末期患者の「余命」を予測する人工知能、スタンフォード大学が開発

Posted Posted in AI, Medical Care, NEWS

がんなどで死期が近い末期患者に、どのくらいの時間が残されているかを予測する人工知能を、スタンフォード大学の研究チームが開発した。患者が必要な準備を始める適切なタイミングを知らせたり、よりよい医療サーヴィスを提供したりするのが狙いだという。