムナビゲーションなどに生かそうとすると、膨大なデータフローを処理するビッグデータ分析環境が必要になる。

本コンテンツはコネクテッドカーを取り上げ、データサプライチェーンが提供する付加価値を最大化させるためのビッグデータ分析環境の条件を解説している。この分野での活用が拡大している「Apache Hadoop」の機能についても紹介し、ユーザーサービスから車両開発まで幅広い用途でのイノベーションを分かりやすく示している。