Mice turn into killers when brain circuit is triggered by laser

Inside every mouse lurks a natural-born killer. Researchers have identified the brain region that controls hunting, and have found a way to switch it on and off.

Ivan de Araujo at Yale University and his team have discovered that two sets of neurons in the mouse brain underpin the instinct to kill. One coordinates the pursuit of prey, while the other controls the neck and jaw muscles used for biting. Both are in the amygdala – the part of the brain involved in motivation, emotion and fear.

AWS圧勝とは限らない、クラウドシェア争いの現場で起きている“異次元成長” 


「クラウドといえばAWS」と言う人がいるほど、AWSは実績・知名度ともに現在トップのクラウドプレイヤーだ。しかし、AWSよりも高い成長速度を見せるクラウドがある。
クラウドファーストからクラウドノーマルへ

IDCの調査によると世界のクラウド向けIT投資はパブリックとプライベートを合わせ、2015年時点で総IT投資の32.7%を占めるに至ったという。IDCの予測を信じるならば、2020年前後には、世界のIT設備投資において、総IT投資に占める従来型設備投資とクラウド向け設備投資のシェアは逆転する。ITサービスの基底となる設備層では、クラウドを標準として考える“クラウドノーマル”が一足早く常態になりそうだ。

SSDの空き容量が急に減ったと思ったら、Chromeが1千万個ものファイルで計40GBも使っていた


「善人なおもて往生をとぐ、いわんや悪人をや」。親鸞が説いた悪人正機の一節で、「悪人こそが阿弥陀仏の本願による救済の主正の根機である」という意味である(Wikipediaより引用)。 一方、筆者は「イケメンなおモテようと研鑽を積む、いわんやブサメンをや」というブサメン正機を唱えている。読者の皆さん、まだブラウザの戻るボタンを押さないで欲しい。

イケメンでさえ、もてようと日々努力しているのだから、筆者のような非イケメンは、なおのこと努力しなければいけないという自戒だ。 とは言え、今回の話は、モテる、モテないとは関係ない。筆者のノートPCのSSDに困ったことが起きたのだ。

精神を病む社員が急増、長時間労働を無くすには


「精神障害の労災補償」の請求件数が大幅に増加している。長時間労働による過労の末、精神を病む人が激増しているのだ。従来の男性中心社会から脱却するとともに、日本型「正社員」という欧米からみると特殊な働き方を見直す必要がある。