NEWS

東ガス「ファーストペンギン。海は冷たかった」

料金発表一番乗りと追加値下げのワケ

安い、面白い、意外!2016年4月から8兆円の新市場が開放される。多くの事業者が家庭向けの電力小売り市場に参入する予定で、アピール合戦を繰り広げている。すべて世帯に投票の権利があり、まるで総選挙のようだが、アイドルグループAKB48の選抜総選挙と違い、各社のアピールポイントが分かりにくい。

料金メニューも複雑だ。そこで、各社の担当者に「でんき総選挙」への意気込みを聞いた。でんき総選挙のトップバッターは東京ガスだ。東京電力の対抗馬の最右翼で、「首都圏で電力供給のシェア1割」という目標は東電の闘争心に火をつけたと言われる。そんなライバル関係から、東ガスの料金サービスメニューへの関心は高い。

同社はその期待に応えるように、2015年12月24日に他社に先駆けて料金メニューを発表した。東ガスのガスと電気をセットで契約すると、東電の既存料金から年間4000~5000円安くなる(東京都の戸建住宅3人家族の電気料金の平均値392kWh/月を参考)という料金だった。会見には多くの記者が押し掛け、ほぼ満席だった。