機能性合金開発の効率化のための材料探索基盤技術の開発事業

平成31年度概算要求額 9.0億円(新規)(1)(2)製造産業局 金属課 金属技術室(3)製造産業局 素形材産業室 事業の内容 事業目的・概要 低環境負荷型社会の構築及び高度化・多様化する顧客ニーズに対応するため、熱伝導性、耐熱性など機能性を高めた合金材料を迅速に開発することが求められています。 材料開発の迅速化を実現するために、実験データとシミュレーションを活 用したマテリアルズ・インテグレーション(MI)の活用が期待されています。 合金材料の開発にMIを活用するには、大量かつ信頼性の高い実験データが必要となりますが、従来の実験方法では、データの取得に相当 な期間とコストがかかることが課題となっています。 本事業では、効率的に実験を行い、データを取得する材料探索基盤 技術等を産学官が一体となり開発することで、機能性合金開発期間の短縮を目指します。

Liquid Galaxy -2018

  System Overview Liquid Galaxy は複数サーバーで構成されています。 Head Node はサービスアプリケーションを稼働し、またインターネット接続の管理を行なっています。Display Node は1Nodeで4つのディスプレイを稼働させております。また利用者のコントロールデバイスになりますタッチスクリーン+マウスコントローラーがUSBにより接続されております。