NEWS

トランプ大統領、爆誕 ――どうなる米国の太陽光発電政策

Posted

本日開票が進んでいた2016年米国大統領選挙において、ドナルド・トランプ氏が270票以上を獲得し、当選が確実となった。上院・下院においても共和党の勝利が確定した。

トランプ氏は、米国政府が実施した太陽光発電産業への投資が経済的な失敗であったといった発言や、石炭エネルギーへの支持を仄めかすなど、環境業界にも少なからず影響がありそうだ。

トランプ氏は他にも、「気候変動問題は中国のでっちあげ」といった趣旨をTwitterで投稿したこともあり、現在開催されているパリ協定への影響も懸念される。