5G携帯電話による植込み型心臓ペースメーカー・除細動器への影響はないとの調査結果

総務省の電波の医療機器等への影響に関するワーキンググループにて、5G携帯電話端末が植込み型心臓ペースメーカー・除細動器に与える影響はないというNTTアドバンステクノロジによる調査結果が報告されている。

植込み型心臓ペースメーカー・除細動器に関しては3G/4G/5G携帯電話端末や無線LAN機器、小型無線電力伝送装置の電波が与える影響の調査が行われており、これらすべての電波発射源について影響はみられなかったという。一方、在宅・介護施設等で使用される医療機器に3G/4G携帯電話端末が与える影響の調査では、成人用人工呼吸器や二相式気道陽圧ユニット、汎用輸液ポンプなどの一部で機器と端末の距離が20cm以下の場合に端末実機影響がみられたとのことだ。

FOLDING@HOME TAKES UP THE FIGHT AGAINST COVID-19 / 2019-NCOV

We need your help! Folding@home is joining researchers around the world working to better understand the 2019 Coronavirus (2019-nCoV) to accelerate the open science effort to develop new life-saving therapies. By downloading Folding@Home, you can donate your unused computational resources to the Folding@home Consortium, where researchers working to advance our understanding of the structures of potential drug targets for 2019-nCoV that could aid in the design of new therapies. The data you help us generate will be quickly and openly disseminated as part of an open science collaboration of multiple laboratories around the world, giving researchers new tools that may unlock new opportunities for developing lifesaving drugs…

再生医療イノベーションフォーラム元代表理事会長 戸田雄三

父に買ってもらったカメラ
浅草の近くで生まれ、おやじとよく散歩した。小学3年生のころ、現在の東京スカイツリーの近くにあったカメラ屋でおやじが買ってくれたのが当時の富士写真フイルム(現富士フイルム)のカメラ「PET35」だ。カメラを持つ人が増え始めたとはいえ、まだ高根の花だった時代。値段は覚えていないが、かなり奮発してくれたのだと思う。

カメラのファインダー越しに見える風景は、まるで別世界のようだった。すっかり写真好きになり、さっそくカメラを携えてご近所だった王貞治選手の実家の中華料理店を早朝に訪れ、サインをもらって写真も撮らせてもらおうと試みた。 王選手が巨人に入団したての初春のころだった。王選手はまだ就寝中だったが、お父さんの計らいでサインだけはゲットした。「サダハル、まだ寝てるよ」。優しいイントネーションが、今も耳に残っている。

被写体にもっとも頻繁に登場するのは、わがおやじだ。50歳で授かった僕を溺愛していた。「自分は雄三と一緒に過ごす時間が限られている」が口癖。片時も離したくないようで、飲み会にも連れて行かれた。 まだ小学校にあがる前、新年会に行ったのはいいが、おやじは地下鉄の駅のベンチで寝てしまった。終電もなくなり、駅員さんに声をかけられて、やっと目を覚ました。その時、おやじのオーバーコートで暖かく包まれた時のたばこの臭いは今でも覚えている …

世界初 ヒトiPS細胞から複数臓器を同時に 東京医科歯科大

ヒトのiPS細胞から、肝臓やすい臓など複数の臓器を同時に作り出すことに世界で初めて成功したと、東京医科歯科大学の研究グループが発表しました。ヒトの体内の環境と同様に、複雑に絡み合った複数の臓器を同時に作り出す新たな方法で、将来の移植につながる可能性があると期待されています。

研究は、東京医科歯科大学の武部貴則教授のグループがイギリスの科学雑誌ネイチャーに発表しました。

グループではまず、体のさまざまな組織になるヒトのiPS細胞を、胃や腸など消化器になる前の段階にまで培養しました。

そして、このうち、比較的、胃に近い上部に変化する細胞と、小腸に近い下部に変化する細胞を組み合わせて培養したところ、肝臓とすい臓、そして、それらをつなぐ胆管を同時に作り出すことに成功したということです。

大きさは、すべて合わせて1センチほどで、ヒトの胎児にたとえると、受精から1か月余りとほぼ同じ状態だということで、肝臓から液体が他の臓器に流れるなど、一定程度機能しているのも確認できたとしています …

India bans e-cigarette sales and says there’s an ‘epidemic’ of kids vaping

India has banned e-cigarettes as US health inspectors investigate a series of deaths linked to vaping. Reuters reports that an executive order prohibits selling, producing, importing, or advertising e-cigarettes. First offenders could receive up to one year in prison and a 100,000 rupee ($1,400) fine; later violations could cost up to three years and 500,000 rupees. The ban doesn’t apply to actually using e-cigarettes — but it means users can’t legally buy refills for their vapes.

Traditional cigarettes are legal in India, although they’re highly taxed. E-cigarettes, however, have held a less certain position. The government has been weighing a ban for years, despite concerns over the legality of stopping imports, and Reuters reported on a draft of this week’s order back in August. “These novel products come with attractive appearances and multiple flavours and their use has increased exponentially and acquired epidemic proportions in developed countries, especially among youth and children,” said a spokesperson from India’s health ministry…

統計からみた我が国の高齢者-「敬老の日」にちなんで-

総務省統計局では、「敬老の日」(9月16日)を迎えるに当たって、統計からみた我が国の65歳以上の高齢者の人口と就業の状況について取りまとめました。

  1. 高齢者の人口 (人口推計、World Population Prospects)
    • 総人口が減少する中で、高齢者人口は3588万人と過去最多
      総人口に占める割合は28.4%と過去最高
    • 日本の高齢者人口の割合は、世界で最高(201の国・地域中)
  2. 高齢者の就業 (労働力調査、OECD.Stat)
    • 高齢就業者数は、15年連続で増加し、862万人と過去最多
    • 就業者総数に占める高齢就業者の割合は、12.9%と過去最高
    • 高齢就業者は、「卸売業,小売業」や「農業,林業」などで多い
    • 高齢雇用者の4人に3人は非正規の職員・従業員
      高齢者の非正規の職員・従業員は、10年間で200万人以上増加
    • 非正規の職員・従業員についた主な理由は、
      男女とも「自分の都合のよい時間に働きたいから」が最多
    • 日本の高齢者の就業率は、主要国の中でも高い水準

(見出しをクリックすると本文を見ることができます。)

※  【高齢者】
この統計トピックスにおいては、65歳以上の方を「高齢者」としています …

人工血液、動物実験に成功 1年以上の常温保存も可能

防衛医大などは大量出血した負傷者を救命する人工血液を開発した。ウサギの実験で成功した。人工血液を素早く輸血できれば、大けがによる死者を減らせるという。論文を米輸血学誌に発表した。

人工血液もうすぐ?費用課題も来年には人で安全性を試験

血液に含まれる傷口をふさぐ血小板と体細胞に酸素を運ぶ赤血球の二つが出血で失われると死に至る。保存期間は血小板が固まらないよう揺り動かして4日間、赤血球は低温で20日間ほどで、血液型ごとに大量に準備する必要がある。輸血には患者の血液型を調べる必要があり、救急救命士などは輸血できない。

チームが開発した血液は、人工の血小板と赤血球からなる。それぞれリポソームという細胞膜成分で作った微小な袋に、止血成分と酸素を運ぶ成分を詰めた。重篤な出血状態のウサギで試したところ、10羽中6羽が助かり、本物の血液を輸血した場合と同程度だったという。血液が固まるなどの副作用もなかった。

常温で1年以上保存でき、血液型を問わない。このため、実用化されれば、病院に着く前に事故現場で輸血でき、救命率が上がる。研究チームの木下学・防衛医大准教授は「離島など十分に血液を準備できない地域もある。人工血液でこれまで救えなかった命を救える」と話している。

Pokémon characters have their own pea-sized region in brain, study finds

Stanford study scanned brains of “Pokémon experts” and compared to a control group.

Detective Pikachu, the first live-action film inspired by the classic Nintendo game Pokémon, hits theaters on May 10. So it’s timely that a new paper has just appeared in Nature Human Behavior, concluding that people who avidly played the game as children have developed a unique cluster of brain cells devoted to recognizing the hundreds of different Pokémon species.

It’s well known that human beings are remarkably adept at visually recognizing faces, words, numbers, places, colors, and so forth thanks to a constellation of regions—small clusters of neurons about the size of a pea—in the temporal lobe, located just behind the ears. Those regions show up in the same place in most people, despite differences in age, sex, or race. There’s even a so-called “Jennifer Aniston neuron,” (aka the “grandmother cell”) discovered by a UCLA neuroscientist in 2005, whose primary purpose seems to be to recognize images of the famous actress. Similar neurons have also been found for other celebrities like Bill Clinton, Julia Roberts, Halle Berry, and Kobe Bryant…

Good mews: A vaccine for your cat could stop humans having an allergic reaction to them

– Scientists have developed a vaccine which could stop allergies to cats
– A jab has been found to significantly reduce the protein that causes reactions
– For those who are afraid of needles, it is the cat who has to have the injection

It’s a source of dread for many – arriving at a friend’s for dinner to find there’s a cat creeping in the kitchen.

But for those familiar with the itchy eyes, the runny nose and wheezing brought on by a moggie on the prowl – an end to the misery is in sight.

Scientists at Swiss company HypoPet AG have developed a vaccine which could prove a godsend for the one in ten of us thought to be allergic to cats.

And for those afraid of needles, the good news is it’s the animals who are injected – not us…